建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック) | 理想の注文住宅を建てよう。建築事例一覧、建築家検索ならおまかせください 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

細長空間で実現した終の棲家「クジラの家」

リタイアしたYさんご夫婦が終の棲家を建てるべく購入した、埼玉県の細長い土地。ここに建築家の矢嶋一裕さんと共につくり上げたのは、土地の形状を生かして家中に光が溢れる横長の家だった。独特の外観だけでなく、建物の中も斬新なアイディアで溢れるY邸。その全貌をご紹介します。

家に居ながらにして四季の変化や外部の景色を常に感じられる住まい

60代夫婦のためのお住まいである。今まで住んでいた家が道路拡張のため立ち退くことになり、新たに住む場所を探すことになったYさんご夫婦。ご夫婦ともに仕事を退職した直後であったため、「のんびり田舎暮らしをする」「あえて便利な都会に移り住む」など、いろいろな選択肢を考えたが、地縁のある住み慣れた土地が一番良い!ということで、今まで暮らしていた近くに土地を求め、新たに家を建てることになった。

そこで、住まいづくりを相談したのが、建築家の矢嶋一裕さんだった。矢嶋さんは、設計だけではなく、土地探しからYさんご夫婦にアドバイスを行った。敷地は田園の中にある間口10m、奥行50mという特異な形状の土地をあえて選択。一般的には好まれない極端に細長い形状の土地だが、おおらかな環境とすべての居室を南向きに配置でき、家の内部と外部が一体化したようなユニークなプランの家が建てられると考え、矢嶋さんはYさんご夫婦にお勧めしたとのこと。

矢嶋さんは「Yさんご夫婦にとって、ここが終の棲家となります。今はお元気で、遊びや旅行に出掛けることも多いようですが、リタイア後は家の中で過ごす時間が長くなるのは避けられません。そのとき快適であることはもちろんのこと、家の中に居ながらにして日々の変化が感じられる楽しい住まいにしたいと考えました。Yさんご夫婦が、日長テレビを観て過ごすような住まいにはしたくありませんでした。そこで、家の中と外が密接に繋がり、自然と庭の景色を眺め、四季の変化や窓からの刻々と変わる光を感じられるようなデザインにしました」と語る。

生活のすべては1階で完結し、テラスと水廻りを中心にLDKと個室を分けて配置。2階は絵が趣味のYさん婦人のためのアトリエとした。
  • 居住空間の天井の高さの違いが外観に独特のアクセントをつけている

  • トクサを植えた中庭から見たリビング。庭にはヒメシャラ、ハナミズキ、竹、ハクレンなど異なる木が植えられており、季節の変化を楽しむことができる

  • 大きな窓から明るい陽射しが入るキッチンとダイニング。

単調になりがちなバリアフリー空間に変化をもたらす傾斜天井

もともと工務店が建てた一般的な2階建て住宅に住んでいたというYさん。最初は矢嶋さんの大胆な提案に驚いたというが、矢嶋さんの話を聞いているうちに、少しずつ横長の家での暮らしにイメージがついてきたという。「前の家は居間は南側でしたが、応接室といった雰囲気だったためあまり使いませんでした。一方、家族が長く過ごすダイニングキッチンは暗く寒い北側だったのです。それだけに、どこにいても南側の明るい日が入る矢嶋さんのプランは、とても魅力的に思えました」。こうして、Yさんも矢嶋さんのプランに賛同。土地の形状にピッタリ合う、Y邸が完成することとなった。

将来を見据えて、床は当然のことながら段差のないバリアフリー住宅。単調になりがちな空間に変化をもたせるため、天井に高低差をつけたのが、この家の大きな特徴である。外観をみてもわかるように、テラスを中心に屋根はなだらかな傾斜を描き、端にいくほど高くなっている。「シンプルでありながらも、飽きのこない変化に富んだ世界を構築して欲しい、というのがYさんご夫婦のご要望でしたから」と矢嶋さん。床に高低差が付けられない代わりに、天井高や景色の見え方で変化をもたせたわけである。

家の中央に配置したデッキテラスはLDの延長として活用し、バーベキューなどを楽しむことができるが、実はそれだけではない。廊下を挟んですぐ近くに水廻りを集中的に配置したのは、洗濯をして、デッキで干し、取りこんで畳むといった一連の家事作業を、年齢を重ねて身体が衰えてもスムーズにこなせるように配慮したもの。また、キッチンも同様に、パントリーと戸外のゴミ置き場が隣接し、調理・食品補充・ゴミ捨てといった一連の作業がスムーズに行えるよう配慮している。

特別豪華な内装を施したり高価な調度品を置くという手法ではなく、床と天井に用いられている木の素材を生かした温もりを感じられるシンプルなインテリアが、かえって戸外の景色や光の変化を際立たせる。2階のアトリエもまたうらやましい限りのスペース。誰にも邪魔されず自分の世界に入り込める。今までの人生に対するご褒美のような空間だ。

この家に住み始めたYさんは、四季を感じられる庭と日当たりの良さに、とても満足しているそう。「夏は全部がつながっているのでどこでも風が通り抜けますし、冬は引戸でそれぞれの部屋が仕切れるので暖房することも問題ありません。」と話す。これからもこの家を舞台に、楽しいリタイアメントライフが続いていくに違いない。
  • ダイニングから見たリビングスペースと2階のアトリエ。夏の暑い日でも、繋がったそれぞれの部屋に風が通り抜ける。

  • プライベートスペース側の廊下と書斎。どこからでも庭を眺めることができる

  • リビング。窓の向こうにはテラスを挟んでプライベートスペースである書斎を望む

間取り図

  • 間取り図

お家のデータ

所在地
埼玉県吉川市
家族構成
夫婦
予 算
4000万円台
この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)