上質なモダン建築がもたらす極上の時間。
都心に佇む羨望の高級邸宅

住まいは一生の中で多くの時間を過ごす場所。その場所が、いるだけで至福を味わえる空間だったらどんなにいいだろう。そんな施主の思いをかなえたJWA建築・都市設計一級建築士事務所 渡辺純さんの、上質なモダン建築の魅力を紹介する。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

屋外のようなスケール感に感動。
ゲストに至福の時間を贈るおもてなし空間

東京都心の閑静な住宅街。洗練されたデザインのエントランスを入ると、天井の高い吹抜けのエントランスホール。邸内に進むと右手にキッチン、正面にはテラスに面したバーカウンター付きのダイニング。その先には3面がガラス張りの吹抜けのリビングが広がり、青空と緑が迫るダイナミックなスケール感に圧倒される。

「このお宅は地下1階、地上3階建て。リビングは1階のほか、2階にお子さまたちのラウンジ、3階にご夫妻専用のラウンジ、地下にファミリーラウンジがあります」と教えてくれたのは、設計を担当したJWA建築・都市設計一級建築士事務所の渡辺純さん。1階リビング以外に家族用のラウンジが3つもあるとは驚いてしまうが、外国人の施主さまはホームパーティーをよく楽しまれるため、1階は来客を意識してつくられたのだという。

その1階リビング・ダイニングは、広いテラスを囲むL字型。どちらにいても屋外のような開放感を得られる気持ちのよい空間だ。間接照明がホテルライクな雰囲気を醸すダイニングにはガス暖炉があり、炎を眺めながら歓談する穏やかな時間を演出。ウォークインのワインセラーを備えたバーカウンターやキッチンは、リビング・ダイニングと行き来しやすく、ゲストが自分でドリンクを取りに行く欧米のパーティースタイルにぴったりのレイアウトとなっている。

何より心を豊かにしてくれるのが、ガラスや白大理石を効果的に使った上品な透明感、すっきりと無駄のないラインで屋外の爽快感をダイレクトに感じる建築の美しさ。ここで過ごす時間そのものが、ゲストへの最高のおもてなしになる空間だ。
  • 1階ダイニングは来客も想定し、白大理石をあしらったガス暖炉や間接照明で贅沢な時間を演出。奥にはバーカウンターとウォークインのワインセラーがある。このダイニングと左奥のリビングは、ガラス越しのテラスを囲むL字型でつながっている

    1階ダイニングは来客も想定し、白大理石をあしらったガス暖炉や間接照明で贅沢な時間を演出。奥にはバーカウンターとウォークインのワインセラーがある。このダイニングと左奥のリビングは、ガラス越しのテラスを囲むL字型でつながっている

  • 1階バーカウンター。手前のダイニング、左手のリビング、右手のキッチンの中央に位置し、ゲストがさまざまなスペースを行き来する欧米のパーティースタイルにぴったりのレイアウト。ガラス張りのウォークインワインセラーの中には200本以上のワインがずらり

    1階バーカウンター。手前のダイニング、左手のリビング、右手のキッチンの中央に位置し、ゲストがさまざまなスペースを行き来する欧米のパーティースタイルにぴったりのレイアウト。ガラス張りのウォークインワインセラーの中には200本以上のワインがずらり

  • 吹抜けの1階リビングは、3面がガラス張り。ここだけでゆうに20畳以上あり、高さだけでなく横への広がりも感じられ、スケール感たっぷり

    吹抜けの1階リビングは、3面がガラス張り。ここだけでゆうに20畳以上あり、高さだけでなく横への広がりも感じられ、スケール感たっぷり

心を満たす建築の力で、
日々の暮らしを「特別な時間」に

1階は来客を意識した造りだが、各階に設けられたラウンジをはじめ、施主さま自身や家族の時間を大切にした空間も贅沢につくられている。

子ども室のある2階、ご夫妻の寝室がある3階は、それぞれに専用のラウンジやバスルームも完備。3階ラウンジは大開口で広いルーフテラスに面しており、邸内にいながら爽やかな光や風を感じるリゾートホテルのよう。その傍らにある3階専用バスルームも、テラスに面した開放空間。ガラス越しの緑と外光に包まれた円形ジェットバスでのリラックスタイムは、まさに至福だろう。

「欧米の一軒家のような広い庭を取れない分、地下を活用したい」とのリクエストに応え、約100坪の敷地いっぱいにつくられた地下フロアも圧巻だ。大画面スクリーンで映画などを楽しめるファミリーラウンジのほか、施主さまのトレーニングジム、書斎、ゲストルームなど、プライベートを充実させる空間がそろう。いずれもゆったりとした造りで内装や造作家具には高級感あふれる天然木が用いられ、上質なくつろぎを誘うヨーロッパのクラシックホテルを思わせる。

