家の中の「なぎさ」が叶える
快適な生活と地球問題の解決

木造住宅の歴史は、そのまま日本の住宅の歴史といっても過言ではない。日本人に馴染み深い木を使い、これまで様々な家を生み出してきたベテラン建築家の小島さん。その小島さんが、約40年に渡るキャリアの集大成として取り組む「なぎさ」とは?

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

木に包まれた温もりが育む
ほどよい距離感の二世帯同居

千葉県の北西部市川市。江戸川を挟んですぐ隣は東京という立地から、ベッドタウンとして発展した。かつて下総の国の国府が置かれ、小説や歌謡曲で有名な「矢切の渡し」がある歴史的な地域にKさん邸はあった。この家は、Kさんご家族3人とご両親が暮らす二世帯住宅。ご両親が古くなってきたご実家の建替を検討。これまで別々な生活をされてきたKさんは、思い切って2世帯同居を決断したという。

その家の建築を任されたのは、ABITAデザインの小島さん。小島さんはこれまで、約40年に渡り、100棟を超える、住宅やビルなどの建築や内外装のプランニングに関わってきた大ベテランの建築家だ。

二世帯住宅といっても、その形式は様々。サザエさんの磯野家のような、玄関もお風呂もキッチンも共有する完全共有型の住宅、上下または隣同士で別々の住戸がくっついているような完全分離型の住宅もある。そんな中、Kさん邸において小島さんが提案したのは、1階にご両親宅、2階にKさんご家族宅を配するも、玄関とお風呂場は共通で使うという「部分共有型」の二世帯住宅だった。

「広さやコストの面から、完全分離型は厳しい。そんな中でそれぞれの世帯ができるだけ独立し、1つの家でありながら別々の暮らしができることを目指したプランです」と小島さん。
別々に暮らしてきた2家族が、それぞれのこれまでのライフスタイルを維持してきたまま、1つ屋根の下で暮らす一体感がある。親世帯・子世帯の程よい距離感が実現できた。実際Kさんの奥様からも喜ばれ、ご両親からも「行ってきますやただいまが聞こえるのがいい」「孫とのコミュニケーションも増えて楽しい」と大変好評だという。

ご両親の居室スペースは、1DK。キッチンスペースの先にご両親の寝室でもある和室がある。この和室は、南と西に開口があり和室でありながらも、明るく気持ちの良い空間。家族が集い、団らんするスペースともなっている。

2階は、2LDK。中央にリビングがあり、左右に子供部屋と寝室が並ぶ。船底天井をそのまま現しとして、高さからくる解放感を出した。また、LDKと寝室は壁や扉で完全に仕切らない一体空間。これにより、冷暖房の効率化も実現した。自然素材や肌なじみの良い木製製品が好きというKさんの希望を取り入れ、天井には榀合板を使用。シンプルな中にも柔らかさや温かみある空間になった。「構造材が見えるので、自分がいる空間に安心感があります」とKさんも大満足のリビングとなった。
  • 1階のご両親宅のダイニングキッチン。和室の扉を開け放つことでLDK的な使い方も

    1階のご両親宅のダイニングキッチン。和室の扉を開け放つことでLDK的な使い方も

  • 1階の和室はご両親の寝室も兼ねる。南と西の二方向から日が差し込み明るい。一家5人が集まる団らんの場

    1階の和室はご両親の寝室も兼ねる。南と西の二方向から日が差し込み明るい。一家5人が集まる団らんの場

  • 2階リビングの壁や天井は榀合板で。船底天井を現しにすることで、空間の広がりを実現

    2階リビングの壁や天井は榀合板で。船底天井を現しにすることで、空間の広がりを実現

外部環境と内部環境をつなぐ「なぎさ」が
室内温度を平準化し省エネに

ABITAデザインは、木を中心とした自然素材を多用した家を多く手掛けている。「木は、日本人が長く付き合ってきた素材です。木が持つ温もりや香りは、我々にとって、肌に馴染み、心落ち着く唯一無二な存在だと思っています」と小島さんは語る。

小島さんは幼い頃、古くからある日本家屋に住み、木という素材や風や日光をうまく取り入れ、自然環境と調和した中で暮らしを送ってきた。その後建築家として様々な素材と出会い、それを建築に取り入れても来た。しかし年月を経るに連れ、一周回って木の素材としての魅力や自然をうまく取り入れた家に帰結したのだという。

