3つのボリュームの連なりで叶えた
公私のゾーニングとゆるやかなつながり

定年を迎え、セカンドライフを実家のある長野で過ごそうと考えた施主のMさんご夫妻。実家を建て替えて高齢のお母様との同居。将来息子家族が移住してくることも視野に入れたいえづくりを依頼したのは、二人三脚で建築事務所を営む棚橋建築設計事務所の棚橋玄さんと杏奈さんご夫妻でした

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

設計スタイルは夫婦一緒に
男女ペアの死角なき仕事ぶり

長野市街から少し外れた山裾、付近は田畑が広がり、住宅が疎らにある地域にその家はあった。連なる3つの高さの違う建物の切妻屋根が、長野の山並みを連想させるM邸だ。

施主のMさんご夫妻は、永らく都会で暮らしていたが、定年を期に実家を建て替え、高齢の母との同居に踏み切った。新しい家は、基本的には3人で住むこととなるが、離れて暮らす息子や娘、孫も遊びに来て泊まれるように「にぎやかに過ごせる場にしたい」また「将来子供が移住して同居できる広さもほしい」という思いがあった。いわば、この建て替えは、夫婦の終の棲家であるコンパクトな家をつくるというのではなく、住み継ぐことができる家にしたいと考えていたのだ。

また、周囲の豊かな自然環境も十分に味わいたいという思いもあった。アウトドア好きのご主人が友人などを招き、庭でBBQをしたり、ガーデニングが趣味という奥様が花々を植えたり、畑で作物を育てるといったことを楽しめる家にしたいと考えていた。

そんな新居の設計を依頼したのは、二人三脚で事務所を運営する棚橋建築設計事務所の棚橋玄さんと杏奈さんご夫妻だ。

「私達は、メインとサブという主従関係や、担当別、案件別という形をとらず、全て2人で一緒に担当するスタイルをとっています」と玄さん。

夫婦の建築家ユニットは、施主にとって大きなメリットがある。自分の家について考えてくれる頭脳が2つあるということは、当然アイデアの数も多くなる。さらに2人で議論や検討が重ねられることで、より最適な提案へとつながるだろう。

「男女がそれぞれいるということも、私達の強みかもしれません」と玄さん。単純に頭脳が2つあるだけでなく、男女がそれぞれ得意とする分野や、気づきのポイントが違ったりすることで、あらゆることに対応可能だ。さらに杏奈さんは、インテリアの仕事の経験も豊富。家具や照明なども含め住空間全体をトータルで整えることができる。棚橋建築設計事務所には「死角」がない。

「プライベートな生活の中で、仕事についてハッと気づいたりしたアイデアを、すぐその場で話し合えるということもメリットかもしれません」と杏奈さん。夫婦だからこそ、プライベートなときにさえ、自分たちの家について考えてくれる。それでいながら設計料は2人分とはならない。なんとメリットの多いことだろう。

そんなお2人が建築において大切にされていることは「バランスを上手くとること」だという。

「私達は建築を自己表現とは思っておらず、お施主さんのものでもあり、さらには公共的なものと考えています」と玄さん。施主の希望に寄り添うということは大前提にあるものの、要望を唯唯諾諾と受け入れるのではなく、暮らしやすさや快適さ、見た目の美しさなど、本当に施主のためになるのかを考えたうえで、バランスがとれるよう提案をするのだという。
  • 3つの高さの異なる建物が連なるM邸。あえて前後に建物をずらすことで、いくつもの効果をもらたした

    3つの高さの異なる建物が連なるM邸。あえて前後に建物をずらすことで、いくつもの効果をもらたした

  • 切妻屋根の連なりが、長野の山並みを連想させる。

    切妻屋根の連なりが、長野の山並みを連想させる。

  • 道路に近い部分には、ガレージや玄関、和室のある平屋を配することで、近隣への圧迫感を避けた

    道路に近い部分には、ガレージや玄関、和室のある平屋を配することで、近隣への圧迫感を避けた

  • 建物をあえてずらすことで、北側にも庭を設けることができた。玄関にはベンチを設置。ご近所さんとの会話もはずむ?

    建物をあえてずらすことで、北側にも庭を設けることができた。玄関にはベンチを設置。ご近所さんとの会話もはずむ?

