【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 暮らしの知識 > 【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ

【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ

2016年03月24日 ── ・暮らしの知識 ── 211580

 芝の生えた広いお庭で遊ぶ子ども…。家族と一緒に家を建てるなら誰もが憧れる光景ですよね。子どもの頃に遊んでみたかった夢のお庭にするもよし、子どもの成長に合わせて変化させられる庭にするもよしのステキなお庭づくりのコツをご紹介します。

書いた人 土屋菜々

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    【メリット】子どものための庭があること

     子どもだけのものである必要はありませんが、子どもが遊べるお庭づくりを目指すと大人も楽しめる空間が広がっていきます。日本においてはなかなか広いお庭を用意するのは難しいですが工夫次第でさまざまな楽しいお庭を作ることができます。お庭が遊び場になっているとメリットもたくさん出てくるためオススメです!

    <子どものためのお庭のメリット>
    ○家の敷地内で遊べるため安心・安全
    ○公園へ出かけるのが面倒な日も外遊びができる
    ○友だちが遊びに来ても家のお庭で一緒に楽しめる
    ○日々自然と触れ合える
    ○大人も一緒に楽しめる

    【コツ・1】砂場をつくる

     お庭の一角に砂場を作ると子どもは大興奮です。公園の砂場は、猫などに汚されている可能性もあるため、遊ばせる親としては不安な面もありますがお庭の砂場なら管理できるので安心して遊ばせることができます。

     砂場遊びは、さらさらとした砂が水を含むと固まりになって重くなる変化・砂の温度・いくつもの形を作れることによる創造性など五感や脳にさまざまな刺激を与えてくれます。庭に砂場があるだけでこうした遊びを毎日でもすることができるのは大きなメリットにもなります。

    <砂場を作るときのコツ>
    ○お庭が狭いなら小さめに
    ○囲いのなかに砂を入れる(砂場遊びをしなくなったら土をいれて植物や野菜を育てられるため)
    ○上に屋根をつけておけば雨天でも砂遊びができ、管理もラク
    ○蓋を作る(猫などの動物・雨避け)

    【コツ・2】キッズ菜園

     庭でガーデニングや野菜づくりをするなら子ども専用スペースを作ってあげましょう!自分専用の場所が用意されていると子どもは特別感を感じ、大切に育てるようになります。1歳台から一緒に土いじりはできます。砂遊びと同じように五感を刺激してくれます。

    <キッズ菜園の作るコツ>
    ○子ども専用スペースを設ける
    ○できれば専用道具もそろえてあげる
    ○砂場をリメイクして菜園にすると根菜も育てられる
    ○芝生もあるなら柵やレンガで境界をはっきりさせておく

    【コツ・3】天然芝?人工芝?

     子どもを遊ばせる庭といえば、芝生です。天然芝の上を裸足で遊べたら気持ちがいいですよね。ワンちゃんのいる家なら子どもと一緒に遊ぶ姿に癒されること間違いなしです。
    しかし、天然の芝生は手入れがとても大変です。マメな手入れが必要となるため、芝の知識が豊富な人や毎土日に庭いじりをするほど手入れが好きな家族がいればいいのですが、安易な気持ちで始めると芝はあっという間に台無しになってしまいます。

     そこで、手入れにあまり時間をかけたくないという家には天然芝がおすすめです。昔はゴワゴワチクチクと天然芝との差は歴然としていて好まれなかった人工芝も今は手触りのいいものも販売されているため人工芝も検討してみましょう。

    <芝を庭にしくコツ>
    ○手入れまで考えて天然か人工か選択する
    ○菜園スペースなども考慮して芝スペースを確保する

    【コツ・4】安全な場所にする

     庭が面している場所にもよりますが、柵を塀代わりにするなど安全面には気を配りましょう。小さな子どもを遊ばせるならなおさら、そのまま外や駐車場スペースに出られないようにする工夫が必要です。

     また、庭道具には危ないものもたくさんあります。子どもが手を触れられないところへしまえるようカギのついた物置などを用意するとよいでしょう。しまうスペースさえ用意しておけば、散らかることもないため一石二鳥です。

    <安全な場所にするコツ>
    ○塀や柵は好みのものを厳選してつける
    ○人通りや車通りの多い道に面しているときは侵入防止策も考えておく

    まとめ

     楽しいお庭づくりのコツをご紹介してきましたが、実際にどんなお庭にするかは家族の好みに合わせて変えていきましょう。泥んこになってもいいエリアがあれば子どもたちも大喜び、外に流し場があれば汚いまま家の中に入ってこられることもありません。子どもの楽しいを思う存分満喫させてあげるための工夫を考えていくと大人にとってもストレスの少ないお庭になっていきますよ。

    関連記事

    人気記事
    【話題】お手本は北欧のインテリア!ロマンティックなキャンドル

     北欧では、長い冬の夜にキャンドルを灯して過ごすそうです。ほのかに灯るキャンドルの光は、お部屋全体を温かく照らしてくれます。キャンドルの光は、人の心を癒す効果もあるとか。そこで今回は、ロマンティッ...

    ikemoto

    10570

    人気記事
    【話題】シャンデリアがステキ!シャビーシックにもモダンにも◎

     クラシカルな印象の強いシャンデリアですが、モダンなデザインのタイプもあり、ガラスのオーナメントが美しいタイプのものは、シャビーシックにも取り入れられています。若い女性にも人気のシャンデリアを上手...

    yui

    11120

    人気記事
    【話題】イエナカをもっと楽しくあったかくするルームシューズ!

     寒い冬。フローリングの床は冷たく裸足ではとても歩けなくなります。冷えは足元からくるので、まず温めておきたい足首から下。あったかルームシューズでポカポカさせませんか?冬だからこそ、お気に入りのルー...

    土屋菜々

    11500

    人気記事
    【話題】はやくこの暖炉で暖まりたい!冬が待ち遠しくなる!?

     家族が集まるリビングルームで赤々燃える暖炉…まるで映画のワンシーンのような生活に憧れはありませんか?広いスペースがない限り、暖炉を作るなんて無理!と諦めている人が多いのでは。しかし、最近では設置が...

    ikemoto

    11930

    人気記事
    【基礎知識】小中高大!こんなに!?違う受験費用を知っておく

     教育は親が子どもに残せるものの一つですが、受験にはどのくらいのお金が必要なのでしょうか。小学校受験から大学受験まで、塾にかかる費用を中心にまとめてみました。

    yui

    13870

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