奥様こだわりのアンティーク雑貨が映える「自然素材の家」 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 奥様こだわりのアンティーク雑貨が映える「自然素材の家」

奥様こだわりのアンティーク雑貨が映える「自然素材の家」

2017年02月14日 ── 千葉県・家づくり ── 8960

地元の木材を使った「長く住める家づくり」を信条とする、建築家の林美樹さん。フランスやイギリスの雑貨や建具などが好きだというYさんのこだわりに応えて完成したのは、和と洋の趣が見事に融合した温かみのある家だった。「職人の手刻みによる木組みの家は、長持ちするのが特徴。設計する際には住む人の使い勝手を考え。後々手を入れられるような工夫もしています」と話す林さん。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 林 美樹

    住んでいる人 夫婦+子ども

    大好きな英仏の雰囲気が感じられる「自然素材の家」
    • 2階から見下ろしたリビングの床材はパイン。温かい雰囲気を醸し出している

    千葉の静かな住宅街に建つY邸。焼き杉を用いた風合いのある黒い外観と、美しく整えられた庭の奥に続くアプローチが印象的だ。家づくりに特に熱心だった奥様が思い描いていたのは、家族が健康に暮らせる自然素材の家。しっかりした木組みの構造を用い、太陽熱による暖房やペレットストーブ等も取り入れたいと考えていたと話す。ハウスメーカーの展示場ではイメージに合うものが見つからず、建築家に家づくりを依頼することを考えたのだという。
    そしてネットの建築家サイトで出会ったのが、今回設計を担当した 一級建築士事務所 Studio PRANA (ストゥディオ・プラナ)の林美樹さんだった。
    Y邸に一歩足を踏み入れると、杉の木をふんだんに使った明るいリビングが迎えてくれる。目に留まるのは、英国風のシングルソファやキッチンのペンダントライトといったセンスのいいディテールの数々だ。どれも、フランスやイギリスの雑貨や建具が好きという奥様がこだわって選んだものだそう。「リビングの奥のドアは、家を建てる前に気に入って買ったものなんです。何とかこのドアを使ってくださいと、無理を聞いていただきました」とほほ笑む奥様。お気に入りのドアの奥には、シンプルに整えられたキッチンと水回り。さらにその奥には、落ち着ける和室がしつらえられている。
    共有スペースのほかに、家族それぞれの居場所が設けられているのもY邸の特徴だ。リビングの奥の屋根裏部屋のようなスペースは、ご主人の隠れ家的な場所。パソコンを置き、作業などを行っているという。また、キッチンの奥には奥様専用の作業デスクがあり、DIY好きの奥様のちょっとした作業スペースとなっている。さらに階段を上った先にあるロフトは、子ども部屋。今は壁がないオープンスペースとなっているが、将来的には仕切りを作って個室にすることもできる。
    「キッチンにも棚を作れるスペースが確保してあったり、今後手を入れられる余地を残しているんです。家が完成した時点で終わりではなくて、住んでみた時の使い勝手や、家族の成長によって変更できる余地がある方がいいと思うんですよ」と林さん。家族とともに、家も成長していくという考え方をしているのだという。

    • 奥様お気に入りのドアの向こうはキッチンスペース。料理をしながらも常に家族の顔を見ることができる

    • 使い勝手のいいコンパクトなキッチン。奥にはパントリーがあり、見せたくないものはすっきりと収納できる

    • 趣のある焼き杉を用いた、重厚な外観。道路側からは視線を遮る工夫もされている

    • リビングの外に設けられた縁側。アプローチには小さな庭園スペースもある

    家族全員それぞれの居場所がある、空間を上手に活用した家づくり
    • ご主人のためのスペースは、まるで小さな屋根裏部屋のような雰囲気

    • キッチン横には奥様の作業用のスペースも設けられている

    • 2階のロフトスペースは子ども部屋。将来は壁を作って個室にできるようになっているそう

    • 玄関脇のシューズインクローゼット。壁の塗装は奥様がされたとか

    • 一緒に家を完成させた林さんとYさんご夫婦は、もう古くからの知り合いのよう

    今回の家づくりにあたっては、職人さんに任せきりにはせず、施工に関してもできることは家族で参加したというYさん。「外観に使っている焼き杉は、私たち夫婦も参加してバーナーで杉を焼いたんです。あと壁の一部や、建具にペンキを塗ったり、実際に使う木材が育つ森を見せて頂いたりもしました」。こう話すYさんに、「やっぱり、自分の家がどうやって作られているのかを知っておくのはいいことだと思います。先々何かあったときにも、ちょっとしたことなら自分で直せるし、愛着もわきますよね」。と林さん。
    こうして、建築家と住み手、両方が力を合わせて創りあげた家は完成した。実際に住んでみての感想を、Yさんご夫婦に聞いてみたところ「満足しています。」という答えが返ってきた。当初の予算は多少オーバーしたものの、削れるところは上手く削り、譲れないところはしっかり叶えてもらうことが出来たと言う。
    その答えに嬉しそうな表情の林さん。「家は毎日の多くの時間を過ごすところですから、手に触れる素材や、空気の流れ、光の入れ方など室内環境づくりには気を使います」。心地よく、地域にとっても良い家づくりのためには、地元の木を使うことも大切と林さん。住む側と作り手が協働して作り上げただけに、双方とも愛着ある家となったようだ。

    作った人 林 美樹

    環境に負荷をかけない、伝統構法を活かした木の家づくりをしています。設計にあたって心がけているのは、住む人によって育てられていく家。暮らし始めてから、イマジネーションが膨らむような空間であって欲しいと思っています。

    スペック
    所在地
    千葉県
    家族構成
    夫婦+子ども
    構造
    木造
    規模
    2階建て
    設計期間
    2013年12月~2015年01月
    施工期間
    2015年01月~2015年09月
    竣工年月
    2015年2015月
    敷地面積
    194.7㎡
    延床面積
    109.18㎡(1F 67.38㎡ + 2F 41.80㎡ )
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