木元洋佑建築設計室 オープニングのご案内 | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 木元洋佑建築設計室 オープニングのご案内

木元洋佑建築設計室 オープニングのご案内

2017年02月21日 ── ・家づくり ── 2330

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    ■日時
    2017年3月4日(土)、4日(日) 11時~18時
    ■場所
    埼玉県川越市元町1-16-7
    ■連絡先
    049-236-3757(木元)
    kimoto@yosuke-kimoto.com
    ■アクセス
    東武東上線/JR埼京線川越駅下車
    西武新宿線/本川越駅下車
    蔵の街行きバス/「札の辻」バス停下車 徒歩1分

    【木元洋佑建築設計室からのご案内】
    木元洋佑建築設計室と東洋大学日色研究室で進めてまいりました改修プロジェクトの内覧会、並びに活動報告も兼ねた小さな展示会を開催することとなりました。
    このプロジェクトは川越の旧花街 弁天横丁 にある築100年以上の長屋の一室を改修し、設計事務所+大学研究室の街中活動拠点をつくる計画です。
    執務環境を整えるため、二階の一部床を抜き、吹抜けとした「室内の光庭」を作りました。暗かった一階には光が差し風が流れはじめました。過去の風情の面影を残しつつも、広がりのある空間を持つ新しい長屋の形です。
    敷地は川越一番街の傍にあり、蔵造りの町並みも共に楽しめるところです。

    是非ともご来場いただき、ご高評賜れましたら幸いです。
    心よりお待ちしております。

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