建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック) | 理想の注文住宅を建てよう。建築事例一覧、建築家検索ならおまかせください 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

「子育て」住まい特集

お子さんの出産や進学を機に、家を建てようと思い立つ方は、大変多くいます。
「家事をしていても、子どもの行動が視界に入るようにしたい」「子どもをのびのび育てたい」「自然と勉強机に向かうような環境を整えたい」など、夫婦によって、その想いは様々。
そんな「想い」をカタチにしたこだわりの住まいを、ここでは紹介します。ぜひみなさまの家づくりの参考にしてください。

遊び・採光・景観の3役。 八角形の中庭のある家

子供たちを伸び伸びと育てたい…!そんな建主の要望は、「中庭のある家」。
建築家の渡辺さんが出した答えは、八角形形をした芝生の広場。
八角形にしたことで、子供達がグルグル走り回ることができるほか、どの部屋からも中庭の様子を見渡すことができるようになった。

建主のこだわりが満載! 機能性・実用性・遊びが両立する家

随所にハンモックやブランコのようなアイテムがあり、お子様にとって居心地が良いことと同時に遊べる家になっているこちらのお家。さらに、西側の壁はボルダリングウォールになっており、子どもも大人も登ることができるようになっている。
遊びだけではなく、大胆な吹き抜けや、ベットルームにあえて段差を作り設けた収納など、機能性・実用性・遊びを両立させている。

リビングを中心に 家族の気配を感じ取れる 都会派西海岸住宅

建築家の幸田さんが出したのは、建主の要望である西海岸風住宅を実現するだけでなく、ヒアリングの中で感じ取った「家族の和」というコンセプトを生かした提案。
間取りを考える上で家族の集うリビングを中心に据え、家族が家のどこにいてもその気配が感じられるようになっている。なにより、リビングが一番居心地のよい空間であるように、吹き抜けを作り、光を取り込み、開放的な空間に仕上げた。

日々の暮らしをもっと楽しく! 室内外を行き来できる回遊する家

キッチンからは料理をしながら四季折々の自然の姿を楽しむことができるほか、家族が寛ぐ場であるリビングの窓の外にも緑が広がる。
さらに北向きには、家族みんなで作業できるスタディールームも設けられており、どこにいても家族の気配を感じることができる。工夫されているのは、リビングとダイニングをつなぐ廊下とは別にキッチンからダイニングや水廻りに行けるようなサービス動線を設け、回遊性のあるプランを実現していること。この田中さんの創意を凝らした設計により、子供たちが2階を自由に動き回る姿をあらゆるところから見守ることができる、開放的な空間が完成した。

家族とともに、 成長していく家

リビングの奥の屋根裏部屋のようなスペースは、ご主人の隠れ家的な場所。また、キッチンの奥には奥様専用の作業デスクがあり、DIY好きの奥様のちょっとした作業スペースとなっている。さらに階段を上った先にあるロフトは、子ども部屋。今は壁がないオープンスペースとなっているが、将来的には仕切りを作って個室にすることもできる。そのほか、キッチンにも棚を作れるスペースが確保してあったり、今後手を入れられる余地を残している。