大人数パーティーものびのび満喫。
壮大なパノラマビューが広がる開放空間

「眺望を楽しむ」「大人数をもてなす」という施主さまの要望に、3階建てのうちのワンフロアをまるごとLDKにするプランで応えた建築家の相澤康子さん。高さ・広さのある家はともすれば単調な大空間になりかねないが、豊富な経験を活かし、デザイン性と住みやすさを両立した相澤さんの家づくりを紹介する。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

木造とは思えない
立体的な豊かさが魅力の外観デザイン

施主さまは、ご夫妻とお子さま2人の4人家族。敷地は富士山のふもとに広がる富士市街の高台にあり、南は市街地と駿河湾、北は富士山と、贅沢なパノラマビューが魅力の土地だった。

しかし、家を建てるにあたっては少々の制約もあった。施主さまの敷地はご両親が住む母屋の敷地を分筆した土地(登記上1つの土地を分けたもの)で、敷地内には既存の車庫があったのだ。

設計を担当したアシヤアーキテクツの相澤康子さんはいう。「母屋は敷地の奥、車庫は道路際にあるので、施主さまの新居は母屋と車庫の間に建てなくてはなりません。母屋はデザインの自由度が高い壁式のRC造でとても素敵な住宅です。その母屋と並んで立つわけですから、2つの建物のデザインバランスが重要なポイントの1つになりました」

相澤さんが設計した新居は、白い箱を重ねたような母屋と同じく白い外壁×フラットな陸屋根で構成され、母屋とも車庫とも違和感なく馴染んでいる。また、コーナー窓を含む連続窓を設ける、フロアごとに広さを変える、部分的に天井の高さを変えるといった趣向も凝らし、白壁とガラスのアート作品を思わせる立体的な美しさも生んでいる。

驚くのは、敷地条件的にコンクリート工事が難しかったため、相澤さんはこの洗練された外観をRC造ではなく木造でつくったことだ。

相澤さんによれば、以前は雨漏り回避の観点から、木造住宅では水が流れにくいフラットな陸屋根を避ける傾向があったという。しかし今は素材や技術の進歩で防水性能が上がり、木造でも陸屋根が可能なのだそう。コーナー窓などの大胆な開口についても、緻密な構造計算や鉄骨柱などの採用によって、木造でも思い切った窓を計画できるという。

一見すると木造とは思えない洗練された外観デザインは、豊富な経験により培われた相澤さんのハイレベルな設計スキルがあってこそ、だったのだ。
  • 南の外観。3階建ての建物は敷地条件による制限のギリギリまで高さを出し、空間のボリュームと眺望を確保。写真手前のベージュの屋根は既存の車庫。奥の白い建物は既存の母屋。新居と母屋はデザインの統一感があり、敷地全体が美しい景観となった

    南の外観。3階建ての建物は敷地条件による制限のギリギリまで高さを出し、空間のボリュームと眺望を確保。写真手前のベージュの屋根は既存の車庫。奥の白い建物は既存の母屋。新居と母屋はデザインの統一感があり、敷地全体が美しい景観となった

  • 敷地は道路より3~4m高いため、敷地内には石段が。石段をのぼると右手に玄関が現れる

    敷地は道路より3~4m高いため、敷地内には石段が。石段をのぼると右手に玄関が現れる

3階建てなのに6層の眺め。
暮らしを彩る360°パノラマビュー

施主さまからは、邸内に対して2つのリクエストがあった。1つは、高台からの絶景を存分に活かすこと。もう1つは、親族や友人が訪れる機会が多いため、大人数をもてなせるLDKやインナーテラスをつくること。

まず相澤さんは、「建築可能な敷地面積の中で、できるだけ広い空間をつくる」「眺望を確保する」という目的から、この家を3階建てにした。さらに、さまざまなバリエーションの眺望を楽しめるよう、3階建てでありながら「6層のビュー」を生み出した。

「6層のビュー」の内訳はこうだ。この家は1階が客間と子ども室、2階はまるごとLDK、3階は水まわりと主寝室。ほか、屋上と、敷地の低い部分につくった地下倉庫がある。また2階はリビングの一部の天井が高く、屋根も一部が高いため、3階から出る2つのルーフテラスのうちの1つは階段をのぼって出る高さになっている。その結果、地下倉庫~3階までの4層に、屋上と3階の高いルーフテラスの2層を加えた計6層からの眺めを楽しめるようになったのだ。

富士市街~駿河湾~富士山と、まさに360°のパノラマビューを楽しめる屋上をはじめ、邸内も至るところに爽快な眺めが広がり気持ちがいい。中でも連続窓を配した2階LDKは、市街地や駿河湾を望むコーナー窓、屋根付きのインナーテラスを含むルーフテラスのおかげで雄大な景色と住空間が一体化。フロア全体がLDKという贅沢な造りとの相乗効果で心地よい開放感にあふれ、大人数のホームパーティーものびのびと満喫できる。

