建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

多趣味を受けとめるナチュラル空間!安心快適も実現した秘密とは

 ビルトインガレージ、緑豊かなウッドテラス、パン台のある広々キッチン……。多趣味なNさん夫妻のために建築家の長谷山泰三さんがつくったのは、無垢材を贅沢に使った明るく心地よい住まい。空間の魅力だけでなく、安心・快適な性能も併せ持つ心強い家だ。

小技を利かせたデザインで木を楽しむ、明るく開放的なLDK

 「空中をのぼる」。N邸の玄関ホールにある、木製ステップのスケルトン階段を上がっていくときの感覚だ。手すりのデザインも軽やかで、木製のステップが宙に浮いているようにも見える階段の向こうには、吹抜けの窓と隣家の緑。N邸の玄関扉を開けると光を浴びた緑をバックにこの階段が現れ、素敵な「家の始まり」を演出する。

 現在のN邸は、Nさんのご実家が所有していた築50年の空き家を取り壊し、新たにつくった住まいである。敷地はNさんのご両親が営むコンビニとその駐車場の裏手に位置しており、家の前は不特定多数の人が出入りする環境。こうした立地条件から、在宅中のほとんどの時間を過ごすLDKはプライバシーを守りやすい2階とした。

 依頼を受けた建築家の長谷山泰三さんの設計は、使用頻度の高い玄関からLDKへの動線が洒落ている。玄関を入ったらまず階段へ向かうのだが、階段のある玄関ホールにビルトインガレージが見える窓が設けられ、Nさんの愛車をチラ見できるという仕掛け。そして前述の階段で窓越しの緑を横目に2階へ上がると、フロアぶち抜きの開放的なLDKが広がるのである。

 LDKの第一印象は、「明るい、爽やか!」。この印象をもたらす立役者は南の窓からたっぷり入る陽光と、天然木のすがすがしい風合いだ。ウッドテラスの豊かな緑が広がる窓のほか、大きなハイサイドの窓もあり、ダイニングやリビングで視線を少し上に向ければ青い空がすぐそこに。その高い窓からはまばゆい光が燦々と降りそそぎ、フロア全体を明るく照らす。

 木の風合いを気持ちよく楽しめるのは、長谷山さんの細やかな心遣いによるところが大きい。たとえば、空間のイメージを大きく左右する床と天井。LDKはNさん夫妻の希望でどちらも贅沢に無垢のスギ板を用いているが、床と天井の板はちょっと違う。床は黒い節のあるスギ板、天井は無節のものと使い分けているのだ。

 長谷山さんによると、「節はスギの特徴のひとつで味わいを生みますが、上下共に節があると視覚的に重いんです。ですので天井は節のないスギ板を使い、木の風合いを楽しみつつ、すっきりした印象も得られるようにしました」とのこと。

 梁と柱は丈夫なマツ。表に出して見せることで木の存在感を際立てた。LDKの中ほどには、30cm角の太い大黒柱もある。「これは構造上で必要な柱なのですが、本当は、こんなに太くなくても大丈夫なんです(笑)。太くした理由はインテリア性です。LDKが広いので、ここの柱は太い方がデザイン的に落ち着きます」

 梁はつなぎの金具が見えないように施工したり、ドアや窓の枠に用いた木は “みえがかり(見える部分)”だけを細くして洗練された表情にするなど、デザインに対する長谷山さんの工夫は枚挙に暇がない。そのどれもが、言われてみると「ああ!」と納得するのだが、素人は言われなければ気づかないほどさりげない。

 この「さりげなさ」こそが、計算し尽くされたプロの仕事といえるのだろう。それほど、無垢材をふんだんに使ったN邸のLDKは、デザインのバランスがとても自然。深呼吸したくなるような清潔感にあふれ、五感がすんなり馴染む居心地のよさに頬がゆるんでしまうのである。
  • 2階 ダイニング・リビング/LDKは2階。南には大きなハイサイドの窓もあり、明るい光がそそぎ込む。写真中央の柱はあえて太くしてデザインのバランスをとった。造り付けの収納付きテレビ台は、以前から使用している家電に合わせたもの。大空間で少し囲まれている形になり、リビングの居心地が落ち着く

  • 2階 ダイニング・キッチン/床は節のあるスギ、天井は無節のスギを用いることで、天然木の風合いがありながらすっきりとした印象に。キッチンはダイニングとリビングを見渡せるレイアウトで、どこにいても気軽にコミュニケーションがとれる。キッチンカウンターの下部はキッチン側もリビング側も収納を設けている

