自然を感じ、家を走り回る!子どもがのびのび育つ仕掛けとは? | KLASIC[クラシック]

KLASIC

TOP > 家づくり > 自然を感じ、家を走り回る!子どもがのびのび育つ仕掛けとは?

自然を感じ、家を走り回る!子どもがのびのび育つ仕掛けとは?

2016年03月26日 ── ・家づくり ── 17230

「ちょうど一人目の子どもが産まれるタイミングで完成したこともあり、“子どもと楽しく暮らす家”にしたかった」と話す、建築家・山岡良匡さんのアトリエ兼自宅。子どもがのびのび育ち、家族みんなが健康で楽しく暮らせるよう、建築家が考えた仕掛けの数々をご紹介。

書いた人 KLASIC編集部

この記事をスクラップする

この記事をスクラップした人

一覧で表示

    作った人 山岡 良匡

    住んでいる人 夫婦+子ども2人

    坪庭が自然を呼び込み、どこにいても家族を感じる空間作り
    • 白と木を基調としたモダンなLDKは、すっきりと美しい空間を保てるよう、あらかじめ収納スペースを造作。窓の外のグリーンと一面だけオレンジに塗った壁が彩りを添える

    • 南向きに大きな開口部を設け、日当たりも抜群。庭の緑を眺めながら、リラックスした気分で料理や食事ができるのが魅力

    • アイランドキッチンの前面には、食器などを大量収納できて見た目もすっきり。横の開口部からは坪庭の緑が見える

    • 元気なオレンジ色の壁がLDKのアクセントに。水回りに向かう動線の先にも開口部が設けられ緑が楽しめる

     閑静な住宅街の中に立つ、真っ白な外壁が印象的な山岡さんの自宅兼アトリエ。シンプルかつ品のある空間の中に、子どもと楽しく暮らすための仕掛けをほどこしたバランスのよい住まいだ。

     ここを訪れた人が口を揃えて言うのは、「家の中にいるのに、自然を身近に感じる」ということ。その秘密は、動線の中に絶妙に開口部が配されているから。坪庭のもみじや、LDKで料理や食事をしながら眺められる庭先のグリーン。移動するたびに視線が外に抜け、自然との一体感を感じる作りになっているのだ。

    「プランニングする時は、小さくてもいいから庭を作ります。木々が季節の変化を教えてくれるし、野鳥や昆虫がやってきて、自然が身近に感じられる。自宅の庭が子どもたちの豊かな感性を育むきっかけになるといいなと思います」。


     家の中心になっている吹き抜けの広々したLDKには、家族のコミュニケーションが自然に生まれる工夫が詰まっている。まずはLDKに配された大きなアイランドキッチン。作業台も大きく取られ、左右どちらからも出入りできるので、子どもたちと一緒に作業する時も便利だ。また、リビングに設けられた階段も仕掛けのひとつ。どこに行くにも必ずリビングを通るので、顔を合わせる機会が増え、自然にコミュニケーションが生まれるというワケだ。


     2Fの部屋は吹き抜けの回りに配され、上にいても下にいてもお互いの気配を感じられる仕組み。部屋の仕切りには引き戸が使われ、光や風通しの調整はもちろん、少し開けておけば家族の声も聞こえやすい。開けるか締めるかの扉よりもフレキシブルなところが魅力。「住まいにはコミュニケーションを生み出す建築的な仕掛けが必要」というのが山岡さんの考えだ。

     日々の生活に楽しさをプラスする仕掛けも忘れない。「階段の回りにギャラリースペースを設けたり、壁の一部にポイント的に色を使ったり。ぐるぐる回遊できる作りにすれば、子どもたちは元気に走り回れます。家の中にいくつも楽しさを生み出す仕掛けがあれば、想像力や感性が刺激されて、より家族とのコミュニケーションが生まれます」。

