外とつながる。家族がつながる。
暮らしを豊かにする「吹抜けのある庭」

建築家の西川拓さん・平田悠さんが設計する住宅は、空間のオリジナリティと住み心地のよさが大きな特徴。H邸もシンプルだが個性的な空間構成で、庭は「吹抜けのある庭」だという。光も風も気持ちよく入る快適な住まいから、2人の設計の魅力を探ってみよう。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

戸建てが並ぶ住宅街でも、
カーテンを閉め切らない家に

横浜市の住宅街で暮らすHさまご一家は、ご夫妻とお子さま1人の3人家族。建て替えで新居をつくることになったとき、望んでいたのは「2階にLDKがあること」「LDKから連続したテラスがあること」だった。

Hさまはほかにも、「開放感」「植物を育てる庭」「子どもが野球の素振りをできるスペース」などの要望をおもちだった。光や風がたっぷり入り、屋外との距離が近い開放的な住まいを望んでいらしたことが伺える。

設計を担当したのは、『一級建築士事務所 西川拓平田悠』の西川拓さん・平田悠さん夫妻。シンプルながらオリジナリティのある空間構成で、住み心地のよい洒落た住まいをつくってくれると評判の2人だ。

要望を受けた2人は、南西に道路があり、かつ、隣家に挟まれたH邸の敷地環境を見て「2階建てで南向きのLDKとテラスを設けても、道路や隣家からの視線が気になってしまうかも……」と考えた。

そこで、プライバシー確保と開放感を両立させるために思いついたアイデアが、「L字の家」と「吹抜けのある庭」だった。

L字の家はともかく、庭に吹抜けとはどういうことなのだろう? そもそも、吹抜けのある庭と、「テラスとひと続きの2階LDK」にはどんな関係があるのか? 気になるH邸の全貌について、詳しくご紹介していこう。
  • 外観。外壁を大きく開口しているところの内部が「吹抜けの庭」。庭の上に、庭の約半分の広さを取った2階テラスがある吹抜けの構造で上下階の一体感を創出。ライトグレーの外壁は左官塗り。内部は光を反射する白で仕上げられ、上品な色の対比で洗練された印象に

    外観。外壁を大きく開口しているところの内部が「吹抜けの庭」。庭の上に、庭の約半分の広さを取った2階テラスがある吹抜けの構造で上下階の一体感を創出。ライトグレーの外壁は左官塗り。内部は光を反射する白で仕上げられ、上品な色の対比で洗練された印象に

  • 住居とひと続きの壁や柱で囲まれた庭は頭上半分が2階テラス(写真左上)。もう半分は吹き抜けている

    住居とひと続きの壁や柱で囲まれた庭は頭上半分が2階テラス(写真左上)。もう半分は吹き抜けている

「L字の家」と「吹抜けのある庭」で、
外とつながる心地よさと一体感を創出

完成したH邸はシンメトリーなL字の建物で、Lで囲まれた正方形の部分が広い庭。L字の建物の中央は真南に向かっており、住空間の大部分が陽光あふれる南の庭に面している。

邸内のどこにいても光と風を感じられるよう、L字の建物で庭を囲んだ住宅は決して珍しくない。しかしH邸は、建物の骨格となる屋根、柱、梁などが庭まで伸び、庭が適度に囲われている点が大きな特徴。そのため庭・邸内のどちらにも外部の視線が届きにくく、心おきなくカーテンを開け、気軽に庭に出るのびやかな暮らしを満喫できる。

庭の空間デザインも洒落ている。大きく開口した白壁やコンクリート床、ウッドベンチなどが植栽スペースを囲み、海外のリゾートホテルのプライベートテラスのよう。家族が憩える屋外リビングのようでもあり、庭の楽しみ方のバリエーションも幅広い。

もう1つ、この庭を語るうえで外せないのが前述の「吹抜け」だ。庭を囲む柱などは2階まで伸びていて、庭の上部には2階LDKとつながる三角形のテラスがある。正方形の庭の上部を対角線で区切った三角形が2階テラスで、残り半分は大きく吹き抜けている状態だ。

2階ではL字のリビング・ダイニングがテラスを囲んでおり、LDKならぬ「LDKT」といいたくなるほど邸内とテラスの一体感が高い。加えて、テラスは1階の庭と吹抜けの関係にあるから、1階と2階のタテのつながりも生まれている。

テラスを介し、ダイニングで料理する奥さまがリビングで遊ぶお子さまをそれとなく見守ったり、庭で素振りをするお子さまにテラスでくつろぐご主人が声をかけたり……。

「L字の建物」と「2層で吹抜けになった庭とテラス」は、邸内の至るところに光や風を届けるだけでなく、フロアを超えた一体感も創出。仲のよいHさまご一家がつかず離れず自然にコミュニケーションを取り合える、快適な住まいとなっている。
  • 庭から道路側を見る。H邸は住居の屋根、柱、梁、壁などを伸ばして庭も囲った造りだが、庭の壁を大きく開口しているので空もしっかり見える。写真奥はL字の建物の1辺にある子ども室。手前のもう1辺には主寝室がある。どちらも庭に面し、光や風がたっぷり入る

