入会希望が殺到する快適空間。
地元愛も深まるスポーツクラブとは?

長野県小諸市で長年愛されているスポーツクラブの移転新築に際し、設計を担当することになった建築家の水間寿明さん。移転オープン後は以前にもまして入会者数が伸び、入会待ちの状態が続くという。人気に拍車をかけた新空間の魅力を探ってみよう。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

大人・子どもでエリアを分け、
快適に利用できる環境をつくる

健康増進や心身のリフレッシュのために、スポーツクラブ通いが欠かせないという人は多い。実際、スポーツクラブで体を動かすのは爽快で楽しい。しかし大人と子どもでは、適した運動や快適に感じる空間は異なるもの。同じ空間に子どもがいると落ち着かない大人や、大人がいると気後れする子どももいるかもしれない。

どちらも気持ちよく運動できる施設はないのだろうか……。そんなモヤモヤを解消するスポーツクラブが、長野県小諸市にあった。設計を担当したのは東京に事務所を構えるMON architectsの水間寿明さんだ。

地元で40年近くの実績をもつこのスポーツクラブが移転新築することになったとき、設計をめぐり、水間さんともう1社でコンペが行われたという。結果、クライアントに選ばれたのは水間さん。斬新なアイデアとセンスのよい空間デザインで要望に寄り添ったプランが、クライアントに響いたのだ。

例えば、冒頭の「大人と子ども、どちらも快適に使える」といったテーマについても然り。水間さんはクライアントの要望をもとに、エントランスも利用スペースも大人・子どもの世代別で分け、空間デザインもがらりと変えた施設をプランニングした。

大人・子どもそれぞれのエントランスは、どちらも3階建ての建物の1階部分にある。大人専用エントランスは開放的な吹抜けで、高級感のあるモノトーン調。ここから2階へ上がると女性専用のスタジオや設備。3階には男性用の設備と、男女共用の広大なジムやスタジオが用意されている。いずれもシンプルで上質感があり、快適にトレーニングできる空間だ。

対して、子ども専用エントランスは明るくポップな空間デザイン。壁の一部には色とりどりのアルファベットがランダムに描かれ、子どもの好奇心を刺激する。実はこれ、同じ色の文字を組み合わせると「HAPPY」などの英単語が完成するというもので、デザイナーと水間さんが提案。「文字のボルダリング」と名付けられ、子どもたちを楽しませている。

ほか、壁には高さを示すラインを、床には距離を示すラインを描いてジャンプ遊びを楽しめるようにしたり、迫力ある映像を流す大画面プロジェクターを設けたりと、子どもを惹きつける仕掛けが盛りだくさん。「体力だけでなく、知力も伸ばす」というクライアントの方針に共鳴した水間さんが、その想いを見事に具現化した形だ。

もちろん、子ども専用エントランスの先には子どものための設備やスタジオなどを完備。大人も子どもも各々のスペースで、気兼ねなくトレーニングできる環境が整っている。
  • 【1階/大人ゾーン】大人専用エントランスとレセプション。開放的な吹抜け空間はシックなモノトーン調でまとめられ、大人が落ち着けるモダンなホテルのような雰囲気

    【1階/大人ゾーン】大人専用エントランスとレセプション。開放的な吹抜け空間はシックなモノトーン調でまとめられ、大人が落ち着けるモダンなホテルのような雰囲気

  • 【1階/大人ゾーン】明るい自然光が差し込む吹抜けのエントランスホール。左奥はシューズロッカー。その先にはエレベーターと階段があり、ロッカールームやスタジオがある2階、3階へ移動できる

    【1階/大人ゾーン】明るい自然光が差し込む吹抜けのエントランスホール。左奥はシューズロッカー。その先にはエレベーターと階段があり、ロッカールームやスタジオがある2階、3階へ移動できる

  • 【1階/子どもゾーン】子どもゾーンのエントランスホールは、子どもが喜びそうな明るくポップな空間。写真中央のガラス越しにはメインプールがあり、親御さんはここで子どもたちのスイミングを見学できる

    【1階/子どもゾーン】子どもゾーンのエントランスホールは、子どもが喜びそうな明るくポップな空間。写真中央のガラス越しにはメインプールがあり、親御さんはここで子どもたちのスイミングを見学できる

  • 【1階/子どもゾーン】エントランスホールの大画面プロジェクター。魚が泳ぐ様子など知育にも役立つ映像を流しており、子どもたちも興味津々

    【1階/子どもゾーン】エントランスホールの大画面プロジェクター。魚が泳ぐ様子など知育にも役立つ映像を流しており、子どもたちも興味津々

  • 【2階/大人ゾーン】2階の大人ゾーンの一角には、1階メインプールの吹抜けに面した飲食スペースがあり、カフェ風の空間からプールの様子を眺めることができる

    【2階/大人ゾーン】2階の大人ゾーンの一角には、1階メインプールの吹抜けに面した飲食スペースがあり、カフェ風の空間からプールの様子を眺めることができる

分けるだけじゃない。
空間のつながりと、地域の交流を生む工夫

地元で愛されるこのスポーツクラブは、地域の人々のコミュニティスペースとしての役割も果たしてきた。新施設でも、浴場、岩盤浴、サウナといったくつろぎの空間は、利用者同士の交流を生む格好の場といえる。

では、世代間の交流はどうか。トレーニング中は大人と子どもが分かれていた方がお互いに快適だが、ほどよいつながりがあれば一体感が生まれるし、空間の広がりも感じられる。

