建築家が考えたアイデア家具をDIY。
ローコストリノベで住み心地アップ

楽しみながら住空間を一新できるDIY。しかし、家具をつくるとなると、設計図を描く難しさに心が折れた人も多いのでは? 建築家の久保和樹さんが手がけるサービスを利用すればそんな悩みも一気に解消。手軽なローコストリノベーションも夢じゃない。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

つくりやすさ、価格、強度も優秀。
プロのノウハウを詰め込んだ家具をDIY

家で過ごす時間が長くなった昨今、住まいの過ごしやすさを見直している人も多いのではないだろうか。DIYが好きなら、この機会に住空間のバージョンアップを図ろうと考える人もいるだろう。

そんなとき、検討課題の1つになるのが家具だ。もっと機能的に収納したい、家具を変えて住まい方も変えたい……etc.

とはいえ予算の問題もあるし、DIYでつくるとしても、製作はともかく設計図を描くのはハードルが高い。

ところが、多くの注文住宅とそれに伴う造作家具を設計してきた建築家が、機能的かつ実用的な家具のDIYをサポートしてくれるサービスがあるという。H2DO一級建築士事務所の久保和樹さんが手がけるそのサービスの名は『イタカグDIY』。いったい、どんなサービスなのか。

久保さんいわく、「イタカグDIYは家具の設計図と組み立て説明書をお届けし、その設計図をもとにDIYをしていただくサービスです。造作家具のように空間にフィットしますが壁に取り付けたりしないので、賃貸住宅でも気軽にお使いいただけます」

イタカグDIYのコースは以下4つ。

【1】スタンダード家具
イタカグDIYの定番家具。HPにある設計図を無料で使える
https://ryudoshoten.tokyo/diy/diy/
【2】セミオーダー家具
スタンダード家具を指定サイズにカスタムした設計図を作成
【3】フルオーダー家具
要望に合わせてオリジナル家具の設計図を作成
【4】部屋ごとリノベーション
イタカグDIYを利用してリノベーションする設計図を作成

設計のプロが家具の設計図を描いてくれるとは、なんとも贅沢。しかも、スタンダード家具の設計図は無料。HPから自由にダウンロードできるという大盤振る舞いだ。

イタカグDIYの魅力の1つは、そのつくりやすさにある。ホームセンターに設計図を持ち込んで指定の材料を購入・カットサービスを利用すれば測って切る手間が省け、部材が容易に手に入る。あとは自分でビスを打ち込んで組み立てるだけ。インパクトドライバー1本あれば手軽につくることができる。

価格面の魅力も大きい。設計料はセミオーダーが1万円~、フルオーダーが10万円~。指定された材料でつくると材料費も安価で済み、材料費込み総額約30万円のフルオーダーで、ロフトや家具付きの子ども部屋をつくったクライアントもいるという。

そして設計のプロならではの頼もしさを実感するのが、強度への配慮だ。

住宅設計が本業の久保さんは、当然、木材についての知識が豊富。その知見を活かして選んだのは構造用合板。ビスを打ち込みやすくローコスト、何より、家の骨格づくりに使われるものだから強度が高い。

久保さんはこの構造用合板の性能をふまえ、安定感があり耐荷重も大きい家具を設計してくれるのだ。さらに、設計図通りにつくれば材料の無駄はほぼ出ない。趣味のDIYではなかなかできることではないだろう。
  • 写真左が食器棚、右がクローゼット。久保さんによると「DIYが好きな方なら簡単につくることができます」とのこと。建築家が設計した家具とあって、機能も強度もよく考えられている。インテリアに合わせやすいシンプルなデザインも好評

    写真左が食器棚、右がクローゼット。久保さんによると「DIYが好きな方なら簡単につくることができます」とのこと。建築家が設計した家具とあって、機能も強度もよく考えられている。インテリアに合わせやすいシンプルなデザインも好評

  • クローゼットは、無料で設計図をダウンロードできるスタンダード家具。このお宅ではクローゼットの間に板をかけるタイプのものを製作し、デスクや飾り棚としても使えるようにしている

    クローゼットは、無料で設計図をダウンロードできるスタンダード家具。このお宅ではクローゼットの間に板をかけるタイプのものを製作し、デスクや飾り棚としても使えるようにしている

  • 写真右側のノビルームの間仕切りを引き込んだ状態。床を小上がりとして使えて大勢の来客にも対応可能。ベンチとして気軽に腰掛けるのもいい

    写真右側のノビルームの間仕切りを引き込んだ状態。床を小上がりとして使えて大勢の来客にも対応可能。ベンチとして気軽に腰掛けるのもいい

  • キッチンから室内を見る。写真左側には設計料無料のスタンダード家具を壁面収納として並べている。高さや奥行きが揃っていて見た目がよく、造作家具のよう。写真右側はノビルームの間仕切りを出して囲った状態。ワンルームの大空間でも独立感を得られ、リモートワークに最適

