あえて収納を減らす、子どもと楽しむ住まいのリノベーション | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > あえて収納を減らす、子どもと楽しむ住まいのリノベーション

あえて収納を減らす、子どもと楽しむ住まいのリノベーション

2017年03月29日 ── ・家づくり ── 1670

リフォームして新たに生まれ変わったM様邸。無垢のフローリングにラワン合板のしつらえがとても美しいシンプルなお宅は、木と家族のぬくもりがいっぱいにあふれている。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 清野 廣道

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

    少ないモノで豊かな暮らし
    • ナチュラルな木目の床が気持ち良いLDK

    • ダイニングテーブルやチェアもシンプルなものを使用し、統一感を大切にしている

    • テレビ下の収納も「見せる収納」をセレクト。最低限のモノだけを置くので見た目もすっきり
    • 玄関収納は、4人家族全員の靴が十分収納できるスペースを確保

    まるでカフェのような優しい雰囲気のM様邸。約二ヶ月かけたリフォームで家の明るさがだいぶ変わったという。すっきりとシンプルな室内は開放感にあふれ、とても気持ちのいい空間だ。リビングからダイニング、そしてキッチンまで一度に見渡せる部屋には、穏やかな空気がいつも流れている。

    「これから手を入れていきたいところは?」との質問に、
    「収納は今回あえて少なくしてもらったので、その収納量で足りる生活をしたい。」と奥様。その通り、整理収納が行き届いた素晴らしい暮らしぶりが伺える。テレビ台にはラワン合板を使用し、無機質な電化製品をきれいに収納しているところが印象的だ。

    M様邸は、すっきりとシンプルな佇まいが魅力。室内で目に入るものは厳選し、それ以外はきちんと収納するのがこだわり。一般のお宅では悩みどころとなる玄関収納もご覧の通り(写真を参照)。

    生活感が出やすいキッチンも、見事に整理されています。奥様のこだわりはラワン合板の食器棚。腰高で使いやすく、陽射しがたっぷり降り注ぎます。散らかりやすい食器類も木の温もりの中にきちんと納まります。ステンレスシンクと木の質感が品よくマッチし優しさのあるキッチンができあがりました。

    機能性重視で味気なくなりがちなバスルームも、木をふんだんに使うことで、こんなに柔らかい空間に。慌ただしい朝も優雅な気持ちで過ごせそうな、明るさにあふれるバスルームになっている。

    • 背面に窓を設置。日中は自然光が差し込むのでキッチンは明るい

    • キッチン背面の収納には家族四人分の食器を収納

    • 洗濯機を設置している洗面スペースは必要最低限の設備を

    玉手箱のような子ども部屋
    • 子ども部屋の窓際には将来勉強机として使える作業台を設置

    • 作業台の下は、大容量の収納としても使えるスペースに

    • 「のびのびと子ども育てたい」そんな想いを実現した施主のご家族

    打ち合わせはとても楽しかったという奥様。
    「予算とやりたいことの戦いでしたが、あれこれアドバイスしてもらいました。施工中もできあがった部分を見たら、やっぱりこうしたいとイメージが変わって一緒に考えて直してもらったり。」
    M様みずから設計・施工に積極的に参加し、「ご自身で建てた家という感じがしますね」とホープスさんも語る。

    家の中はお子さんがいる家庭なら憧れてしまうような木のインテリアがいっぱい!ご夫婦で選び抜いた家具や遊具がずらりと並んでいる。表紙が可愛い絵本がディスプレイされた本棚、ガラガラとすぐ引き出せるおもちゃ箱、大きな白いテントに黒板付きの可愛いテーブルまで!大人も思わず遊び心がくすぐられる楽しい空間だ。

    決め手は「感性が合うかどうか」
    • 子ども部屋の壁には、趣の異なる合板を互い違いに張り付け、遊び心をくすぐる空間に

    • ぬいぐるみも家の雰囲気に合う、風合いのあるモノが選ばれている

    • キッチンに立つと、DKが一望できる。ママにとって安心できる造りに

    リフォームを依頼する先を探していたM様が、ここにしよう!と思った決め手はHPだったという。

    「白い外観、白い箱みたいな可愛い感じの家が多くて、好きな感じが多かったので。」

    実際のお宅も、フローリングの無垢材や建材のラワン合板と白い壁との組み合わせがとてもセンスよく美しいため、可愛いお嬢さんが遊ぶ姿も絵になる素敵な家に変身した。

    「担当者の方とお話したとき、私のこだわりがちゃんと伝わっているなと感じたんです。 ”こうしたい” と伝えても、返された返事に ”いや、そうじゃないんだよなぁ” と思うことってありますよね。でも、ホープスさんの答えには ”あ、そうです!” という感触がありました。」

    ご主人も「作っていく上で、感性が合うかどうかがすべて。一生一度の大きな買い物ですから。」と言う。

    いかにフィーリングが合う工務店を選ぶかが、満足のいく家づくりのポイントといえそうだ。

    これに対し、ホープスさんは、
    「僕たちが意識しているのは、暮らし方からしっかりお聞きしていくこと。こういうことを求めているのかなぁと想像しながらヒアリングしています。」

    ヒアリングは結婚相手を探すのに似ている。
    会ってみて、おつきあいしていいのかな、波長が合うのかなって思うでしょう?
    そういって笑うホープスさん。

    「何社か同じ事を相談しても返ってくる返答が全然違う。それが面白かったですね。選びがいがありますよ。」とM様。

    よい家は、お施主様と工務店のマリアージュによって生まれていくのかもしれない。

    スペック
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