相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

古びた中古物件が、 真新しい理想の住まいに。 「中古リノベーション」特集

近年、なにかと注目が集まっている、中古のリノベーション。
新築物件より安価で、かつ立地条件に恵まれた物件が多いことが、その理由。
中古物件をリノベーションすることで、間取りを大幅に変えたり、全ての設備を自分好み変更したりと、費用を抑えつつ、さらに「自分らしさ」の追求ができる点も大きな魅力の一つ。

ここでは、古びた中古物件を理想の住まいに生まれ変わらせた魅力的な「リノベーション」の事例を紹介します。
ぜひみなさまの自分らしい住まいづくりの参考にしてください。

子育てのしやすさに妻も納得!経年劣化を生かした中古団地リノベ

販売に出されている部屋を内見に行ったのですが、1階でありながらも南面には、まるで軽井沢のような自然が広がる景観がありました。さらに隣の棟とも離れており、視界がかなり広がっていたんです」と金刺さん。

 施主でありつつも自ら建築デザイナーとしてその家をリノベーションしていくことを決定。「自分のテーマ」を持つ家づくりをスタートした。そこでまず決めたコンセプトは「子育てがしやすい家」。これは子どもを身ごもっている奥さまからの要望でもあったという。そしてもう一つのコンセプトは「家族のコミュニケーションがとりやすい家」。家の中のどこにいても家族の気配が感じられるような家づくりを心がけたのである。

築40年の家が北欧風のモダンな空間に!フルリノベで実現した4世代の家

東京都にある奥様の実家に引越し、ご両親、おばあ様と同居されることになったMさんご夫婦。家づくりを考えるにあたって相談を持ち掛けたのが、旦那様の知り合いにあたる鬼頭さんだった。当初は、建て替えも検討していたMさんだったが、予算の都合で断念。内部をフルリノベーションすることに決めたのだという。

Ⅿさんおよびそのご両親と鬼頭さんで話し合った結果、家の外部には手をつけないことに。このため、完成したⅯ邸の外観は、築40年の家そのままだ。しかし、一歩中に入ると、そこには北欧のテイストを感じさせるモダンな空間が広がっている。「空間を広くとるために、余分な柱を各階で合計20本撤去しました。」と話す鬼頭さん。家の内部は完全に生まれ変わっており、かつての面影は微塵も感じられない。

限られたスペースを有効活用!築40年、37平米のマンションを素敵にリノベーション

2DK(37平米)のマンションに家族で住まうことで、小上がりのスペースを造れば、確かにスペースは狭くなる。しかし、衣類を収納する家具やベッドを置いたり…ということを繰り返しているうちに、すぐに手狭になってしまう。そこで、小上がりとロフトのスペースを縦方向に作ることで床面積を増やし、家具を置かずにさまざまなものを集約することで、限られたスペースでも広々とした空間を作り出すことに成功している。小上がりと収納室の間の通風採光の45センチ角の開口窓から、脱いだ衣類を収納室の洗濯カゴに入れられたりもするので、小上がりが散らからない。また開口窓の下には両側から引き出せる引出があり、洗濯物をたたんでそのまま引出にしまえるという逆の動線も可能だ。さりげなくも、女性らしい細やかな設計が行き届いていることが分かる。

新旧のいいとこ取りリノベで、憧れの古民家風を実現

構造面での補強や断熱などは施したものの、「使えるものは使う」との意向どおり、屋根と躯体は一部を除き、ほぼ前の状態だという。
とはいえ、エントランスや玄関周りは新しくしたため、古さは微塵も感じない。むしろ新築特有の周囲の家から浮いてしまう感じがなく、街並みにうまく溶け込んでいる。

新調した木塀が和の雰囲気を醸し出し、植栽のあるアプローチが小気味よい。
「元々のお家はまっすぐなアプローチでした。今回、カーブをつけて両側に植栽を施して、ちょっとした小径の中を行き来できるようにしました。玄関前のタイルも並べ方を互い違いにして雰囲気を出しています」と松本さん。
何気なく通り過ぎる場所が、家族も毎日心地よく、お客様だって楽しい気持ちで訪問できる。