閉じたファサードの先に緑豊かな洗練空間。
時間と空間の「レイヤーを重ねる家」

建築家の八田政佳さんが手がける家は、デザイン性と住み心地のよさを両立させていることが大きな特徴。重厚感漂うファサードの先に、緑あふれるくつろぎの空間が広がるM邸もその1つ。日常を豊かにする、時間と空間のつながりを意識した設計も必見だ。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

緑にたどり着くシークエンスで、
豊かな空間体験を

四角い箱を重ねたような端正な造形美。シャッターが下ろされたコンクリート壁のカーポート。風合いのある天然石で覆われた建物──。

雑多な生活を感じさせない「閉じたファサード」と本物志向の素材使いが、少し近寄りがたいほどの高級感を醸すM邸。しかし角度を変えて眺めると大きなコーナー窓と邸内の板張り天井が垣間見え、洗練された建築の中で紡がれる心豊かな暮らしを想像させる。

横浜市内の閑静な住宅街にこの家を建てたMさまは、ご夫妻と小さなお子さまの3人家族。都内のマンションで暮らしていたが、「いずれは戸建てを」との思いがあり、お子さまが就学するタイミングでの自邸建築を決めたという。

設計を担当したのは、八田政佳建築設計事務所の八田政佳さん。住み心地のよいハイデザインな住宅設計に定評のある八田さんは、意匠性と過ごしやすさの両立を希望していたMさまにぴったりの建築家といえる。

M邸の敷地は東に道路、裏手の西には大木がそびえる緑豊かな公園が広がる。この借景をぜひとも活かしたいと考えた八田さん。LDKに緑を取り込むのはもちろんだが、「道路から緑までを空間としてどうつなぐか」も、かなり熟考したという。緑に出合うまでの動線にストーリーをもたせることで、日常をより豊かに、楽しく過ごしてほしいとの思いからだ。

そして、その「解」として導き出したのが空間のシークエンスを活かした空間体験──つまり、つながっていく空間を移動する過程で変化を楽しみ、最後に出合う緑のインパクトを高める演出だった。
  • コンクリート壁のカーポートと天然石の外壁が印象的なファサード。上質なテクスチャーの外装素材と、窓が見えない「閉じた印象」が高級感を醸す

    コンクリート壁のカーポートと天然石の外壁が印象的なファサード。上質なテクスチャーの外装素材と、窓が見えない「閉じた印象」が高級感を醸す

  • タイル敷のアプローチ階段をのぼって玄関へ向かうと、コンクリート壁のカーポートの先に天然石の外壁と木板張りの大きな軒が見えてくる。邸内に入るまでに質感の異なる素材が連続していく「道行きの楽しみ」も、M邸の魅力

    タイル敷のアプローチ階段をのぼって玄関へ向かうと、コンクリート壁のカーポートの先に天然石の外壁と木板張りの大きな軒が見えてくる。邸内に入るまでに質感の異なる素材が連続していく「道行きの楽しみ」も、M邸の魅力

  • 外観夕景。明かりが灯ると1階から2階まで連続するコーナー窓が引き立ち、住宅とは思えない洒落た表情を見せる

    外観夕景。明かりが灯ると1階から2階まで連続するコーナー窓が引き立ち、住宅とは思えない洒落た表情を見せる

心満たす建築美、刻まれる時間。
空間・時間のレイヤーを重ねる家

「緑に出合うまでの豊かな空間体験」とはどういうことか。M邸を訪れるとその意味を実感する。

まず東の道路からアプローチに入ると、右手にコンクリート壁のカーポート。タイルが敷かれたゆるやかなアプローチ階段を上がっていくと、天然石と左官で仕上げられた外壁が見えてきて、テクスチャーの異なる素材の変化が目を楽しませる。

期待を胸に玄関を入ると、ガラス張りの吹抜け階段からそそぐ明るい光。光に包まれながら階段をのぼりきった2階には、高い天井と大胆なコーナー窓が圧倒的な開放感をもたらすLDK。

これだけでも連続する空間の変化にワクワクするが、加えて、2階で最初に目に入るのは、正面の豊かな緑という最上級の演出つき。八田さんは見事に、道路から裏手の公園の緑までをドラマチックにつないでいるのである。この豊かな空間体験は、YouTubeの『八田政佳建築設計事務所』チャンネルの動画を見ると臨場感たっぷりに味わえる。

天井高3.4mと実にのびやかなLDKは居心地も抜群だ。内装は板張り天井やイタリア製のタイル壁で仕上げられ、海外ホテルのロビーのような高級感。3方の大開口からは時間帯ごとに表情を変える太陽光がふんだんに差し込み、春の桜を始め、四季の移ろいを見せる公園の借景も空間に彩りを添える。

M邸には、動線上の建築的な変化が生み出す空間軸のレイヤーと、時間単位、季節単位で光や景色が変化する時間軸のレイヤーがある。さらには、そうした1日、1年を重ねるこの先の数十年に、家族の歴史を紡いでいく長期的な時間軸のレイヤーも。変化に富んだ建築の豊かさと重ねていく時間の尊さを、日々の暮らしで体感できる家なのだ。
  • 階段をのぼってLDKに入ると正面の窓いっぱいに公園の緑が広がり、一気に視界がひらける開放感と見事な自然に感動する。床から天井までの大胆なコーナー窓の効果で屋外との一体感や浮遊感も得られ、タワーマンションの高層階のよう

