建築家ポータルサイトKLASIC(クラシック) 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

【注文住宅の事例集】バリ風_戸建て_神奈川_湯山シゲユキさん

 日本の建築基準と近隣の町並みに融合させながら、クライアントが実現したかったバリ島のヴィラを造り上げました。バリ島はヒーリングの島。河のせせらぎ、小鳥の鳴き声、木漏れ日、葉の重なり合う音、甘いクローブの香り、ゆったりとリラックスした時間が流れます。海に山に神に癒されて元気がもらえるのが一番の魅力なのでしょう。

外観_夜景_アジアンリゾート

 Tさんが実現したかったことは広いLDKとヴィラの特徴でもある木組みが表しの勾配天井。そしてLDKから庭に出たところにガセボを配することでした。各方面にご友人が多く、夫妻ともに集いが好きとのことでもてなしの大空間が欲しかったそうです。
LDKに勾配天井を造るとなると合理的に考えれば2階にLDKを配しなければなりません。そうすると寝室や水周りが1階になり、集い時の音やプライバシーが気になります。LDKから庭にも出れないのでガセボも意味が無くなります。コストは掛かりますが優先順位一番を実現するために平屋としました。

 夫婦寝室も勾配天井にしました。間接照明を施しまどろみの時間を作り出します。奥にはウォークインクローゼット、ドアを開くとプライベートトイレがあり、バルコニーからは海を眺めるも出来て、リゾート感をかもし出します。実はガセボの他にもうひとつ設えたかったものがあります。

 ヴィラ入口の門。設計打ち合わせも中頃に奥様が「実現出来たらいいな」と呟いたまま、予算の都合で見送っていたのですが、家が完成してくるとその想いが更なる波となり、実現に踏み切りました。門があることで外部と内部の境が明快になり、空間が引き締まった感じになりました
  • バリ島ヴィラでも伝統的な重厚感あるつくりを散りばめました。間接照明を多用したり、こげ茶色の木枠を使うことで雰囲気をかもし出します。

撮影:

お家のデータ

家族構成
夫婦