  • 2階 LDK/“木を見る楽しみ”を損ねないための長谷山さんのこだわりは徹底している。むき出しとした梁は、金具が見えない施工。ダウンライトの配線もすべて梁の中に通してある

地震に強く、空気もきれい。快適空間で暮らしを満喫

 Nさん夫妻の希望通り天然木のおおらかな空間をつくり上げた長谷山さんは、住宅としてのスペックも重視した。なかでも積極的に提案したのが高気密・高断熱・高耐震の3点だ。カギを握っているのは、壁に仕込んだ気密、断熱性に富む高性能パネルである。併せて、換気しにくいという高気密住宅の課題を解消すべく、汚れを除きながら外の空気と室内の空気を循環させる24時間換気システムを導入した。

 このパネルは柱だけでなく面、つまり壁でも耐震を高める効果があり、Nさんたちが望んでいた仕切りの少ない大空間の実現にも一役を買っている。長谷山さんは住宅の性能、とくに耐震への意識が高い。常に新しい工法にアンテナを張り、有効と判断したものを採用しているという。

 実際の住み心地は上々なようで、「私は冷え性で家の中に寒い場所があるのが嫌だったんです。この家は換気システムと高気密・断熱の相乗効果で一度温まると室温が下がりにくく、どこにいても同じ温かさ。窓を閉めていても空気がきれいで快適ですよ」と奥さま。ご主人も「東日本大震災のときもまったく問題ありませんでした」と笑顔だ。

 家の居心地がいいと、家での時間も充実する。奥さまの趣味であるパンづくりのための専用台が置かれたキッチンは、実に広々。造り付けの食器棚やカウンターの収納スペースには、料理好きとひと目でわかる器具や調味料がずらりと並ぶ。

 リビングの一角にかかった、ロフトに上がる可愛らしい梯子は「僕がつくりました」とNさん。「NさんはDIYがお得意なんです。ビルトインガレージも僕は空間をつくっただけ。道具を置く赤い棚を付けたのはNさんなんですよ」と長谷山さん。「Nさんご夫妻は、ご自身の自由なセンスでこの家を楽しんでくださっているのがわかる。設計者としては嬉しいですね」

 テレビ台の上の梁にはみずみずしいグリーンが絡む。ウッドテラスに出ると、四季折々に花を咲かせるたくさんの鉢植えが置かれていた。料理に愛車とグリーンの手入れにDIY。「休日は、ドライブに出かけたりもしますよ」とは言うものの、Nさん夫妻は家でやりたいことが盛りだくさんな様子。長谷山さんがつくった快適で心地よい住まいは、“家での楽しみ”を倍増させる最高の舞台となっているようだ。


作った人:長谷山泰三さんコメント

 最初は築50年の空き家のリフォームのご相談だったのですが、床は落ちかけ、かなり悪い状態でリフォームは難しいと判断。建て替えをご提案しました。内装はご希望に合わせて無垢材をふんだんに使用。建材はすべて質感、見せ方の細かなところまでこだわり、すっきりとバランスのとれた空間を目指しました。気密、断熱、耐震と共に換気も意識したシステムなどを取り入れ、住宅としての性能も高い仕様です。安心して快適に住んでいただけると思いますよ。


住んでいる人:ご夫婦コメント

 テレビ番組のように、古い家屋もリフォームで一変するかと思ったのですが現実は違いましたね(笑)。建て替えにあたっては、無垢材の使用と仕切りのない大空間を希望しました。スギの床は話に聞いていた通り感触がいいですし、明るく広々としているのでDIYやインテリアなど家での楽しみが増えました。断熱、換気を始めとする性能強化は長谷山さんのご提案でしたが、家の中全体の室温が安定して住み心地は抜群。思い切って建て替えてよかったと思います。
  • 2階 LDK/テレビ台の上の梁にはグリーンが絡まり、木と緑のナチュラルなインテリアが心を和ませる。写真奥の壁中央にある小さな丸いものは24時間換気システムの換気口。要所要所に設置されており、気密性の高い住宅でも常にきれいな空気を保つ

  • 1階 ビルトインガレージ/Nさんが丁寧に手入れをしながら長年乗り続けている愛車の根城。赤い棚はNさんのDIY。「Nさんはこういう色の取り合わせなどのセンスが本当にいいと思います」と長谷山さん

  • 2階 ワークスペース/リビングの一角にはパソコン作業などのためのワークスペースを設置。広いLDKの中で一緒いてもそれぞれ好きなことを行える、ほどよい距離感が嬉しい。写真右奥の梯子は、DIYが好きなNさんの手づくり

撮影:アトリエあふろ(鈴木暁彦)

お家のデータ

この建築家に
問い合わせる