この、「分ける・つなげる」の両立に向けて水間さんが活用したのが、同施設で唯一、大人と子どもが一緒に使う25mメインプールだ。

深いブルーのタイルを張ったメインプールは、一般的なプールのイメージとは一線を画す高級感あふれる空間。水間さんはこのメインプールを2フロア分の吹抜けにして、1階の中央に配置。1階も2階も、吹抜けのメインプールを挟んだ片方を大人ゾーン、もう片方を子どもゾーンとしてエリアを分けた。

だがその一方で、各ゾーンには吹抜けに面したギャラリーや飲食スペースがつくられており、メインプールで大人や子どもがスイミングを楽しむ様子を見学可能。メインプールからの視界でも、吹抜けを介して子どもゾーンのカラフルな色遣いが目に入り、シックな空間デザインの洒落たアクセントになっている。

デザインといえば、同施設のデザイン性の高さに一役買っているのがサイン(案内表示)だ。水間さんはデザイナーと組んで、洗練されたわかりやすいサインをつくってくれることでも人気の建築家。先述の「文字のボルダリング」はサインデザインのアワードで上位入賞したというから、その実力は推して知るべし、である。
  • 【1階/共用ゾーン】1階中央にあるメインプールは、館内で唯一、大人と子どもが共用するスペース。1階、2階はこのプールを挟んで大人と子どものエリアが分かれている。タイル張りの高級感あふれる空間は吹抜けで、1階、2階のどちらからもプールの様子を見学可能

    【1階/共用ゾーン】1階中央にあるメインプールは、館内で唯一、大人と子どもが共用するスペース。1階、2階はこのプールを挟んで大人と子どものエリアが分かれている。タイル張りの高級感あふれる空間は吹抜けで、1階、2階のどちらからもプールの様子を見学可能

  • かわいくてわかりやすいデザインのサイン(案内表示)で、よりいっそう洗練された空間に

    かわいくてわかりやすいデザインのサイン(案内表示)で、よりいっそう洗練された空間に

  • 館内のサイン(案内表示)もデザイン性の高さで目を引くが、敷地内の車寄せになどに描かれたサインもかわいいと評判

    館内のサイン(案内表示)もデザイン性の高さで目を引くが、敷地内の車寄せになどに描かれたサインもかわいいと評判

絶景を眺めてリフレッシュする贅沢感。
空間の魅力で入会希望も殺到

もう1つ、このスポーツクラブには大きな魅力がある。それは、敷地条件を最大限に活かした「眺望のよさ」。水間さんは設計前に現地を訪れた際、周囲に広がるおおらかな自然風景に着目。浅間山、八ヶ岳といったスケール感のある景色をただ取り込むのではなく、各スペースで行われる運動での目線などを考慮しつつ、窓の位置やサイズを決定。ベストな画角で眺望を楽しむバランスのよい窓計画にこだわった。

その甲斐あって館内は至るところで心和む景色を満喫でき、中でも、大人ゾーンの浴場や男女共用ジムから一望する浅間山の全景は圧巻。地元のアイコン的に親しまれる雄大な景色を眺めながらリフレッシュするひとときは、郷土愛をいっそう深めるに違いない。

充実した設備・サービス、大人と子どもが心地よく過ごせる設計、通うのが楽しみになる洗練された空間デザイン、交流が生まれるくつろぎのスペースと贅沢な眺め──。移転オープン前から、新施設が有する魅力は大きな話題となり、内覧会にはクライアントの想定をはるかに上回る人々が来訪。あっという間に入会者が定員に達し、今も入会待ちの状態が続いている。

予想以上の反響をクライアントが喜んでくださったことはいうまでもないが、「今回は設計を通して、『地域のために貢献したい』というクライアントの想いをかなえる一助になれたのかな、と……。そのことが、僕自身、何よりもうれしく思っています」と水間さん。いずれにせよ水間さんの設計は、空間の魅力がスポーツクラブ選びの重要なファクターであることを実証したといえるだろう。
  • 【3階/大人ゾーン】男女共用のジムスペース。浅間山の全景を望む連続窓に向かって各種マシンが配置されており、雄大な景色を眺めながらトレーニング可能。このエリアならではの贅沢なロケーションを活かした空間が、利用者に喜ばれている

    【3階/大人ゾーン】男女共用のジムスペース。浅間山の全景を望む連続窓に向かって各種マシンが配置されており、雄大な景色を眺めながらトレーニング可能。このエリアならではの贅沢なロケーションを活かした空間が、利用者に喜ばれている

  • 【2階/大人ゾーン】女性専用スタジオは、曲線を取り入れたやわらかなデザイン。連続窓にはおおらかな外の景色が広がり、とても気持ちがいい。女性だけで気兼ねなくトレーニングできると大好評

    【2階/大人ゾーン】女性専用スタジオは、曲線を取り入れたやわらかなデザイン。連続窓にはおおらかな外の景色が広がり、とても気持ちがいい。女性だけで気兼ねなくトレーニングできると大好評

  • 【2階・3階/大人ゾーン】2階の女性浴場、3階の男性浴場はゆったりとした造りで、外の空気を吸える外気浴もある。窓越しに広がる浅間山を眺めながらの入浴は、まさに温泉気分

    【2階・3階/大人ゾーン】2階の女性浴場、3階の男性浴場はゆったりとした造りで、外の空気を吸える外気浴もある。窓越しに広がる浅間山を眺めながらの入浴は、まさに温泉気分

間取り図

  • 1F

  • 2F

  • 3F

お家のデータ

作品名
ブルーマリンスポーツクラブ
施主
スポーツクラブ
所在地
長野県小諸市
敷地面積
11,873.35㎡
延床面積
4,296.09㎡