    庭から道路側を見る。H邸は住居の屋根、柱、梁、壁などを伸ばして庭も囲った造りだが、庭の壁を大きく開口しているので空もしっかり見える。写真奥はL字の建物の1辺にある子ども室。手前のもう1辺には主寝室がある。どちらも庭に面し、光や風がたっぷり入る

  • 玄関を入ると、白壁でほどよく囲われた明るい庭が目の前に広がる。間取りはできるだけシンプルにし、収納も過度に設けなかったことで空間に余裕が生まれ、玄関ホールもゆったり

    玄関を入ると、白壁でほどよく囲われた明るい庭が目の前に広がる。間取りはできるだけシンプルにし、収納も過度に設けなかったことで空間に余裕が生まれ、玄関ホールもゆったり

  • 2階LDK。窓越しの三角形のスペースがテラス。L字のリビング(写真右)とダイニング(写真左)をつなぐようにテラスがあり、LDKTと呼びたくなるほど内と外の一体感が高い。壁は珪藻土、床は無垢の杉材。テラスからの陽光で、自然素材のナチュラルな上質感が引き立つ

    2階LDK。窓越しの三角形のスペースがテラス。L字のリビング(写真右)とダイニング(写真左)をつなぐようにテラスがあり、LDKTと呼びたくなるほど内と外の一体感が高い。壁は珪藻土、床は無垢の杉材。テラスからの陽光で、自然素材のナチュラルな上質感が引き立つ

「ここに住む幸せ」を感じられる、
街の魅力を投影した住まい

H邸は外観も邸内も、空間に余裕があるゆったりとした印象を受ける。外観では敷地ギリギリまで建物を建てず、庭などの余白を設けていることが大きな要因だろう。

邸内は3人暮らしに適したシンプルな間取りにして、過度に大きな収納はつくっていない。おかげで間取りにゆとりが生まれ、庭に面した玄関ホールなども広々。直接的な生活スペースではない部分もゆったりとした家は、心をおおらかにしてくれる。都会のワンルームマンションのように、「居場所ではないスペース」を極限まで小さくした住まいでは決して手に入らない豊かさだ。

とはいえ収納については、「収納は多ければ多いほどいいのだろうか」とHさまも悩んでいらしたという。しかしプランニングを進めるうちに「適度な収納に収まるモノだけで暮らす」と考えるようになり、今は「モノが増えない快適な生活を楽しんでいます」とのこと。収納至上主義に走らなかったことで、シンプルで心地よい暮らしを実現した好例だ。

西川さんと平田さんはいつも、「その街・その土地に住んでいること」を実感できるような家づくりを心がけているという。H邸も、庭付きの戸建てが並ぶ周辺環境のゆったりとした雰囲気を取り入れたいとの思いがあり、ゆとりある空間構成を意識した。

なぜ、2人は土地・街を大切にした設計にこだわるのか。
「例えば駅から家までの商店街や住宅街など、ご自分が住んでいる地域全体を好きになれたら幸せだと思うんです。どの街にも必ず個性があり、よさがありますから、その魅力を住まいにも投影したい。その場所で暮らしていることを実感でき、もっと好きになるような家をおつくりしたいと思っています」

西川さんと平田さんは施主にとことん寄り添い、迷ったときも根気よく付き合ってくれる建築家だ。要望や敷地環境と丁寧に向き合い、思いや個性を映し出す設計だから、完成した家には施主のためだけのオリジナリティと住み心地のよさがある。2人の力を借りれば今まで住んでいた街でも、土地購入で出合ったはじめましての街でも、住まいも街も愛せる豊かな家づくりがかなうだろう。
  • 主寝室から庭を見る。主寝室と子ども室は庭を介してはす向かいの配置。どちらも庭の爽やかな光や外気を取り込めるうえ、庭越しにお互いの気配がわかる一体感も生まれている

    主寝室から庭を見る。主寝室と子ども室は庭を介してはす向かいの配置。どちらも庭の爽やかな光や外気を取り込めるうえ、庭越しにお互いの気配がわかる一体感も生まれている

  • 2階リビングからロフトを見上げる。写真左の壁で囲われた上部は、ご主人がシアタールームとして使っているロフトスペース。写真右の壁の上部は収納用のロフト。普段は使わない季節アイテムなどをしまっておける

    2階リビングからロフトを見上げる。写真左の壁で囲われた上部は、ご主人がシアタールームとして使っているロフトスペース。写真右の壁の上部は収納用のロフト。普段は使わない季節アイテムなどをしまっておける

  • 2階ロフトの一角はご主人のためのシアタールームとして使用。シンプルな間取りだが趣味を楽しめる空間もあり、家での時間が充実する

    2階ロフトの一角はご主人のためのシアタールームとして使用。シンプルな間取りだが趣味を楽しめる空間もあり、家での時間が充実する

撮影:中島悠二

間取り図

  • 平面図

お家のデータ

作品名
house H
施主
H邸
所在地
神奈川県横浜市
家族構成
夫婦+子供1人
敷地面積
150.30㎡
延床面積
122.24㎡