手間暇惜しまず、じっくり寄り添い
施主の理想を実現した整骨院と自宅

柔道整復師・スポーツトレーナーをされている施主のTさん。出身地である古河市で、自宅兼整骨院を建てようと依頼をしたのは、茨城県結城市を中心に地域や風土に根ざした家づくりを行っている建築家、NIDO一級建築士事務所の飯野さんでした。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

土地探しからショールームめぐりまで
施主に寄り添い、ワンチームに

茨城県古河市の中心地に、グレーとホワイトの対比が美しい建物がある。2021年3月にオープンしてから、早くも「腕が良い」と評判となっているTさんの整骨院兼自宅だ。古河駅からは徒歩10分ほど。付近には、大型ショッピングセンターもあり利便性の高い地域。また、この地域の移動に欠かせない自動車の駐車スペースも数台分確保できる十分な広さもある。整骨院としての立地の良さだけでなく、暮らしやすさも兼ねた絶好の環境だ。Tさんは、飯野さんと共に10候補ほどの土地を回り、ようやく理想の土地に巡り会えたのだという。

実は飯野さんとTさんは、患者と先生の関係。Tさんは、それまで飯野さんの地元である結城市の整骨院で働いていて、そこに飯野さんが患者として通っていたのだという。

「何度か施術に通っている中で仕事の話となり、こんなことをやっているので、よかったら遊びに来てくださいといった感じで、私が主催するオープンハウスの案内をしたところ、Tさんが来てくれたんです」と飯野さん。

ちょうどその頃、地元である古河市に戻り、整骨院兼自宅を建てたいと思っていたTさん。オープンハウスを訪れ、飯野さんの仕事に触れ「家づくりをお願いするのは飯野さんしかいない」と感じたのだという。
「飯野さんが手がけた物件の外観や内装も素敵で、家づくりの工夫やこだわりに、私も妻も一目惚れしました」とTさん。

こうして、Tさんと飯野さんの整骨院・自宅づくりがスタートしたのだ。

飯野さんの仕事の特徴は、施主に「寄り添う」こと。
建築士としてただ建物を設計するのではなく、土地も一緒に探す、住宅ローンも専門家と共に相談に乗る、ショールームに同行し部材選びのアドバイスを行うこともしばしば。そして、プランづくりにおいても、じっくり時間をかけ丁寧にヒアリングを行う。ときには食事を共にし、雑談の中から施主やご家族の興味・関心やライフスタイルを探り、住まいに対するイメージを共有していくのだ。

実際、Tさんとも何度となく対話を重ねた。「仕事のお昼休みに、事務所に打ち合わせに来て頂いたり、一緒に食事をしながらお話をしたりもしました」と飯野さん。

プランづくりの前に、じっくり時間をかけることは、一見すると非効率のように感じるが、飯野さんはその手間暇を惜しまない。「施主の本音を探ること」「丁寧に関係性を築き1つのチームになること」こそが、飯野さんにとって最も大切なことであり、満足度の高い家に仕上がる秘訣なのだという。
  • 古河の中心にあり、道路からの視認性も高いT邸。住宅は白、整骨院はグレーといった対比が美しい

    古河の中心にあり、道路からの視認性も高いT邸。住宅は白、整骨院はグレーといった対比が美しい

  • 整骨院側には、車数台が停められる広々スペース。プライバシーに配慮し、住宅側の窓は必要最低限に抑えた

    整骨院側には、車数台が停められる広々スペース。プライバシーに配慮し、住宅側の窓は必要最低限に抑えた

  • 住宅の玄関は、整骨院の裏側に。整骨院の中二階の下のスペースは、家族の物置として活用できるよう、扉を設けた

    住宅の玄関は、整骨院の裏側に。整骨院の中二階の下のスペースは、家族の物置として活用できるよう、扉を設けた

  • 柔らかく、清潔感のある整骨院スペース。高さのある天井を生かした高窓は、患者さんのプライバシーを守りつつ、陽光を室内に導く。中二階にプライベートルームも完備

    柔らかく、清潔感のある整骨院スペース。高さのある天井を生かした高窓は、患者さんのプライバシーを守りつつ、陽光を室内に導く。中二階にプライベートルームも完備

  • 奥行き感のある、広々リビング。左側には畳敷きの和室コーナー。グレーのアクセントウォールで、部屋全体の柔らかさの中に、落ち着きをもたらした

    奥行き感のある、広々リビング。左側には畳敷きの和室コーナー。グレーのアクセントウォールで、部屋全体の柔らかさの中に、落ち着きをもたらした

共通点は癒しの空間
整骨院と自宅それぞれの独自性を確保

では、T邸はどのような仕上がりとなったか見ていこう。

古河市の中心を南北に走る国道から、T邸が見えてくる。白く清涼感のある2階建て部分は自宅、その奥のグレーの建物が整骨院部分だ。逆L字に2つの建物が繋がっているようなイメージ。建物を同一の外観とせず、あえて色分けをすることで、整骨院と自宅、オンとオフをきっちりと分けたデザインとした。

