車好きのご主人の夢を叶えたガレージのある家 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 車好きのご主人の夢を叶えたガレージのある家

車好きのご主人の夢を叶えたガレージのある家

2015年12月10日 ── ・家づくり ── 13250

 まずはスタイリッシュであること。そして大切な車を守るためのビルトインガレージと、将来親と同居する可能性を考え、十分な居住スペースも確保したかったN夫妻。約26坪の狭小地で施主の理想とこだわりを実現するため、清水さんが提案した意外なアイデアとは?

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 清水 義文

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

    「玄関が2Fにあっても」の一言で、狭小地の生かし方に解!
    • 黒・シルバー・白を基調とした建物に、ガレージの扉に使用された木製の格子戸が温かみを加える

    • ガレージ横の階段が玄関へのアプローチ。1Fにガレージを作る場合は、上階の家を支えるため柱や二重壁などで土台を強化する

    • 全体がスクエアな印象の中、2Fの玄関につながる鉄骨階段の曲線が柔らかな雰囲気を加える

    「N夫妻から相談を受けた時に、デザインへのこだわりが話の端々から感じられました」と清水さんは振り返る。その要望に応えるため、徹底的にプロポーションにはこだわったという。

     モノトーンが好きなN夫妻の好みに合わせ、色彩は黒・白・シルバーに統一。メタリックなシルバーの建具や、黒のクロスなどをアクセントに用いて、クールかつスタイリッシュなデザインを目指すことに決めた。無機質なデザインの中で、ガレージに付けられた格子戸だけが唯一木製。これが外観のアクセントとなり、より引き締まった印象を与えている。 

     車が趣味のご主人の希望は、ビルトインガレージを設けること。大切な車を風雨から守れる上、防犯面でも安心だ。ガレージの奥の部屋からは、いつでも大好きな車を眺められるし、部屋から直接ガレージに出られるため、荷物の出し入れにも便利。玄関がない分、ゆったりと確保された1F奥に位置する居住スペースには、キッチンなど水回りも備えられ、将来2世帯住宅としても機能する設計になっている。


     外階段を上り、2Fの玄関からリビングに入ると、南に面した5m越えの吹き抜けの窓から光が差し込む圧倒的な空間が広がる。余分な家具を置かずに済むよう、収納とTVボードなどもあらかじめ制作。白いBOXにステンレスヘアラインの素材をあしらった家具が、部屋をすっきりとまとめてくれる。モノトーンを基調にしつつ、どこか温かい雰囲気が感じられるのは、「浮造りのフローリング」のおかげだろう。浮造りとは、長い年月の使用を通じて木目のかたい部分が凸に、柔らかい部分が凹になった板の表面を表現した加工のこと。この凹凸が独特の風合いのフローリングをN夫妻が気に入って、フロアに採用することになったそうだ。

     そして、この家のこだわりのもっとも象徴的な部分が実はトイレ。インテリアはモノトーンでまとめられ、壁面のガラスモザイクのラインが、独特の雰囲気を作り出している。清水さんはこのタイルの張り方についてもさまざまなパターンを提案したそう。「実はデザインに一番時間がかかったのはここかもしれませんね」。

    たくさんの理想とこだわりの中から、費用面も考慮した現実的な提案をとことん追求。最初の打ち合わせから約1年、N夫妻の理想を実現したスタイリッシュかつ機能的な家が完成した。

    • 大きなガラス窓から漏れる灯りが美しい

    • ビルトインのガレージの外には、さらに1台分の駐車スペースを確保

    • 車がない時、ガレージは子どもたちの遊び場に早変わり。木製の格子戸から入る光が、柔らかな雰囲気を作る

    • 2Fのリビングは白で統一したスタイリッシュな空間。「浮造り(うずくり)のフローリング」は、その風合いと肌触りが良いのが特徴

    • 熱がこもらないようサッシにはLow‐Eガラスを採用し、天井にはシーリングファンを設置

    • 吹き抜けの壁一面に黒のアクセントクロスを使用。横長のスリットからは3Fの子ども部屋の灯りが漏れる

    • タイル一つ選ぶ際も、ショールームに一緒に通い、サンプルを取り寄せ、とことんこだわった

    作った人 清水 義文

    「こだわりとバランス」の両立をテーマに、住まい手が心から満足する安心快適な住宅を目指す。じっくりと話を聞きながら、その人ならではのコンセプトハウスを提案するので、一軒として同じ家はない。「住まう人、使う人の可能性が広がるような建築を通じて、人々の暮らしを豊かにしていきたい」がモットー。

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

     SOU設計さんから上がってきたわくわくするような設計図を見て、これだ!と思いました。最初に「家づくりはエネルギーが要りますよ」と言われた通り、「こんなに打ち合わせするのか」と正直驚きましたが、納得いくまで話し合い、ショールームにも何度も一緒に足を運んでくれる熱意に感動しました。おかげ様で、家族みんなで家作りを楽しみ、デザイン、素材共に非常に満足のいく家が完成しました。

    スペック
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    遊ぶ、眺める、家族で家を楽しみ尽くす、中庭の存在とは!?

     この家に住むIさんは、造園の仕事をしていたため、緑の楽しみ方をよく知っていました。子どもたちが思いっきり走り回れる芝生の広場、お風呂につかって眺める坪庭、自分で手入れする前庭。家族と暮らす新たな住...

    茅野小百合

    23222

    人気記事

    【注文住宅の事例集】モダン_戸建て_東京_小嶋良一さん

     東京の敷地であろうと、たまたま残っちゃった背戸をつくるためには母屋と納屋が必要不可欠。塔状個室群と小屋型リビングをそれらに見立て、二枚の大きな壁で挟み込んで出来たのがサンドイッチハウスだ。

    KLASIC編集部

    28041

    人気記事

    母と娘が思い思い!“今の快適”と“未来の安心”の共存の仕方

     男性女性に関わらず、独身者が実家の敷地や建物を継承することが増えています。今後もますます増えると思われるこうしたケース、親子どちらも無理なく安心して住み継いでいくにはどのような方法があるのでしょ...

    荒井 直子

    17431

    人気記事

    【注文住宅の事例集】和モダン_二世帯_東京都_菰田真志さん

     道路からスロープを歩き軒先に入ると、正面と左側に並んだ2つの玄関に分かれます。内部で往来ができるものの、それぞれの世帯が設備をもつ、完全分離型の親世帯・息子世帯の2世帯住宅です。

    KLASIC編集部

    16800

    人気記事

    これがスイートルームの居心地!多彩な使い勝手と贅沢なあしらい

     「庭はいらない。夜、ゆっくりくつろげる家がいい」。多忙な日々を送るMさんの言葉で建築家の北園徹さんがつくったのは、インナーガレージや屋上テラスのあるスキップフロアの家。家族や友人との団欒も、静かな...

    KLASIC編集部

    19093

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