建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック) | 理想の注文住宅を建てよう 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

築40年の家が北欧風のモダンな空間に!フルリノベで実現した4世代の家

ご両親との同居をきっかけに、築40年の実家をフルリノベーションすることとなったMさんご夫婦。新たに誕生したのは、光と風をうまく取り込んだ、心地よい住まいでした。家族全員がのびのびと暮らせる工夫に満ちた、4世代のための住まいづくりに迫ります。

外側はそのままに、光と風を取り込む明るい空間を実現

東京都にある奥様の実家に引越し、ご両親、おばあ様と同居されることになったMさんご夫婦。家づくりを考えるにあたって相談を持ち掛けたのが、旦那様の知り合いにあたる鬼頭さんだった。当初は、建て替えも検討していたMさんだったが、予算の都合で断念。内部をフルリノベーションすることに決めたのだという。

Ⅿさんおよびそのご両親と鬼頭さんで話し合った結果、家の外部には手をつけないことに。このため、完成したⅯ邸の外観は、築40年の家そのままだ。しかし、一歩中に入ると、そこには北欧のテイストを感じさせるモダンな空間が広がっている。「空間を広くとるために、余分な柱を各階で合計20本撤去しました。」と話す鬼頭さん。家の内部は完全に生まれ変わっており、かつての面影は微塵も感じられない。

さて、4世代が住むⅯ邸ならではといえるのが、その間取りだ。1階と2階それぞれに個室とコモンスペースが設けられており、その時々のニーズに合わせてフレキシブルな住み分けができるように工夫されている。個室はあえてシンプルなしつらえとし、子どもの成長や家族構成の変化に合わせて、階を問わず自由に部屋を入れ替えて使えるようになっているそう。ライフスタイルが異なる4世代が暮らすということで、プライベートはしっかり確保。とはいえ完全に分離するのではなく、ゆるやかに家族がつながるよう工夫されている。

ちなみにもともとのⅯ邸には構造上通風、採光があまりよくないという課題があったが、鬼頭さんは実にユニークな方法でそれを解決した。まず採光に関しては2階に大きな窓を新設し、かつ天井をやわらかいカーブに湾曲させることで、2階の窓から入る光を1階に反射させようと考えたのだ。結果、1階の採光を確保できただけでなく、デザインにも特徴が生まれている。「デザインを工夫しながら、光を取り込みたかったんです」と話す鬼頭さん。デザインと機能性を兼ねた家づくりは、まさに鬼頭さんならではの魅力だろう。さらに既存の窓の配置を上手く利用した間取りとすることで、建物全体の風の通り道を確保し、通風の問題も解決。快適な住環境を実現することができた。
  • 1階、2階ともにリビングダイニングとキッチンを備えており、親世帯と子世帯が気兼ねなく暮らせる工夫がされている

  • 1階のキッチンのカウンターや棚は造作で作られたもの。素材はラワン材や杉など限定することで統一感を出した

  • 4世代がゆったり使えるよう、スペースを広く取った玄関。階段に目隠しの壁が設けられているところもささやかな気遣い

フローリングの幅にまでこだわった心地よい空間づくり

鬼頭さんの家づくりのこだわりは、細部にわたっている。たとえば床のフローリング材だ。通常は12~13㎝幅のものが多いフローリング材だが「昔の住宅ならではの板の間の雰囲気を出したい」ということで、今回はより太い24㎝幅のものを使用。さらに、肌触りを考えて、質のいい杉材を使うことにしたという。「Ⅿさんと話し合いをさせていただき、床材、耐震補強、断熱といった、住まいの快適性に関わるところにはお金をかけることにしたんです」と鬼頭さん。こうしてお金をかけるところ、節約するところにメリハリをつけることで、見事当初の予算内で、理想的な住まいを完成させることができた。

みごとに生まれ変わった家に、Ⅿさんご一家もとても満足されているそう。「見た目の印象が広く、ゆとりがある間取りを特に喜んでいただけています。」と笑顔の鬼頭さん。今回の家づくりを振り返り、最後にこう話してくれた。「リノベーションの難しいところは、解体するまで実態がどうなっているかわからないところ。特に築古の住宅だと、図面が最終的なものなのかもわからないですし、なかったはずの梁や柱が出てきたりすることもあります」。それでも、リノベーションでできないことはないと語る鬼頭さん。「工務店に相談するとこの柱は抜けないとか、水回りは移動できないなどと言われたとかいうご相談もいただくのですが、法律的な制約は別として、リノベーションで技術的にできないことはほとんどありません。また、マンションなどの場合でも、共有部分はいじれないなどの制約がありますが、それ以外はほとんどのことが実現できます。あきらめずにご相談いただきたいですね」。


【建築家 鬼頭知巳さんコメント】
家づくりにあたっては、お施主様の個性を空間に引き出すことを大切にしています。個性や住まい方とリンクした要素を入れつつ、何か特徴をつけられたら嬉しいですね。機能性を備えているのはもちろんですが、そこにデザイン要素を加えることで、より魅力的な住まいづくりを実現できるよう、心がけています。
  • 2階リビング。小さな窓が2枚だったところを、大きな窓1枚にし、光を取り込んだ

  • 2階リビング。カーブした天井と木材の組み合わせがモダンな雰囲気を醸し出す

間取り図

  • 1F間取り図

  • 2F間取り図

  • 側面図

お家のデータ

家族構成
4世代
延床面積
139㎡ 1階74㎡、2階65㎡
予 算
2000万円台

この記事に関わるキーワード

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)