そんな小島さんが現在、最も力を入れているのが、自然環境を上手に利用して自然と共存する「なぎさパッシブハウス」というコンセプトだ。

パッシブハウスとは、ドイツのパッシブハウス研究所が考案した建築メソッド。冷暖房といった設備に依存するのではなく、太陽からの熱や風の流れといった自然環境を上手に利用しながら、エネルギー効率を上げ、快適で健康的な住宅環境を作り上げるもの。その要素を小島さん独自に発展させたのが、なぎさパッシブハウスだ。

なぎさパッシブハウスとは、自然環境とつながる生活への提案である。その特徴の1つに「ダブルスキンウインド」がある。まずは家全体をしっかりと断熱する。そのうえで外壁の一部に二重構造の大きな窓を設け、窓と窓の間の空気層で採光や断熱(夏)・集熱(冬)、通風・換気を行うという仕組み。ダブルウインドの間の熱は地下の蓄熱層に蓄えられ、冷えた夜間に放出される。また、換気システムで空気を循環させ、室内の温度を平準化しようとするもの。ダブルウインドを含んだバッファゾーンが、緩衝材となって、室内の気温の年中変化を平準化しつつ、省エネルギーにもつなげるのだ。

小島さんは、外部環境を「海」、守るべき室内空間を「陸」ととらえ、それらをつなぐものとしてダブルウインドとバッファゾーンを組み合わせた緩衝地帯を「なぎさ」になぞらえた。

小島さんがこのなぎさパッシブハウスで成し遂げたいことは、大きな意味での「自然との共存」というサステナブルな生活だ。高気密・高断熱でがっちりと守られた箱の中で、冷暖房をフルに使いエネルギーを大量消費するのではなく、必要最低限の機械設備を工夫し、自然の力を上手に利用することで、エネルギー消費を抑え、地球環境の保護にも繋げられる。

「自然と共存した住宅」という要素は、実は日本家屋が元々もっている要素。縁側や庇で陽を適度に取り込む。土壁や土間での蓄熱と吸湿。風通しのよさ。実際に日本家屋で暮らした経験、そして現代建築の住宅に暮らすと共に、建築家として携わった経験がある、小島さんだからこそ、この「なぎさパッシブハウス」が発想できたのだろう。

この「なぎさパッシブハウス」は、地球温暖化やCO2の排出抑制、エネルギー問題といった環境問題の解決における、住宅面からのアプローチとして、大きなポテンシャルを感じた。
  • リビング隣の寝室は、あえて壁や扉をつくらず間仕切りに。冷暖房や空気の循環を効率よく行える

    リビング隣の寝室は、あえて壁や扉をつくらず間仕切りに。冷暖房や空気の循環を効率よく行える

  • 子供部屋は、プライバシーを考えドア付きの個室に。お子さんの好みの白い壁紙でイメージチェンジ

    子供部屋は、プライバシーを考えドア付きの個室に。お子さんの好みの白い壁紙でイメージチェンジ

  • なぎさパッシブハウスのイメージ。断熱された外皮の一部をダブルスキンとして、採光、通風、集熱、換気などを行う。床下の蓄熱層に貯めたエネルギーを夜間に放出

    なぎさパッシブハウスのイメージ。断熱された外皮の一部をダブルスキンとして、採光、通風、集熱、換気などを行う。床下の蓄熱層に貯めたエネルギーを夜間に放出

  • ダブルスキン部分に通気予熱システムを設置。太陽光による熱と取り込まれた空気を室内に循環させることで、熱効率の省エネ化を図る

    ダブルスキン部分に通気予熱システムを設置。太陽光による熱と取り込まれた空気を室内に循環させることで、熱効率の省エネ化を図る

  • 構造は最大限の広さを出すためボックス型の総二階。出窓のアクセントをつけ立体感を出した

    構造は最大限の広さを出すためボックス型の総二階。出窓のアクセントをつけ立体感を出した

間取り図

お家のデータ

施主
K邸
所在地
千葉県市川市
敷地面積
104.0㎡
延床面積
82.8㎡
予 算
〜2000万円

この記事に関わるキーワード