天然素材と杉の香りに包まれる!14坪に実現した5人家族の団欒 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 天然素材と杉の香りに包まれる!14坪に実現した5人家族の団欒

新 良太   

天然素材と杉の香りに包まれる!14坪に実現した5人家族の団欒

2017年01月24日 ── 東京都・家づくり ── 15040

 施主のIさんは、ご夫婦と子ども3人の5人家族。今回家を建てることになったのは、14坪という決して広いとは言えない土地だった。限られたスペースを最大限に生かし「何を取り、何を捨てるか」を明確にしたうえで進められた、家づくりの軌跡を見ていこう。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 菰田真志

    住んでいる人 夫婦+子ども3人

    目指したのは「合板を一切使わない家づくり」
    • 新 良太

      ロフトから見たリビング/吹き抜けに面して作られたリビングは、杉材の温かみを感じられる開放的な空間となっている

    • 新 良太

      建具/無垢板で作られた建具や家具と、家族でビー玉を埋めた土間

    • 新 良太

      リビング/家族とつながりつつ、こもれるコーナー

    • 新 良太

      ロフトから見下ろすリビング/ロフトからは明るい陽射しが入るリビングを眺めることができる

     もともとご自身がアレルギー体質ということもあり、建材や工法が健康に及ぼす影響について勉強されていたという施主のIさん。今回ご夫婦と子ども3人が暮らす家を建てるにあたって一番に希望したのは「合板や接着剤を一切使わない」ということだった。合板は現在の家づくりで使われないことはないほど一般的な建材だが、「家の空気や湿度を健康に保つにはやはり自然の木材が一番」と考え、木をふんだんに使った家づくりの相談を建築家の菰田さんに持ちかけたのだ。

     そんなIさんの強い希望で全面的に使うことになった素材が、色つや、香りのよい低温乾燥させた国産材。柱や梁といった構造材だけでなく、下地にも杉を中心とした木材を使用。さらに科学物質の流出を避けるため、室内には木や和紙や左官といった自然由来の素材だけを使うことにしたという。一般的に室内の扉には木下地に化粧合板や科学系のフィルムシートを使用することが多いのだが、この家ではこれらも杉や和紙といった天然素材を使用。さらに押入れの中も和紙張りにするなど、細部までこだわった家づくりが進められた。

     このこだわりは、家族が団らんのひとときを過ごす浴室にも生かされている。Iさん宅の自慢のひとつでもある、壁・床・浴槽までまるごと杉を使用した「木のお風呂」だ。湿気が多い浴室で杉材を使用すると、メンテナンス等の面で手間はかかる。だが、Iさんは、しっかり手入れをしながら、木の香りがするお風呂を楽しむことを選んだという。

     「一般的にこれだけ木材を使うと建築費が上がってしまうのですが、今回は節材を使うことで、コストダウンをはかりました」と菰田さん。こうして予算の範囲内でありながら、Iさんの希望を叶えた家がみごと完成した。


    菰田建築設計事務所のホームページはこちら

    個室スペースを最小限に抑え、家族が集う空間を確保
    • 新 良太

      個室の姿見には部屋を広く見せる効果も。奥さんはこの姿見を観ながら趣味のダンスの練習をしているそう

    • 新 良太

      浴室/こだわりの丸ごと木の浴室。温もりある木の風合いを楽しみながら家族で贅沢なバスタイムを過ごすことができる

    • 新 良太

      洗面台/タイルの配色が可愛らしい洗面台。洗面用品は左の棚に収納して、正面はすっきりと見せた

    • 新 良太

      ステンドグラス/洗面室の奥にはめられたステンドグラスは、建て主さんが気に入って用意したもの。お子さんが描いていた絵がモチーフになっている。ここから柔らかい光が洗面室に注ぎ込む

     今回の家づくりにあたり、素材選びとともに重大なテーマとなったのが「敷地14坪の中にいかに家族5人が快適に暮らすスペースを確保するか」ということだった。

     木造3階建てにすることで床面積を確保するという方法も考えられたが、木材をふんだんに使いたいというIさんの要望を叶えるべく、床面積は取れないながら、内装制限がゆるく柱梁を現して使用できる2階建てとするプランを提案。1階には玄関、寝室、水回りを配し、日当たりの良い2階には家族が集う食卓・居間と、子ども部屋となるロフトを設けることが決まった。

     「ただ床面積を取ることよりも、Iさんの価値観や要望を踏まえて、豊かな空間を作るよう考えました」と話す菰田さん。その結果、個室スペースを抑え、その分を家族が集まれる空間に割くという明確なプランが出来上がったという。

     家族ひとりひとりが自分のスペースにこもるのではなく、常に顔を合わせてコミュニケーションが取れる。そんな家族の姿をイメージして完成したIさん邸。限られた予算と条件の中で理想の住まいをつくる秘訣は「何を取り、何を捨てるか」を明確にすることなのかも知れない。

    スペック
    所在地
    東京都下板橋
    家族構成
    夫婦+子ども3人
    構造
    木造
    規模
    2階建て
    設計期間
    2011年11月~2012年06月
    施工期間
    2012年07月~2013年04月
    竣工年月
    2014年2014月
    敷地面積
    46.71㎡
    延床面積
    60.18㎡
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    中庭を活かし「プライバシーと開放性」を同時に実現した家

     JR鎌倉駅から徒歩約15分。住宅と商店が立ち並ぶ市街地の、122㎡(約37坪)の旗竿状の敷地。これが、個人事務所を立ち上げた直後に江藤剛(えとう・ごう)さんが取り組んだ、初めての案件だった。施主様の多彩な...

    KLASIC編集部

    22190

    人気記事

    北海道、離れ、定年後...すべての条件を調和した自然素材空間

     ご自宅に隣接した敷地に、終の棲家(ついのすみか)となる「離れ」として計画されたOさん邸。これから年齢を重ねていくご夫婦がゆったりと暮らせる、ワンルームのような伸びやかな空間が広がります。リビングダ...

    斎藤 若菜

    21912

    人気記事

    緻密な計算と小さな声に耳を傾ける!ずっと愛せる素材の住まい

     20年来住んでいたマンションの周囲の環境変化により、新築の戸建てを検討していたGさんご家族。訪れたオープンハウスで見た温かみのある家を気に入り、建築家の金子正明さんに家づくりを依頼する。たたずまいと...

    KLASIC編集部

    33241

    人気記事

    標高1230㍍の山小屋ならではの、妻や仲間との週末生活とは?

     切り立った山の斜面にポツンと建つ山小屋。この小さな別荘の持ち主は、退官後も精力的に活動する、建築家の樋口善信さんの指導教官Y先生とその奥様。山の空気に包まれた小屋には先生を慕って、学生たちも集まっ...

    茅野小百合

    28431

    人気記事

    住まい手基準の気持ちよさの追求。両親への想いが詰まった平屋

     依頼人のご両親が住む広島の実家。建て替えるなら体が弱ってきても過ごしやすい家にしてあげたいと娘さんは願いました。ご両親が元気に毎日暮らせる家には何が必要か、娘さん、建築家の山口健太郎さん、そして...

    茅野小百合

    18131

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