3つのボリュームをあえてずらすことで
庭や景色、近隣への配慮も実現

それでは、2人がつくったM邸を見ていこう。

M邸の外観は、3つの高さの異なる切妻屋根の建物が連なっている。さらにそれぞれが、少しずつ前後にずれている。まるで、長野の山並みを表現したかのよう。

この3つの建物は、玄関、ガレージ、和室がある平屋、LDKのある少し天井が高い平屋、個室や水回りなどがある二階建てとなっている。それらが、1つの動線でつながりパブリックからプライベートへとグラデーションのように様相が変わっていくというゾーニングだ。

このゾーニングであれば、あえて建物をずらすつくりにせずとも、大きな1つの箱で屋根の形だけを変えれば良いのでは?と思うが、建物をずらすことにはいくつもの効果があるのだという。

1つめは景色の問題だ。建物をずらすことによって、南側の庭だけでなく、北側にも庭をつくることができた。また、建物に角ができることによって、窓からの景色も変わる。リビングから和室の先の庭も見られるし、玄関の様子も伺えるようになった。

もう1つは、圧迫感の問題。通りに面した部分に2階建てがあると、周囲に圧迫感をもたらす。なので、道路付近はガレージのある平屋にした。近隣への配慮ともいえる。

建物の高さを変え、配置をあえてずらすというアイデアで、パブリックからプライベートへのゆるやかなゾーニング、北庭の存在や景色の見え方、さらには近隣への配慮といういくつもの要素を叶えたアイデア力には驚かされる。

室内に目を移そう。平屋部分にある玄関を入り右手方向に進むと、開放的なLDKが広がる。
LDKは天井高が他の部屋よりも50cmほど高くなっているため、一層広さを感じるのだ。
さらに南庭に面して大きな掃出し窓があり、北庭にも大きめの窓がある。その抜け感が広さをいっそう際立たせている。掃出し窓の先には、ウッドデッキがシームレスにつながっており、窓を開け放つとLDKと一体化した大空間となるのだ。

その大空間には、6人分の椅子がセットされた大きなダイニングテーブル。ソファーにチェアまである。高齢者を含む3人暮らしには、広すぎるリビングかもしれないが、心配ご無用。息子や娘、孫といった家族が頻繁に集まったり、友人たちが訪れることも多く、賑やかに過ごせる空間となっているのだ。

大空間である一方、キッチンは囲まれた個室のような雰囲気だ。当初はLDKと一体化したオープンのアイランドキッチンにすることを要望されていたのだというが。
「キッチンは何かと雑多なものが多く、生活感が出がちです。そこで、ある程度隠すことができ、それでもLDKとの一体感は失わないキッチンを提案しました」と玄さん。杏奈さんは「大きな空間の中に、あえて籠もれる場所をつくることで、公私のメリハリがつくと考えました」と語る。

その籠もれる場所ということで、キッチンの逆サイドにはご主人の書斎スペースを設けた。この家の広さであれば、個室の書斎を設けることも可能だろう。また、わざわざ書斎を設けずともLDKの一角に机を置けば良いだけではないか?とも思う。しかし、この配置が絶妙なのだ。

キッチンも書斎も、適度に籠もれる感じでありながらも、ちゃんとLDKとつながっている。家族の気配を感じながら、それぞれの拠り所にいられる。このゆるやかなつながりは、まさにこの地域の人々と隣近所との付き合いに似ているともいえる。このことは、杏奈さんが長野県出身だということも関係しているのかもしれない。

玄さんと杏奈さん夫婦2人から生み出される建築は、1+1=2以上のものとなり、暮らしやすさはもとより、美しさ、近隣への配慮などなど、施主の要望を叶える以上の絶妙の程良さをもつ。これからも、そんな家が生まれ続けることだろう。
  • 掃出し窓を開け放つと、リビングと一体化した大空間となるウッドデッキ

    掃出し窓を開け放つと、リビングと一体化した大空間となるウッドデッキ

  • 明るく開放感のあるリビング。天井高の高さも一層広さを感じさせる

    明るく開放感のあるリビング。天井高の高さも一層広さを感じさせる

  • 障子をしめると明かりが柔らかに室内を包み、落ち着いた雰囲気に。

    障子をしめると明かりが柔らかに室内を包み、落ち着いた雰囲気に。

  • 玄関には、腰掛けながら靴を履いたりできるようベンチを設置。手すりも高齢者には嬉しい配慮だ

    玄関には、腰掛けながら靴を履いたりできるようベンチを設置。手すりも高齢者には嬉しい配慮だ

  • 3人家族には大きすぎるダイニングも、大勢が集まることの多いM邸では必須アイテム。
北庭も南庭とはまた違った雰囲気で趣がある

    3人家族には大きすぎるダイニングも、大勢が集まることの多いM邸では必須アイテム。
    北庭も南庭とはまた違った雰囲気で趣がある

  • キッチンも開口が大きく、料理中でもカウンター越しに会話も楽しめる。建物をずらしたことで、玄関の様子や和室の先の庭の様子も見ることができる

    キッチンも開口が大きく、料理中でもカウンター越しに会話も楽しめる。建物をずらしたことで、玄関の様子や和室の先の庭の様子も見ることができる

撮影:畑拓&竹島兄人

間取り図

基本データ

作品名
長野の家
施主
M様
所在地
長野県 長野市
家族構成
夫婦+母
間取り
3LDK+客間+テラス+ガレージ
敷地面積
401.71㎡
延床面積
169.02㎡