建築家ポータルサイトKLASIC(クラシック) 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

おもてなしが溢れる、悠々4台分のガレージと非日常のリビング!

東京・世田谷区の一戸建てに暮らすYさんは、大切な愛車を守る屋根付きガレージをつくりたいと考え、隣接する敷地を買い増し。建築家の金田崇さんにガレージの設計を依頼しました。金田さんの提案は、ガレージに加え、「セカンドリビングのある家」という斬新なものでした。

非日常のセカンドリビングと道路側いっぱいのガレージでお出迎え

築約20年の一戸建てマイホームに暮らすYさんご一家は、ご夫妻と大学生の娘さん2人の4人家族。愛車を複数台所有し、また車での来客も多いことから、車を大切に駐車できる屋根付きガレージを敷地内につくりたいと考えた。土地の買い増しを希望したところ、運よく南側の隣地が売りに出たため、さっそく購入。設計をCollisionDesign一級建築士事務所の代表、金田崇さんに依頼することにした。


「Yさんのご希望は、とにかく見栄えがよく広々としたガレージをつくること。それ以外に多くのリクエストはありませんでした」と金田さんは振り返る。「ご要望が少ないということは、それだけ自由な発想でプランを提案でき、建築士として腕の見せどころです。一方で、万が一“ハズして”しまえば目も当てられません。その点、できるだけ日常会話の中からYさんの潜在的なニーズを汲み取って、プラスαの提案をするよう心がけました」。

着目したのは、ご家族のライフスタイルだ。娘さんたちは友人が多く、「お友だちを家に招くこともしばしば」という話をYさんから聞いていた。さらに、ご夫妻の休日は、もっぱら自宅でゆったりと寛いだり、あるいはゲストを招いたりしているという話も耳にしていた。

そこで、金田さんが提案したプランは、ガレージに加え、「セカンドリビングのある家」の新築だ。「既存のお住まいで何ら不自由なく暮らしているご家族ですが、あえて不足しているポイントを挙げるとすれば、それは、ご家族それぞれが“自由に使えるもう一つのリビング”だと考えたわけです。」

完成したカレージ、建物ともに枠組壁工法。ガレージは、白塗装の壁の一部に焼杉を貼り、木製のシャッターを用いるこだわりようだ。間口を南道路に面する敷地幅いっぱいに構え、車4台分がゆったりと駐車できる。ガレージ北側の中庭には芝を敷いて、その奥に建物を配した。間取りはシンプルなLDK。「あくまでもセカンドリビングなので、別荘のような感覚で使っていただければ。ゲストを招いてパーティーを開くにせよ、ご家族で寛ぐにせよ、ちょっとした非日常感を楽しんでいただければと考えました」。

玄関扉を開くと、目の前に、広々とした開放的なLDKが広がっている。南側の大窓、西と北の高窓から陽光をたっぷりと採り込める設計で、光を優しく反射する白壁や木の床と相まって、明るい。また、日常品をなるべく隠すことができるよう、収納スペースをさりげなく多くとっている。
  • ガレージは建物側から見ても見栄えよく。焼杉を貼りつけたり、中庭に植林したりと工夫している

  • 建物の外観は白一色のシンプルモダン。横幅が約5mもある大窓は、業務用を特注した

  • 日が暮れて間接照明を点灯させると、違った雰囲気を醸してくれる。ガレージが目隠しとなるので、南側からの視線も気にならない

  • 軒ひさしと壁に囲われている玄関先のアプローチ。外とも内とも言えない不思議な空間が奥ゆかしい。扉は、真ん中が玄関で、手前と奥は収納スペース

「おもてなし」を大切にした2つのアプローチ

完成したガレージ、建物の根底にあるのが「おもてなしの心」だ。

特筆すべきは、ガレージの門から建物の玄関先までのアプローチに、趣の異なる2つの「屋根付き廊下」を設けたこと。「アプローチを通った人に“普通の家とはちょっと違うぞ”“落ち着けそうな雰囲気”というような期待感を持っていただきたくて」と金田さん。

まず中庭に、杉の柱と梁のみで組んだ陽当たりのよい廊下を設けた。美しい緑の芝を眺めつつここを通ると、次に、軒ひさしと壁に囲まれた薄暗い廊下へ続く。その先に玄関がある。明と暗のコントラスト、そして玄関先の外とも内とも言えない不思議な空間が、これから足を踏み入れる建物への期待感をさらに高めてくれるわけだ。夜間は間接照明で、また違った奥ゆかしさを味わわせてくれる。


【金田 崇さんコメント】
Yさんは、ご要望を多くおっしゃる方ではないだけに、期待にお応えしなければという思いも強かったです。うれしいことに、最初のご提案をベースにすんなり決まったのですが、それは、私がYさんご家族一人ひとりの目線に立ち、言葉にないニーズまで汲み取って、プランに落とし込むことができたからだと自負しています。とてもやりがいのあり、楽しい仕事でした。
  • 明るく開放感のあるリビング。床に白で塗装したチークの無垢材を採用して、シンプルの中にも柔らかい雰囲気を演出している

  • IHクッキングヒーターを1つにするなど、こぢんまりとしたキッチンに。ご家族の身長に合わせて、カウンターを少し高めている

撮影:佐藤俊治(コード・ラボ フォトグラフィック オフィス)

お家のデータ

所在地
東京都世田谷区
家族構成
夫婦
敷地面積
280.43㎡
延床面積
171.40㎡