silver

60代夫婦のための平屋の住まい

住み慣れた土地を離れて
娘夫婦と孫たちの近くへ移住。

東と南に開いたL型のプラン
庭で作業をしていれば
近所の方と自然とあいさつができるような距離感を。

70代、80代になったときに
家のメンテナンスになるべくコストがかからないよう
ガルバリウム鋼板の屋根と外壁材を採用。
外部の木部(ヒノキの柱と破風板)も塗料を塗り重ねていけば長持ち。

内部はオープンなワンルームですが
自然塗料でライトグレーに着色したあらわしのヒノキ柱、ベイマツ梁が
「場」をやわらかく明示し、インテリアのアクセントとなっています。

梁の部分にロールスクリーンを設置し、
必要に応じて、空間を仕切ることができます。

天井や壁の仕上も、吸湿効果や抑カビ効果のある自然塗料塗り。
塗装下地となるクロスを施工後、自然塗料を塗装しているので、
割れの心配がなく、塗り重ねていけるメリットがあります。

リビングは、小上がりの堀こたつのある畳スペース。
キッチン背面のカウンターに、ポットなどの家電を置いて
リビングからの利用も。

孫たちがわいわい集まれるように
小上がりリビングの横は、孫たちの遊びスペース。
梁に取り付けたブランコで遊んだり、おもちゃを広げて遊んだり、
小上がりに腰かけて本を読んだり。
寝泊りできる客間としての使用も想定した、フレキシブルなスペースです。

南面開口に面したゆったりとした廊下空間も一体的に使用でき、
庭との出入りも想定すれば、アクティビティは無限大です。

思い出のある食器棚や婚礼家具等が設置できるよう
キッチン脇には広めのパントリー空間、寝室にはWICをもうけています。

脱衣空間も、チェストとベンチを置いて着替えができ、また室内干しができるよう
ゆったりかつ機能的に。
寒冷地でもよく利用されている、ガス温水のルームヒーターを
採用し、冬場はこのヒーター1台であたたかく、空気も汚さないので健康的です。

60代、シルバー(silver)世代のための住まい
ライトグレー(silver)色がインテリアのまとめ役となった上品でモダンな住まい
リタイア後の第二の人生は、
金色にきらきら輝くというよりも、銀色(silver)にやさしく穏やかに輝いて。。。
そんな応援の想いを込めた住まいです

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

お家のデータ

所在地
茨城県土浦市
家族構成
夫婦
敷地面積
221㎡
延床面積
94.81㎡
予 算
2000万円台

撮影:西川公朗