つい、1階のゴージャス感に目が行くが、どのフロアも負けず劣らずのエレガントな空間ばかり。この邸宅は日常の生活シーンでさえも、建築の力で「特別な時間」に昇華してしまうのだ。
  • 地階のファミリーラウンジ。正面中央にスクリーンを入れ、シアタールームとしても使える。内装はあめ色の天然木が用いられ、1階のモダンな建築とはまた違うクラシカルな上質感が漂う

    地階のファミリーラウンジ。正面中央にスクリーンを入れ、シアタールームとしても使える。内装はあめ色の天然木が用いられ、1階のモダンな建築とはまた違うクラシカルな上質感が漂う

  • 地階には施主さまのための広々したトレーニングジムも。地下でありながら天窓から外光が差し込み、閉塞感とは無縁

    地階には施主さまのための広々したトレーニングジムも。地下でありながら天窓から外光が差し込み、閉塞感とは無縁

  • 地階ファミリーラウンジからは、ルーバースクリーン越しに施主さまの書斎の気配もうかがえる。ゆったりとした書斎は造作本棚も豊富。家で仕事をする際も、シックな空間で落ち着いて集中できる

    地階ファミリーラウンジからは、ルーバースクリーン越しに施主さまの書斎の気配もうかがえる。ゆったりとした書斎は造作本棚も豊富。家で仕事をする際も、シックな空間で落ち着いて集中できる

卓越したセンスと高度な設計力で、
極上のシンプルを生み出す建築家

施主さまは近代建築の巨匠の1人であるミース・ファン・デル・ローエを大変好み、自邸を建てる際も上質なモダン建築を望んでいた。ハイレベルな要望だが渡辺さんは見事に具現化。その象徴的なスポットの1つが階段だ。

この邸宅のような大型住宅は法規制の関係で、階段を壁で囲って独立させることが多い。しかし渡辺さんはルーヴル美術館のガラスピラミッドの設計者であるI.M.ペイ氏に師事した経験をもち、幕張メッセの設計にも携わった人物。豊富な経験で得た知見を活かし、規制をクリアしてオープンな階段を実現。上階まで空間が途切れることなくつながり、邸内を散策するような楽しみがあるミース・ファン・デル・ローエ風の住まいをつくり上げた。

細部の丁寧なデザインで、シンプルながら真に洗練された空間に仕上げている点も然り。階段の手すり壁は強化ガラスだが支えの部材が表に出ておらず、ぱっと見るとガラス~すなわち手すり壁の存在を感じない。おかげで階段や床の造形美や浮遊感が引き立ち、ブラックチェリーでつくられた2階から3階への階段などは、フロアに置かれた美しい家具のよう。こうした高度な建築美は、ミース・ファン・デル・ローエの言葉である「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」を彷彿とさせる。

渡辺さんは、余計なものをそぎ落とすことで美しさを際立たせ、人の心に残る「極上のシンプル」を表現できる数少ない建築家の1人だ。住宅設計においても施主の暮らしを豊かにするのはもちろんのこと、街にとって価値あるモダン建築の提供に尽力する。

竣工時、施主さまは長年の夢がかなったと喜び、こうおっしゃったという。「私は、この家を東京で一番の住宅だと思っています」。ここは単に贅を尽くしただけの高級邸宅ではない。施主の思いに応える渡辺さんの真摯な姿勢と、高度な設計力の結晶といえるだろう。
  • 2階から1階への階段(手前)と3階への階段(奥)を一望するこの場所は、上質なモダン建築のお手本のようなスポット。手すり壁の強化ガラスは、支えの部材が見えない高度な設計。余計なものをそぎ落とした透明感あふれる空間が、階段や床の造形美を際立たせている

    2階から1階への階段(手前)と3階への階段(奥)を一望するこの場所は、上質なモダン建築のお手本のようなスポット。手すり壁の強化ガラスは、支えの部材が見えない高度な設計。余計なものをそぎ落とした透明感あふれる空間が、階段や床の造形美を際立たせている

  • 3階テラスとご夫妻専用ラウンジの夕景。窓を完全開放すると屋内外がひと続きになり、夕風を肌で感じてくつろげる。テラスには軒天のスポット照明の明かりがほんわりと落ちて雰囲気がよく、時間がゆるやかに流れる高級リゾートホテルのよう

    3階テラスとご夫妻専用ラウンジの夕景。窓を完全開放すると屋内外がひと続きになり、夕風を肌で感じてくつろげる。テラスには軒天のスポット照明の明かりがほんわりと落ちて雰囲気がよく、時間がゆるやかに流れる高級リゾートホテルのよう

  • 3階専用の円形ジェットバスはアルティス社製。ガラス越しには緑豊かなテラスが広がり、抜群の開放感

    3階専用の円形ジェットバスはアルティス社製。ガラス越しには緑豊かなテラスが広がり、抜群の開放感

撮影:Junji Kojima

お家のデータ

施主
F.R.邸
所在地
東京都品川区
家族構成
夫婦+子供4人
敷地面積
320.62㎡
延床面積
726.57㎡
予 算
5000万円〜