クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは? | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > リノベ・リフォーム > クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?

クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?

2015年10月20日 ── 神奈川県・リノベ・リフォーム ── 18851

 アートディレクターのご主人と料理人の奥さま。自宅で働くHさんご夫婦にとって、家は生活の場であり、職場であり、子育ての場でもありました。これからどう暮らしていきたいかを考えて生まれた、この家を表すキーワードは「Class(くらす)」でした。

書いた人 茅野小百合

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 渡辺 泰敏

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

    仕事、生活を近接した家のなかの距離感
    • ご夫婦の仕事場とLDを仕切るフレーム状の木は、既存の構造を隠し、補強する役目も担っている

    • ダイニングから土間、奥のドッグスペースまでは土間になっている

    Photo:photo by ide

     デザインを担当するご主人、フードを担当する奥さまで、クリエイティブユニットholidayとして活動するHさんご夫婦。夫婦で活動を始めて数年経った頃の話題は、生活の拠点をどうするかということだった。小さな子どもを育てながら家で仕事をしていると、仕事と生活の切り替えが難しい。

     もっと仕事にも、家族の生活にも集中できる拠点を整えたいと考えていた。ふたりとも場所にしばられる仕事ではなかったから、地域にこだわりはない。どこに住んで、どう働きたいか。友人である建築家の渡辺泰敏さんは、ふたりが暮らしかたを考える段階から話を聞いていて、都内の一軒家を見に行くのも付き合ったことがあるという。


     葉山にエリアをしぼり、一軒家をリノベーションすることに決めたHさんご夫婦は、築50年の古い家に出会った。緑のトンネルの向こうに家が見えるアプローチに奥さまは一目惚れ。しかし、なかなか年季の入った家にHさんはクリエイティブにふさわしい拠点になるのかと心配になった。現地を見た渡辺さんの「これなら、何とかなる」という言葉がゴーサインとなり、住宅兼スタジオ兼アトリエの計画がはじまった。

    「仕事の都合によっては誰かに貸して別のところに住んでもいい、そのうちフランスへという話も出ました。先のことは分からないので、現状をどう良くするかを全員で考えていきました」と渡辺さん。一般の住宅ではキッチンと作業部屋は離れているが、ふたりにとってはどちらも仕事場。Hさんの使う作業場と奥さまの使うキッチンは隣り合わせにした。「キッチンと作業場をどう仕切るかはひとつのポイントでした。仕事中に『ちょっとこれ食べて』とか、『これ見てくれる?』というやり取りをどのぐらいするのか聞いて、ベストを探りました。ちょうど良かったのが低いカウンターを置き、空気感で分ける、ゆるい仕切りかたです」と渡辺さん。お陰でコミュニケーションがとりやすくなり、仕事もはかどるようになったという。


     両親が仲良く働く姿は、子どもたちが部屋の方から見ると、木のフレームで切り取られて絵のようになる。アートやデザインをテーマに活動する夫婦の拠点として、こんな遊び心も随所にとりいれた。「ご主人は建築のコンセプトづくりにも興味を持たれていて。通常は打ち合わせの内容から察して次第に言葉になっていくのですが、この家の場合はどんな場にするのか、始めから言葉で話しました」と渡辺さん。話し合うなかでHさんから出てきた言葉が「Class(くらす)」。

     「上質な」という意味のClassにはたくさんの意味が込められている。ふたりの子どもたちと育ちあっていく場としての教室、「クラス」。そして、働き、遊び、学び…、生活する場としての「暮らす」。