主寝室や水まわりを配した3階も、市街地を見下ろすルーフテラス、窓付きの浴室や洗面室など、眺めのよい空間ばかり。眺望にとことんこだわり、施主さまのリクエストに期待以上の形で応えたこの家は、どこまでも施主に寄り添う相澤さんの設計姿勢の表れといえるだろう。
  • 大人数が集まることが多い施主さまのライフスタイルに合わせて、2階はワンフロアまるごとLDKの大空間に。写真手前がリビング、右奥がダイニング、中央の白壁で囲ったところがキッチン。リビングは写真右側のスペースだけ天井が高く、明るい光が差し込むトップライトもある

    大人数が集まることが多い施主さまのライフスタイルに合わせて、2階はワンフロアまるごとLDKの大空間に。写真手前がリビング、右奥がダイニング、中央の白壁で囲ったところがキッチン。リビングは写真右側のスペースだけ天井が高く、明るい光が差し込むトップライトもある

  • 2階リビング。写真左には大きな連続窓があり、ルーフテラスへ出られる。窓はコーナー窓も設け、壮大な景色をパノラマで楽しめるようにした。写真右の廊下へ出る引き戸は全面がガラス張り。お子さまのダンスレッスンのためだが、空間の明るさや奥行き感も生んでいる

    2階リビング。写真左には大きな連続窓があり、ルーフテラスへ出られる。窓はコーナー窓も設け、壮大な景色をパノラマで楽しめるようにした。写真右の廊下へ出る引き戸は全面がガラス張り。お子さまのダンスレッスンのためだが、空間の明るさや奥行き感も生んでいる

  • 2階LDKの南は大きな連続窓で、その先には広々したテラスがある。写真手前のダイニング側は屋根付きのインナーテラス。奥のリビング側は屋根のないのびやかなルーフテラス。地続きのテラスだが場所によって居心地が異なり、楽しい

    2階LDKの南は大きな連続窓で、その先には広々したテラスがある。写真手前のダイニング側は屋根付きのインナーテラス。奥のリビング側は屋根のないのびやかなルーフテラス。地続きのテラスだが場所によって居心地が異なり、楽しい

「生活」を知り尽くした
女性建築家ならではのうれしい配慮

もう1つ、相澤さんがつくる家でうれしいのは、「無理をせず、きれいに住める」ことだ。

いうまでもなく家は生活の場だ。生活には雑多なものが必要だし、汚れた食器も、洗濯物も、ごみも出る。子どもがいればおもちゃや絵本もあふれかえる。しかし、家を建てる際には「ホテルのような部屋でくつろぎたい」と願う人も多い。この矛盾した「生活の夢と現実」を、相澤さんはうまく同居させてくれるのだ。

例えば、この家にはLDKで遊ぶ小さなお子さまがいる。「子どものものはすぐ手に取れるようにしたいから」と、施主さまは隠す収納は望まなかった。だが、LDKは来客を迎える場でもある。そこで相澤さんはLDKの壁にたっぷりの造作棚を設け、本棚、おもちゃ置き、あるいは観葉植物のディスプレーなど、多目的に使えるようにした。おかげで不意の来客があっても、ちらかったものをパパッと棚に置けば容易にすっきりした空間になる。同様にごちゃごちゃしがちなキッチンも、対面式だがフルオープンにはせず、壁で適度に囲んで「孤立しないけれど、外から見えない裏方スペース」に仕立てた。

相澤さんはいう。「住宅は、かっこよく見せたい空間と住むための空間、両方欲しいと思うんです。だから、かっこよさと実際の生活がちゃんとリンクするような家をつくりたいと思っています」

自身も子育て世代の女性なので、「奥さまがイメージするものを形にしたい」との思いが強いと話す相澤さん。素敵な空間に住みたいけれど、生活の現実も包み込んでほしい。そう思う人こそ、相澤さんに相談することで大満足の答えに出合えるのではないだろうか。
  • シックで洗練された3階の主寝室は、ホテルの客室のよう。写真奥の窓からルーフテラスに出ることができる

    シックで洗練された3階の主寝室は、ホテルの客室のよう。写真奥の窓からルーフテラスに出ることができる

  • 窓付きの3階浴室。ハーフユニットで床や浴槽以外はオリジナル。空を眺めながら湯に浸かり、疲れを癒やせる

    窓付きの3階浴室。ハーフユニットで床や浴槽以外はオリジナル。空を眺めながら湯に浸かり、疲れを癒やせる

  • 3階は主寝室に面したテラスと、階段をのぼって出るテラスの2つのルーフテラスがある。写真は階段で出るルーフテラス。2階リビングの天井が高くなった部分の屋根にあたるため、もう1つのテラスより高い位置にある。水まわりからの動線がよく、洗濯物干しなどの家事利用に活躍

    3階は主寝室に面したテラスと、階段をのぼって出るテラスの2つのルーフテラスがある。写真は階段で出るルーフテラス。2階リビングの天井が高くなった部分の屋根にあたるため、もう1つのテラスより高い位置にある。水まわりからの動線がよく、洗濯物干しなどの家事利用に活躍

お家のデータ

施主
I邸
所在地
静岡県富士市
家族構成
夫婦+子供2人
敷地面積
268.52㎡
延床面積
231.68㎡
予 算
5000万円〜