建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。注文住宅の参考に、おすすめです。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

四季の太陽の動きもバッチリ計算!徹底的に快適な家づくりとは?

 転勤で東京暮らしのNさんは、地元長野へ戻るのを機に、自宅の建て替えを決めました。長野の気候風土に合った「明るく開放的な住まいづくり」をテーマに建築家選びを開始しましたが、依頼することにしたのは東京在住の建築家、冨田享祐さん。「自然の力を最大限に生かしながら快適な暮らしの場をつくるという考え方に共感できた」というのが、その理由です。

スキップフロアで採光・通風の効果もアップ

 長野県ご出身のNさん。仕事のため数年間、東京の賃貸住宅にご夫婦とお子様2人で暮らしていたが、転勤で地元に戻ることに。これを機に、長野で所有している敷地に新居を建てようと決意した。

 このような場合、通常、プランニングは長野の特性を知り尽くした地元の建築家に依頼するのがセオリーかもしれない。しかし、Nさんはあえて、東京・世田谷区豪徳寺でHAN環境・建築設計事務所を主宰する建築家・冨田享祐さん・松田毅紀・南澤圭祐さんに託すことにした。その約半年前、都内で開催された建築家無料相談会のイベントに参加した際、何名かの建築家に話を聞くなかで、冨田さんと家づくりに対する考え方が近いと感じ、実際数分間の会話で、家のコンセプトや骨格となる間取りが決まったという。

 Nさんが思い描いていたコンセプトは、長野の風土に合った「明るく開放的な住まい」。というのも、古くから長野はその土地柄、寒冷地域特有の“外に対して閉ざされた家”が多く、「明るく開放的な住まい」こそ、Nさんの憧れだった。そこで新居の条件に「室内に陽光をいっぱい取り込めるようにする」「外に対してより開かれた空間をつくる」というテーマを掲げたのだ。

 これに対して冨田さんが提案したプランは、降雪にも強いシンプルな片流れ屋根の木造2階建て。室内はスキップフロアにして、1階、1.5階、2階の各フロアが緩やかにつながるように。さらにリビングを2階にして、最も陽当たりがよく、最も眺望が開けた南東角にL字型のデッキテラスを配するというものだった。

 完成した家に住んで、Nさんは「想像以上に採光と通風が素晴らしい」と驚きを隠さない。スキップフロアとしたことが、やはりキーポイント。これによって、勾配天井の高窓から取り込む光を、2階リビングを通じ、北側1.5階の部屋全体まで行き渡らせることを可能にした。スキップフロアは同時に、機能的な生活動線にも役立つ。例えば、1.5階に水廻りを配したことで、2階のキッチンとラクに行き来できる。また、スポーツを日課とする家族が帰宅後すぐに浴室で汗を流し、スッキリしてから2階で寛ぐというスタイルを定着させたのも、スキップフロアの効果だろう。

 もう一つ、大切なテーマである「外に対してより開かれた空間にしたい」という希望は、リビングに隣接するデッキテラスをL字型にして、室内外に回遊動線が生まれことで叶えた。さらに、デッキテラスの南側全面に木製ルーバーを設置して、隣家からの視線をカットしつつ、室内からの視線をコントロール。内から外へ抜けたような開放感を与えながら、一方で、ルーバーの囲いでリビング全体が広がったように感じさせるというバランスが絶妙だ。

 「冨田さんに依頼して大正解。とっても快適で、休日には家でゆっくり過ごす機会が増えましたね」と幸せそうなNさんご一家だ。


【冨田 享祐さん コメント】
夏は日射しを避けたい、冬は日射しを取り込みたいというように相反する部分が多いのも家づくり。このような場合、どちらに重きを置くか、いろいろな状況を例に出しながらお施主様と話し合います。さじ加減が難しいケースもありますが、最終的に絶妙なバランスで決まるとうれしいですね。


【夫婦+子ども2人】
冨田さんは、東京から長野まで何度も足を運び、現地の様子を確認してくれました。プランニングの段階で、100分の1の模型で、どこから太陽の光を導き、どちらに眺望を開くか、また、建物や庭の位置、大きさのバランスに問題がないかなど、分かりやすく説明してくれたので、とてもイメージしやすかったです。
  • 高窓から空を望むことができる。夜は月が見える日もある。

  • シンプルな片流れ屋根が目を引くNさん邸の外観。木製ルーバーは、意匠性、機能性を両立。

  • 玄関のすぐ隣に配した小上がりの客間は、南側に面しており日当たりがよい。普段は障子を開け放ち、縁側の様に使用する。庭の植栽で隣家からの視線をゆるやかに遮る。

  • LDKと一体感をなす回遊デッキテラス。南側の木製ルーバー上部は隣家からの視界をより遮るため間隔を狭めた。

お家のデータ

家族構成
夫婦

この記事に関わるキーワード

この建築家に
問い合わせる