     葉山の古い家は、holidayの仕事とH家の生活にぴったりはまる家に生まれ変わった。

    • 緑のトンネルの向こうに見えるH邸。この風景が奥さまの心を掴んだ

    • アトリエの壁はピンク。実は、Hさんの好みは女性的なのだとか。ロフトへつながる階段は渡辺さんの発案で、収納も兼ねたユニークなものに

    • 浴室の天井は黄色。あえて目をひくデザインも積極的にとりいれた

    Photo:photo by ide

    住まい手のセンスを生かせる余白をつくる
    • 小さな家なので、外もひとつの部屋として取り込めるように。天気が良ければ外でご飯を食べることも

    • 竣工直後はまっ白だった白い壁。holidayのモチーフであるフォークをたてかけて

    Photo:photo by ide

     小さな平屋だが、作業場、キッチン、生活スペースと盛り込みたい要素は多かった。さらに、Hさんがデザインした大きな制作物や、奥さまがケータリングで使うツール類など、家族4人の生活用品以外にもたくさんのモノがある。天井をあけてロフトをつくり、収納スペースを増やしてはいるが、竣工直後に比べるとずいぶんモノも増えた。

    「ごちゃごちゃしてもいいかなと思っていたんです、もともと。ある程度、余白を残しておけば、それなりのものをつくっている人たちですから、いい感じに使ってくれるだろうと思っていて」と渡辺さん。ペタペタと紙やテープが貼られた壁も、無造作に並べられた大小の靴も絵になっている。

     光の入りかたや窓の外の見えかたが計算されているから、空間全体として狭く感じられることはない。完成して数年。残された余白に日々の暮らしが重ねられ、ますます「Class(くらす)」らしくなっている。

    お金について

     法律上、この敷地に新築で建て直すには、建物を小さくしなければならなかったため、土地の価値は下がっていた。

    土 地 : 坪 非公開
    +
    建 物 : 坪 非公開
    +
    設計・管理費 + 諸経費 + 別途付帯工事費

    作った人 渡辺 泰敏

    おふたりとも自営業で、住宅ローンが組みにくいということがありました。そこで、不動産屋さんにも相談してもらって、事業融資を上手く活用しています。

    スペック
    所在地
    神奈川県三浦郡
    家族構成
    夫婦+子どもふたり
    構造
    木造
    規模
    1階建て
    設計期間
    2013年03月~2013年07月
    施工期間
    2013年08月~2013年11月
    竣工年月
    2013年2013月
    敷地面積
    148.76㎡
    延床面積
    81.02㎡(改修部分面積 68.60㎡)
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    典型的な2DKに動線を与えた、間取りに浮かぶ「T」の字とは

     築20年程の鉄骨3階建て賃貸アパートメント1室のリノベーション。1階の端の空室にこのアパートのオーナー自身が移り住むということで、改装することとなった。特定の入居者が想定されているいうもののこれは賃...

    KLASIC編集部

    14420

    人気記事

    緻密な計算と小さな声に耳を傾ける!ずっと愛せる素材の住まい

     20年来住んでいたマンションの周囲の環境変化により、新築の戸建てを検討していたGさんご家族。訪れたオープンハウスで見た温かみのある家を気に入り、建築家の金子正明さんに家づくりを依頼する。たたずまいと...

    KLASIC編集部

    29341

    人気記事

    遊ぶ、眺める、家族で家を楽しみ尽くす、中庭の存在とは!?

     この家に住むIさんは、造園の仕事をしていたため、緑の楽しみ方をよく知っていました。子どもたちが思いっきり走り回れる芝生の広場、お風呂につかって眺める坪庭、自分で手入れする前庭。家族と暮らす新たな住...

    茅野小百合

    21232

    人気記事

    標高1230㍍の山小屋ならではの、妻や仲間との週末生活とは?

     切り立った山の斜面にポツンと建つ山小屋。この小さな別荘の持ち主は、退官後も精力的に活動する、建築家の樋口善信さんの指導教官Y先生とその奥様。山の空気に包まれた小屋には先生を慕って、学生たちも集まっ...

    茅野小百合

    25891

    人気記事

    窓に大自然、室内にアート!別荘こそ愛着のあるものに囲まれたい

    鹿児島・霧島連峰を背に立つ十字形の家。フラワーショップを営むオーナーさまが別荘として使う、この家には大好きなアーティストの作品がふんだんに使われています。「アーティストの作品を活かして是非やって...

    茅野小百合

    19680

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