    階段をのぼってLDKに入ると正面の窓いっぱいに公園の緑が広がり、一気に視界がひらける開放感と見事な自然に感動する。床から天井までの大胆なコーナー窓の効果で屋外との一体感や浮遊感も得られ、タワーマンションの高層階のよう

  • 2階LDKで南を見る。LDKの南面、西面は、イタリア製の大判タイル壁の両脇に大きな窓を配したデザイン。部屋の隅が大きく開いているので視界が四方に広がり、開放感をいちだんと高めている。窓まわりには余計な壁がなく、屋外の景色が迫るように広がる

    2階LDKで南を見る。LDKの南面、西面は、イタリア製の大判タイル壁の両脇に大きな窓を配したデザイン。部屋の隅が大きく開いているので視界が四方に広がり、開放感をいちだんと高めている。窓まわりには余計な壁がなく、屋外の景色が迫るように広がる

  • 2階LDKで階段側を見る。階段側の柵は鉄骨の手すり。吹抜けの階段をのぼっているときから2階の光やインテリアをそれとなく感じられ、期待が高まる

    2階LDKで階段側を見る。階段側の柵は鉄骨の手すり。吹抜けの階段をのぼっているときから2階の光やインテリアをそれとなく感じられ、期待が高まる

耐震等級3、長期優良住宅。
性能、住み心地もパーフェクト

八田さんはいう。「住宅は生活の場ですから、性能や暮らしやすさを第一に考えます。けれど、せっかく、僕ら建築家に依頼してくださったからには、心が豊かになるハイデザインの家をおつくりしたいという思いも強いです」

美術館のような外観やホテルライクなLDKを見れば、八田さんがデザイン性の高い住宅を得意としていることはよくわかる。では実際、性能や暮らしやすさはどうなのだろうか。

その答えは「パーフェクト」といっていい。八田さんはM邸を、最もレベルが高い耐震等級3のほか、長期優良住宅、省エネ等級4に認定される性能抜群の住宅として設計。住まいに不可欠な「安心」をしっかりと担保した。

また間取りや動線の計画では、暮らしのリアルを丁寧にイメージ。「とても仲のよいご家族なので」と、子ども室は2階LDKの脇に配置。リモートワークが多いご主人の書斎も2階に配し、コンパクトで仕事に集中できる環境を整えつつ、家族の気配を感じられるようにした。ほか、1階の主寝室、水まわり、洗濯物を干すバルコニーは同じゾーンにまとめるなど、家事動線も良好にしている。

八田さんが設計する家はデザインの素晴らしさに目が行きがちだが、実はこうした暮らしのリアルへの意識がとても高い。中でも驚いたのは、最初に敷地を調べる現地調査での行動だ。通りすがりのご近所さんに声をかけ、近隣に建物が立つ予定の有無や、ごみ収集所の場所などを「取材」するのだという。そして初回から、それらの情報をふまえたプランを提案。

知らない人に物おじせずに「取材」するとは、明るく気取りのない八田さんらしいエピソードだ。施主のために動いてくれるフットワークの軽さもさることながら、洗練を極めた作風といい意味でギャップのある親しみやすい人柄も、人気の理由なのだろう。
  • キッチンはLDK全体から屋外まで見渡せる配置。背面の通路の幅は1.2m。ショールームのようにゆったりとした造りで、家族みんなで料理を楽しむこともできる

    キッチンはLDK全体から屋外まで見渡せる配置。背面の通路の幅は1.2m。ショールームのようにゆったりとした造りで、家族みんなで料理を楽しむこともできる

  • 2階ダイニングスペース。写真左へ進むとキッチンがあり、動線がとてもよい。写真右の白い引き戸の先はご主人の書斎

    2階ダイニングスペース。写真左へ進むとキッチンがあり、動線がとてもよい。写真右の白い引き戸の先はご主人の書斎

  • 1階主寝室。南の掃き出し窓を挟むようにスリット窓と出窓を設けた。朝日から夕陽まで時間帯ごとの光が入り、風も通る。写真右手に行くと洗面・浴室。洗濯物は窓越しのバルコニーに干せるので家事動線は抜群。雨天時のことも考え、天井には室内物干しの器具も設置(写真左上)

    1階主寝室。南の掃き出し窓を挟むようにスリット窓と出窓を設けた。朝日から夕陽まで時間帯ごとの光が入り、風も通る。写真右手に行くと洗面・浴室。洗濯物は窓越しのバルコニーに干せるので家事動線は抜群。雨天時のことも考え、天井には室内物干しの器具も設置(写真左上)

間取り図

  • 1F 平面図

  • 2F 平面図

お家のデータ

作品名
レイヤーを重ねる家
施主
M邸
所在地
神奈川県横浜市
家族構成
夫婦+子供1人
敷地面積
166.20㎡
延床面積
127.79㎡
予 算
5000万円〜