     自然とつながり、家族とつながることを実現した山岡さんの自宅は、「子どもと楽しく暮らす家」作りのよい見本になりそうだ。

    • 屋根勾配で変化を付けたモダンな外観が印象的。手前が山岡さんのアトリエ、アプローチを進んだ先が自宅になっている

    • 真っ白な外壁が青い空に映える。窓から緑が見えるよう、大きく伸びる木を配した

    • 玄関ドアを開けるとまず目に飛び込んでくる坪庭のもみじ。四季を感じられる演出だ

    • スケルトンの階段のすき間からも緑が見える

    • 引き戸を開け放つと広々使える2F部分。吹き抜けに面したスペースの内側にはデスクが取り付けられ、作業スペースに

    • 将来仕切ることもできる2Fの子ども部屋。一部が吹き抜けになっていて明るさも確保

    • 階段横に設けられたキャラリースペースにはお気に入りの絵や子どものたちの作品が飾られる

    • 足元の窓は庭で飼っていたワンちゃんの顔がのぞくよう作ったもの

    作った人 山岡 良匡

     自然との関わり、家族のつながり、空間のつながりを大切にした設計を心掛けています。 親子のコミュニケーションを生み出す仕掛けや子育てがしやすい環境づくり、体に優しい自然素材と安心できる強い構造をもった住まいを提案します。そして、ライフスタイルに合わせたアイデアや遊びのしつらえによって、子どもの想像力や感性を豊かにし、楽しい思い出が残る住まいをつくりたいと考えています。

    スペック
    所在地
    埼玉県蕨市
    家族構成
    夫婦+子ども2人
    この記事をスクラップする

    この記事をスクラップした人

    一覧で表示

    お問い合わせ

    気になったところは聞いてみよう

    詳しく聞く(Q&A)

    関連記事

    人気記事

    北海道、離れ、定年後...すべての条件を調和した自然素材空間

     ご自宅に隣接した敷地に、終の棲家(ついのすみか)となる「離れ」として計画されたOさん邸。これから年齢を重ねていくご夫婦がゆったりと暮らせる、ワンルームのような伸びやかな空間が広がります。リビングダ...

    斎藤 若菜

    16962

    人気記事

    緻密な計算と小さな声に耳を傾ける!ずっと愛せる素材の住まい

     20年来住んでいたマンションの周囲の環境変化により、新築の戸建てを検討していたGさんご家族。訪れたオープンハウスで見た温かみのある家を気に入り、建築家の金子正明さんに家づくりを依頼する。たたずまいと...

    KLASIC編集部

    26571

    人気記事

    標高1230㍍の山小屋ならではの、妻や仲間との週末生活とは?

     切り立った山の斜面にポツンと建つ山小屋。この小さな別荘の持ち主は、退官後も精力的に活動する、建築家の樋口善信さんの指導教官Y先生とその奥様。山の空気に包まれた小屋には先生を慕って、学生たちも集まっ...

    茅野小百合

    24051

    人気記事

    住まい手基準の気持ちよさの追求。両親への想いが詰まった平屋

     依頼人のご両親が住む広島の実家。建て替えるなら体が弱ってきても過ごしやすい家にしてあげたいと娘さんは願いました。ご両親が元気に毎日暮らせる家には何が必要か、娘さん、建築家の山口健太郎さん、そして...

    茅野小百合

    15131

    人気記事

    【注文住宅の事例集】モダン_戸建て_東京_小嶋良一さん

     東京の敷地であろうと、たまたま残っちゃった背戸をつくるためには母屋と納屋が必要不可欠。塔状個室群と小屋型リビングをそれらに見立て、二枚の大きな壁で挟み込んで出来たのがサンドイッチハウスだ。

    KLASIC編集部

    25961

    カテゴリ

    記事一覧

    オススメ記事

    クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?
    敬老の日を前に考たい!二世帯が明るく、広々暮らす術とは?
    急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
    趣味も仕事も!「思い出の実家」のリノベは生き方をどう変えた?
    ほぼ事務所な空間を、すべて快適な家族の居場所に変えたリノベ

    週間ランキング

    【話題】こんな庭で遊びたかった!子どものための庭づくりのコツ
    【コツ】障子もカンタンリメイク!布×障子のオシャレインテリア
    家族の暮らしがストンと納まる、工夫に満ちた普段着仕立ての家
    ここまで開放的な平屋だから、自然満喫と落ち着く空間を両立!
    ローラのクリエイティブに脱帽!?リビングで美しさに息を飲む

    TAG一覧

    事例一覧