建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。注文住宅の参考に、おすすめです。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

「愛着」と「思い出」を残す 快適性と効率性のバージョンアップ

築45年の立派な純和風建築にお住まいだったIさん。今の建築にはない味わい、懐かしさをまとった建物に深い愛着があったため、建て替えは考えなかったそう。リノベーションをするにあたっても、元の建物の良さはそのまま、使いやすさと居心地をバージョンアップさせることを考えました。

家に居る時間を、一番いい時間に。

 親世代が建てた築45年の一戸建ては、立派な材を使った梁や柱、広い玄関や趣のある和室、熟練の大工が手間暇かけて仕上げた網代天井や欄間など、現代の建築ではなかなかお目にかかれないような丁寧で贅沢な造り。Iさん夫妻は親から譲り受けたその住まいに愛着を持っていたが、家族が過ごす部屋から離れて配置された寒くて暗いキッチンや、来客をもてなす場を主に考えた昔ながらの間取りに使いづらさも感じていたという。既存の建物の良さをいかしつつ、現代のライフスタイルにあった住まいへとリノベーションしてくれる建築家を探していたなかで出会ったのが、建築家の江口恵津子さんだった。


 江口さんは、『テレビチャンピオン』や『大改造!!劇的ビフォーアフター』『ソロモン流』など、テレビ番組でも活躍する女性建築家。子ども3人を育てながら建築家として独立。家事や子育てと向き合ってきた主婦目線を大切にした住まいづくりは、とくに女性たちの支持を集めている。Iさんは、江口さんの持論である「キッチンは家のなかで一番いい場所に」という言葉に強く共感し、リノベーションを依頼した。


 提案された間取りは、使わなくなっていた和室をひとつなくし、家の中心部にオープンキッチンを配したプラン。家事をしながら中庭を眺められるキッチンはまさに“家の特等席”であり、家族が過ごす南側の和室や客間となる中心部の和室ともつながり、家族やゲストの様子を見守ることができる。あまり使われていなかった日当たりの良い広縁部分はリビングやダイニング、客間の一部としても機能。食事の時間は、キッチンのカウンターテーブル、南側の和室、ウッドデッキのアウトドアダイニングと、その日のスケジュールや気分によって使い分けもできる贅沢さ。「家に居る時間を一番いい時間にしたい」というIさんの希望は、想像をはるかに超えるカタチで実現した。
  • 家の中心に配置されたオープンキッチン。構造の一部になっている既存の鉄筋をうまくデザインとして取り込み、より印象的な場所に仕上がった。

  • 外観は既存の良さをいかしつつ、ウッドデッキの新設などで現代のライフスタイルに合ったデザインに。屋根を瓦から軽量のガルバリウムに葺き替えたほか、耐震補強も施し、今後20年、30年と長きにわたって住み続けられるように配慮。

キッチンをぐるりと回る動線など、効率性も重視。

 共働きのIさん夫妻は、効率の良い生活動線にもこだわりがあった。主婦目線で定評がある江口さんから提案された間取りは、キッチンをぐるりとまわる回遊動線や、ファミリー玄関から洗面、キッチンとつながる無駄のない動線など、どれもストレスなく生活できるスムーズなレイアウト。生活動線だけでなく、表玄関と裏手のファミリー玄関を一直線で結んで風の通り道もつくるなど、家のなかの快適性もアップさせている。
さらに、これまで足りていなかった収納スペースはキッチン背面にまとめて大きく取り、生活動線のなかで効率的に使えるように配置。また、日の当たらない北側にパントリーを配置するなど、女性ならではのきめ細やかな気遣いが溢れている。


【江口 惠津子さんコメント】
「ご主人、奥さま、息子さん、みなさんのライフスタイルがはっきりしているので、それぞれの暮らし方をイメージしながら動線や収納を考えました。とくにキッチンは毎日、頻繁に使う場所ですから、家の中の一番いい場所というだけでなく、使い勝手も重要です。I様の家ではキッチンまわりを回遊できるので“行ったり来たり”といった無駄な動きがなく、スムーズに家事ができるようになっています。収納場所も適材適所に設けている
  • 奥の表玄関から手前のファミリー玄関まで一直線。スムーズな生活動線が確保されるだけでなく、風の通り道にもなる。

  • キッチンの背面収納を含め、四方から取り出せる多様な収納スペースを一か所に設置。廊下側から出入りする収納は納戸のような広いスペース。廊下を挟んだ北側にはパントリーを

お家のデータ

家族構成
夫婦
この建築家に
問い合わせる