建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

クリエイター家族自ら提案!私も使いたいリノベコンセプトとは?

 アートディレクターのご主人と料理人の奥さま。自宅で働くHさんご夫婦にとって、家は生活の場であり、職場であり、子育ての場でもありました。これからどう暮らしていきたいかを考えて生まれた、この家を表すキーワードは「Class(くらす)」でした。

仕事、生活を近接した家のなかの距離感

 デザインを担当するご主人、フードを担当する奥さまで、クリエイティブユニットholidayとして活動するHさんご夫婦。夫婦で活動を始めて数年経った頃の話題は、生活の拠点をどうするかということだった。小さな子どもを育てながら家で仕事をしていると、仕事と生活の切り替えが難しい。

 もっと仕事にも、家族の生活にも集中できる拠点を整えたいと考えていた。ふたりとも場所にしばられる仕事ではなかったから、地域にこだわりはない。どこに住んで、どう働きたいか。友人である建築家の渡辺泰敏さんは、ふたりが暮らしかたを考える段階から話を聞いていて、都内の一軒家を見に行くのも付き合ったことがあるという。


 葉山にエリアをしぼり、一軒家をリノベーションすることに決めたHさんご夫婦は、築50年の古い家に出会った。緑のトンネルの向こうに家が見えるアプローチに奥さまは一目惚れ。しかし、なかなか年季の入った家にHさんはクリエイティブにふさわしい拠点になるのかと心配になった。現地を見た渡辺さんの「これなら、何とかなる」という言葉がゴーサインとなり、住宅兼スタジオ兼アトリエの計画がはじまった。

「仕事の都合によっては誰かに貸して別のところに住んでもいい、そのうちフランスへという話も出ました。先のことは分からないので、現状をどう良くするかを全員で考えていきました」と渡辺さん。一般の住宅ではキッチンと作業部屋は離れているが、ふたりにとってはどちらも仕事場。Hさんの使う作業場と奥さまの使うキッチンは隣り合わせにした。「キッチンと作業場をどう仕切るかはひとつのポイントでした。仕事中に『ちょっとこれ食べて』とか、『これ見てくれる?』というやり取りをどのぐらいするのか聞いて、ベストを探りました。ちょうど良かったのが低いカウンターを置き、空気感で分ける、ゆるい仕切りかたです」と渡辺さん。お陰でコミュニケーションがとりやすくなり、仕事もはかどるようになったという。


 両親が仲良く働く姿は、子どもたちが部屋の方から見ると、木のフレームで切り取られて絵のようになる。アートやデザインをテーマに活動する夫婦の拠点として、こんな遊び心も随所にとりいれた。「ご主人は建築のコンセプトづくりにも興味を持たれていて。通常は打ち合わせの内容から察して次第に言葉になっていくのですが、この家の場合はどんな場にするのか、始めから言葉で話しました」と渡辺さん。話し合うなかでHさんから出てきた言葉が「Class(くらす)」。

 「上質な」という意味のClassにはたくさんの意味が込められている。ふたりの子どもたちと育ちあっていく場としての教室、「クラス」。そして、働き、遊び、学び…、生活する場としての「暮らす」。

 葉山の古い家は、holidayの仕事とH家の生活にぴったりはまる家に生まれ変わった。
  • ご夫婦の仕事場とLDを仕切るフレーム状の木は、既存の構造を隠し、補強する役目も担っている

  • ダイニングから土間、奥のドッグスペースまでは土間になっている

住まい手のセンスを生かせる余白をつくる

 小さな平屋だが、作業場、キッチン、生活スペースと盛り込みたい要素は多かった。さらに、Hさんがデザインした大きな制作物や、奥さまがケータリングで使うツール類など、家族4人の生活用品以外にもたくさんのモノがある。天井をあけてロフトをつくり、収納スペースを増やしてはいるが、竣工直後に比べるとずいぶんモノも増えた。

「ごちゃごちゃしてもいいかなと思っていたんです、もともと。ある程度、余白を残しておけば、それなりのものをつくっている人たちですから、いい感じに使ってくれるだろうと思っていて」と渡辺さん。ペタペタと紙やテープが貼られた壁も、無造作に並べられた大小の靴も絵になっている。

 光の入りかたや窓の外の見えかたが計算されているから、空間全体として狭く感じられることはない。完成して数年。残された余白に日々の暮らしが重ねられ、ますます「Class(くらす)」らしくなっている。
  • 小さな家なので、外もひとつの部屋として取り込めるように。天気が良ければ外でご飯を食べることも

撮影:ide

お家のデータ

所在地
神奈川県三浦郡
家族構成
夫婦+子供2人
敷地面積
148.76㎡
延床面積
81.02㎡
予 算
〜2000万円
この建築家に
問い合わせる