    キッチンから室内を見る。写真左側には設計料無料のスタンダード家具を壁面収納として並べている。高さや奥行きが揃っていて見た目がよく、造作家具のよう。写真右側はノビルームの間仕切りを出して囲った状態。ワンルームの大空間でも独立感を得られ、リモートワークに最適

  • 食器棚は、スタンダード家具の設計図をカスタムしてくれるセミオーダーで製作。空間にぴったり収まるように幅を調整してあり、見た目も使い勝手もGOOD

    食器棚は、スタンダード家具の設計図をカスタムしてくれるセミオーダーで製作。空間にぴったり収まるように幅を調整してあり、見た目も使い勝手もGOOD

イタカグDIYで快適・便利に。
総額30万円のリノベーション事例

では、実際にイタカグDIYを使って住まいをリノベーションした事例を見てみよう。住まいは広さ約45㎡の賃貸マンション。間取りはワンルームで、住んでいるのはご夫妻だ。

要望は、ご夫妻ともにリモートワークが増えたのを受け、仕事も生活もしやすい空間にリノベーションすること。併せて、収納のないワンルームの部屋にクローゼットや食器棚も欲しいと考えていた。賃貸なので原状回復できることも条件だが、前述の通りイタカグDIYならこの点は問題ない。

まず、クローゼットは設計料無料のスタンダード家具で製作。空いてしまったスキマにはバーを設置し、吊るすタイプの小物収納で空間をフル活用している。食器棚はスタンダード家具をカスタムするセミオーダー。空間にぴったり収まるように調整した設計図を久保さんが用意した。

リモートワーク対策には、「気分やTPOに合わせていろいろなところで仕事ができるように」という久保さんの配慮で、ボックスルームと『ノビルーム』を導入。

スタンダード家具のボックスルームは半畳ほどの広さで、場所をとらずに個室感覚で使えるすぐれもの。扉を閉めればWEB会議も気兼ねなく行える。

フルオーダーのノビルームは、久保さんが住宅設計時にも取り入れることがある可動式の個室だ。イタカグDIYでは収納ボックスを並べて小上がりをつくり、引き出し式の間仕切りを設置する。間仕切りを出して囲えば小上がりがコンパクトな個室になり、仕事にも最適な空間に。夜はここに布団を敷いて寝てもいい。逆に、間仕切りを引き込めば小上がりやベンチとして利用でき、来客時に大活躍してくれる。

注目すべきは、この住まいに取り入れたイタカグDIYの設計料・材料費の総額が約30万円ということ。30万円で実用性が担保された機能的な収納を得て、間取りを変えられるフレキシブルな空間にDIYリノベーションできたことに驚く。

ご夫妻も、「広いワンルームの開放感を損ねずに、仕事もプライベートも充実する住まいになりました。クローゼットも食器棚も安定感があって使いやすい家具です。ノビルームは仕事部屋のほか寝室にもなるので、ベッドが不要になって空間はすっきり。とても暮らしやすいですね」と大満足。

おそらく久保さんは、世の中の全ての住空間に愛がある建築家なのだろう。最後にこんなことも話してくれた。

「僕は普段、注文住宅やその住宅に合わせた1点物のオリジナル家具をつくっています。でも、『注文住宅×オーダー家具』の対極ともいえる『賃貸住宅×DIY』でも豊かに快適に暮らせたら……との思いもありました。その思いを形にしたのが、イタカグDIYなのです」

住み心地のよい洒落た住まいをつくる久保さんのセンスとスキルを享受できるのは、自邸の設計を依頼した施主だけではないのだ。

https://ryudoshoten.tokyo/diy/diy/
  • 奥さま用のボックスルームを開けると、カウンターや棚、照明が。好みの絵などが飾られ、秘密基地のよう

    奥さま用のボックスルームを開けると、カウンターや棚、照明が。好みの絵などが飾られ、秘密基地のよう

  • ご主人用のボックスルーム。デッドスペースになりそうなところにも置けるサイズで、空間を有効活用できる

    ご主人用のボックスルーム。デッドスペースになりそうなところにも置けるサイズで、空間を有効活用できる

  • ノビルームの間仕切りを引き込むと、並べた収納ボックスを小上がりとして使える。構造用合板なので強度も◎

    ノビルームの間仕切りを引き込むと、並べた収納ボックスを小上がりとして使える。構造用合板なので強度も◎

  • ノビルームの間仕切りを出すと小上がりが囲われ、簡易的な個室になる。仕事にもいいが寝室としても活用OK

    ノビルームの間仕切りを出すと小上がりが囲われ、簡易的な個室になる。仕事にもいいが寝室としても活用OK

撮影:新 良太

間取り図

  • 間取り図

お家のデータ

作品名
イタカグDIY
施主
K邸
所在地
神奈川県横浜市
家族構成
夫婦
延床面積
45㎡

この記事に関わるキーワード