建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」あなたの理想の注文住宅を建てよう 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。あなたの理想の注文住宅を建てよう。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

広大なワンルームに屋上庭園! 光と緑あふれるアーティストの家

アパレル企業の社長であり多彩な制作活動も行う施主さまの自宅は、自社の配送センター兼工場ビルの最上階。ビル全体の設計を手がけた勝田無一さんは「自宅はワンルームがいい」との希望を受け、スケール感と快適さを両立した独創的な住まいを提案。空、光、緑と共に暮らす居心地抜群の空間とは?

青空を望むスカイライト、屋上庭園…。ビル最上階で自然を満喫

当初、アパレル企業を経営する施主さまからの依頼は、自社の配送センター兼工場ビルの設計だった。

立地は湾岸。施主さまはビルの上階から海を望む気持ちのいい環境を見て、「ここに住んじゃおうかな」と、ビル設計を託した勝田無一さんに自宅の設計もオーダー。本業のアパレルデザインから趣味の写真まで多彩な制作活動を行う施主さまは、本格的な撮影スタジオやアトリエも希望。アーティスティックなライフスタイルを投影する家づくりがスタートした。

完成したビルは6階建てで、1階~2階が配送センター、3階が製作工場、4階~6階が施主さまのための空間である。このうち4階は撮影スタジオ、5階はアトリエ、純粋な住空間は6階のペントハウスとなっている。

ビル最上階という都会的なお宅だが、勝田さんは住宅と庭のトータル設計を得意とするガーデナー建築家。空、光、緑などの自然を暮らしにとり込む作風は、こちらのお宅にも色濃く現れた。

筆頭は6階の住空間の窓越しに広がる屋上庭園だ。ここは5階の屋根にあたるルーフバルコニーで、ガラスでつくられた三角形のオブジェの周囲に豊かな緑が生い茂る。実は、このガラスは4階から5階に至る吹抜けのトップライト。燦々とそそぐ日差しは4階の撮影スタジオまで届き、被写体を自然光の中で撮ることができるのだ。
「トップライトを三角形にした主目的は強度を高めることです。平面よりこの形のほうが強度が出ますし、メンテナンスと換気が容易。しかも、光が多面的に入る。もちろん、屋上庭園のアクセントとしてのデザイン的な意味合いもあります」

勝田さんの言葉通り三角形のガラスはどことなく、かのルーブル美術館のピラミッドを思わせる。日中は陽光、夜はやわらかな照明で美しくきらめき、リビングでくつろぐひとときを充実させてくれるだろう。そして何より、屋上庭園はビル最上階にいながら木々の緑を楽しめることが魅力。植栽は多忙な施主さまのためにほとんど手入れのいらないものを選んでいる。庭づくりに詳しいガーデナー建築家、勝田さんならではの嬉しい配慮だ。

暮らしの中で自然を楽しむアイデアは室内にもおよび、水まわりに立派な植栽コーナーをしつらえた。緑に包まれた洗面台は森の中の水場のようで、朝は爽やかに身支度を、夜は心癒やされながら就寝の準備ができる。

最上階のメリットを活かした空との接点も注目だ。リビングスペースは2フロア分はあろうかというほど天井を高くとり、上部には光を採り込むスカイライトをぐるりと設置。青空をすぐそこに感じる心地よさはなんとも言えず、のんびり流れる雲を見ていると室内にいることを忘れてしまうほど。さらに、キッチンの背面には広々したサンルームもあり、あちこちから届く光と風、刻々と表情を変える空が暮らしを彩る。無機質な事業用のはずだったビルは多彩なアイデアによって、生き生きとした自然がクリエイティブへの英気を養う多目的空間にグレードアップしたのである。
  • 6階自宅 リビング/大空間のリビングスペースの天井は2フロア分ほどの高さがあり、上部はぐるりとガラスで囲ったスカイライト。暮らしの中で青空や雲の流れが視界に入り、屋内とは思えないほどの開放感

  • 6階自宅 水まわり/大小さまざまなグリーンの鉢植えをレイアウトした洗面スペースは、朝晩の支度が楽しみになる癒しの空間。味わいのある古材を用いた洗面台や収納扉とあいまって、森の中にいるかのよう。ここは収納を介してベッドスペースとつながっており、動線もよい

  • 4階~5階 撮影スタジオ/仕事でもプライベートでも使う吹抜けの撮影スタジオは、プロ並みの写真の腕前を持つ施主さまのこだわりが詰まっている。屋上庭園にある三角形のガラスがトップライトとなり、撮影にぜひとも欲しい自然光が燦々とそそぎ込む

レイアウトと素材使いが光る、表情豊かでスタイリッシュな住空間

約40坪の広さを持つ6階を、住空間としてどう使うか。これだけの広さがあればさまざまな間取りが考えられるが、1人暮らしを満喫する施主さまの希望は、なんとワンルーム。階段などのスペースを除外しても100㎡を超える広大な空間だ。

これだけの広さをLDK、ベッドスペース、水まわりのみで使う……。広過ぎて逆に所在なく感じるのでは?と懸念してしまうが、勝田さんは施主さまとアイデアを出し合い、スタイリッシュで居心地のよい住まいに仕上げた。その大きなポイントが造作家具のレイアウト。四角い空間の対角線に沿うようにキッチンカウンターを斜めに配し、それと平行してテレビ台や本棚を造り付けたのだ。この斜めの配置によって視界や動線が単調にならず動きが生まれ、かつ、のびやかさも感じられる。

居心地のよさは、内装や造作家具の素材使いによるところも大きい。リビング・ダイニングの床は強靭で変色しにくいチークの無垢材。最高級木材として珍重されるだけあって木目も色味も美しく、空間に上品な重厚感をプラスする。また、ダイニングテーブルは天然石、キッチンまわりの棚や収納扉は古材を使用。一方、テレビ台や膨大な書物を収める本棚は明るくナチュラルな色合いの木材とし、キッチンはクールな印象のステンレスを用いた。

深みのある素材に対し、軽やかな素材を適宜合わせる足し算・引き算のバランスは実に絶妙。ともすればのっぺりとしがちな大空間はレイアウトと素材の相乗効果で趣ある表情を生み出し、感性を研ぎ澄ますアーティスティックなライフスタイルを後押しする。

【勝田 無一さん コメント】
ビル最上階でも自然を感じていただけるよう、空を切りとるような大きな窓や屋上庭園、水まわりの植栽などをご提案しました。間取りはご要望に合わせたワンルームタイプ。広さがある分、高さも出しておおらかなスケール感を保ちつつ、造作家具の個性的なレイアウトや素材使いで大空間特有の“所在なさ”を回避。ビル内には撮影スタジオやアトリエもあり、施主さまのアーティスティックな暮らしに合う住宅になったと思います。
  • 6階自宅 キッチン~ダイニング/広々したキッチン・ダイニング。友人や仕事仲間が訪れた際もゆったりとくつろげる。床は高級木材として知られるチークの無垢材。写真奥の収納棚は古材を使用。独特の存在感がインテリアのアクセントになっている

  • 6階自宅 バスルーム/ベッドスペースとガラスで仕切られたバスルームは贅沢な広さで、眺めのよい窓もある。窓を大きくとっても人目が気にならないのは最上階の嬉しいポイント

お家のデータ

所在地
千葉県千葉市
家族構成
一人暮らし
敷地面積
661.6㎡
延床面積
214.01㎡
この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)