建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

近所のシンボル「藍色の家」!要望の矛盾を見事に克服の家づくり

お子様の誕生を機に一戸建ての新築を決意したKさんご夫妻。「設計は、人柄とセンスがよい方に」という希望から、秋山アトリエ一級建築士事務所の秋山功さんに依頼することに。イメージどおり、明るく開放的、木の温もりにあふれた我が家が完成した。

ヒアリングから生まれた採光、通風抜群の「アットホーム空間」

 一戸建ての新築にあたってKさんご夫妻は、「やはり設計は建築士に依頼しよう」と決めた。すぐにそう考えたのは、身近に「信頼できる建築士」がいたから。秋山アトリエ一級建築士事務所の秋山功さんだ。

 秋山さんとKさんは以前参加した地元の街づくり活動で出会い、友人となった。その後、Kさんは信頼できる秋山さんに実家の改修を依頼。新しい家族のあり方に対応した提案や合理的で使いやすさ、シンプルなデザインなどを気に入った。そこでKさんは、秋山さんに自分自身の新居のプランニングも依頼することにした。


 テーマは主に2つ。1つは「地震や火災に耐えられる頑丈さを保ち、かつ木の温もりのある住まい」、もう1つは「友人たちに気軽に来てもらえるようなオープンな空間を保ち、かつ防犯性の高い住まい」というものだ。こうした相反するような条件にも、秋山さんは笑顔でうなずき『やってみましょう』と気持ちよく引き受けてくださったという。秋山さんは、ご家族のライフスタイルや趣味、動線などを徹底的にヒアリング。数案の図面を作成し、打合せと修正を重ねながら、ご夫妻の希望をプランに落とし込んでいった。

 完成した住まいは、家族がゆったりとくつろげるLDKを2階に配した木造住宅。「より健康的に、より快適に過ごしていただきたい」という秋山さんの提案で、LDKは、床に杉の無垢材、壁に漆喰を採用。自然素材の素朴でやさしい香りと質感、そして部屋いっぱいに採り込む光と風が相まって、居心地のよいアットホームな空間を演出する。


 また、LDKを勾配天井に、階段を吹き抜けにして開放感をアップ。秋山さんが特に重視したのが階段だ。「1階、2階のどこにいても、人の気配を感じられるようにしたくて。空間と空間のつながりを意識しました」。

 玄関ホールの正面に階段が伸び、その先に明るく開放的なリビングが見える。Kさんも心地よさが伝わってくるし、ゲストにも気軽に上がっていただけると気に入ってくださったようだ。
1階のプライベートルームは、あえて仕切りを設けず、扉を引違いに。お子様の成長に合わせて、将来仕切る予定だ。窓の要所に格子をとりつけるなど、防犯性へのアプローチにも余念がない。

 外観は「(北側に)下屋で三角屋根」とシンプルなシルエットながら、壁と屋根を鮮やかな藍色のガルバリウム鋼板で包みこみ、さらに木製の手摺、格子、テラスでアクセントを効かせるなど個性的に仕上げた。近所の子どもたちにも『藍色のうち』で知られ、放課後や休日になると、みんな、藍色の家の庭を元気に走り回っているそう。1階に縁側をつくったのも「気軽に遊びに来てほしい」という思いからだ。

 現在も、毎月なんらかのパーティーを開いたり、町内会の会合に使ったりしているそうで、藍色の家には、いつも笑顔と笑い声が満ちあふれている。
  • 陽当たり、風通しのよい2階にLDKを配置。勾配天井にして、より開放的に。

  • 階段の壁に設けた窓から植栽が望める。木の温もりにあふれる室内空間との調和が絶妙だ。

  • キッチンの一角にデスクと棚を造作。すわってレシピを確認でき、重宝されているそう。

シンプルな構造で高耐久・高耐震、そして持続可能な住まいに

「永く住み続ける」ことを重視しているKさん邸。スケルトン(構造・外装)は、「大きな四角い箱と小さな四角い箱を合理的に組み合わせたイメージ」で耐震性、耐久性、防火性の確保に努めた。シンプルな総二階の建物は外周部の面積が抑えられるので、コストダウンにも効果的だ。

 一方、インフィル(仕切り、仕上げ、設備)はスケルトンと独立させている。このためプランニングの自由度が高く、将来、家族の成長に合わせて間仕切りやリフォームなどの増改築が容易。サステイナブルを目指した理想的な住宅といえそうだ。

 秋山さんは、専門家としての考えを押し付けはしない。常にKさんのライフスタイルや価値観を理解し、最終的に美しくまとめてくれた。また、いつも丁寧に接してくれるので、Kさんの息子さんは秋山さんのファンになったという。秋山さんのお人柄がだからこそなせた業だ。

【秋山 功】
Kさんはアウトドア派と聞きましたので、自然の心地よさが感じられる住まいを意識しました。2階のLDKは、家族全員でくつろぐ場合、一人で過ごす場合、友人らとパーティーを楽しむ場合など、いろいろなシチュエーションを想定してプランニングしました。
  • 1階のプライベートルーム。状況に応じて、将来、間仕切りをする予定。

  • 周囲の緑を意識し、外観は藍色に。近所でもひときわ目立つ鮮やかさだ。

お家のデータ

所在地
東京都
家族構成
夫婦+子供2人
この建築家に
問い合わせる