敷地の使い方にも飯野さんは工夫をこらした。
「この地域は車での移動が主で、訪れる患者さんの多くも車で来院されることを考え、メインの道路側に開けた形で整骨院を配置しました」と飯野さん。
角地の敷地の角部分に整骨院を設けた。それは、幹線道路から整骨院がよく見えるよう、また整骨院前に設けた駐車スペースに入りやすい配置とするため。整骨院が来る人を迎え入れやすいようにという配慮だ。

こうなると、住宅の前に患者さんの車が停まるような形となるが、プライバシーへの配慮も抜かりない。自宅1階の駐車場サイドは、パントリーや和室、階段などのスペースにすることで、極力窓を排除。自宅の玄関やリビング、ウッドデッキなど開かれた部分は逆サイドにまとめたのだ。いわば、駐車場には背を向けた形となり、家族は訪れた患者さんからの視線や車を気にすることなく、生活できるようにした。建物の構造においても、オンとオフを切り分けたのだ。

自宅の中に入ってみると、敷地の裏側とは思えないほど明るいリビング・ダイニングが広がる。キッチンに設けられた大きな窓から光が差し込み、室内を明るく照らしているのだ。フローリングの木の温かみ、白い壁の清涼感も、居心地の良さを感じさせてくれる。

Tさんのこの家のお気に入りポイントの1つでもあるキッチンは、奥様の意見を反映した飯野さんの完全オリジナル。ミーレの食洗機を入れたいというリクエストに応え、天板のステンレスの厚みにまでこだわった力作だ。当初は、既製品の導入を考え、何度もショールームに足を運ぶも、理想のものに出会えず飯野さんが作成することとなったのだという。収納は扉をつけないオープンシェルフを採用。見せる収納とすることで、いつもキッチンが片付いているという状況をつくりだした。

もうひとつのお気に入りが、リビングの先にあるジョリパット(塗り壁)のアクセントウォール。柔らかみを感じさせる室内の中、テレビが置かれ視線が向きがちな壁に色を入れることで、落ち着きをもたらした。理想のグレーを求め何度も試し塗りをするなど、手をかけただけある仕上がりとなった。

一方の整骨院側、外観は自宅との色合いの違いを出したが、内装は共通点が多い。木の温もりを感じさせるフローリング、白く清潔感のある壁。天井校の高さを利用した高窓から、太陽の光を導き、明るさを感じさせてくれる。外からは患者さんの様子を伺うことができないよう、プライバシーの配慮も抜かりない。

自宅、整骨院ともに、ゆったり落ち着く、「癒しの場」として相応しい建物となった。
この仕上がりにTさんも「コストと仕上がりを絶妙なバランスで実現してくれた」「理想の家に仕上げていただいて感謝している」とコメント。

じっくりと対話を重ね、施主の叶えたいことを探った上で、類まれなるアイデアで理想の家に仕上げる飯野さんの手腕に、ファンが多いのも頷ける。

飯野さんは、定期的にオープンハウスを行っているというが、飯野さんのお客さんの多くがそれに快く協力してくれるのだという。それは、自身の家が人に見てもらいたくなるくらいの出来栄えだからと言えるのではないだろうか。さらに「飯野さんに協力したい」「飯野さんの家の良さをもっと他の人にも知ってもらいたい」という思いなのかもしれない。そう思わせるほど、飯野さんとの関係や絆が深くなっているのだ。
「こだわりの注文住宅を作りたいなら、飯野さんにお任せすれば間違いない」とTさんも太鼓判を押すほど、飯野さんにも、飯野さんがつくる家にも魅力がいっぱいだ。
  • 天板のステンレスの厚みにまでこだわった、完全オリジナルキッチン。オープンシェルフで見せる収納とした

    天板のステンレスの厚みにまでこだわった、完全オリジナルキッチン。オープンシェルフで見せる収納とした

  • 家族が寛ぐリビングの外には、ウッドデッキと庭が広がる

    家族が寛ぐリビングの外には、ウッドデッキと庭が広がる

  • 玄関脇にある、大容量の収蔵庫。コロナ禍にあって、奥様のワーキングスペースとしても活用されているのだとか

    玄関脇にある、大容量の収蔵庫。コロナ禍にあって、奥様のワーキングスペースとしても活用されているのだとか

  • リビング奥にある、洗面、バス、トイレ。様々な既成の部材を上手に組み合わせ、唯一無二のものに仕上げた

    リビング奥にある、洗面、バス、トイレ。様々な既成の部材を上手に組み合わせ、唯一無二のものに仕上げた

  • 2階の寝室。2階はこの部屋のほか、ウォークインクローゼットと子供部屋。子供部屋は扉を入れ、2分割できる設計とした

    2階の寝室。2階はこの部屋のほか、ウォークインクローゼットと子供部屋。子供部屋は扉を入れ、2分割できる設計とした

撮影:lassic Photo Works

お家のデータ

施主
T邸
所在地
茨城県古河市
家族構成
夫婦+子供3人
敷地面積
370.05㎡
延床面積
118.98㎡
予 算
3000万円台

この記事に関わるキーワード