建築家ポータルサイト「KLASIC(クラシック)」あなたの理想の注文住宅を建てよう 相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。建築家ポータルサイト『KLASIC』。あなたの理想の注文住宅を建てよう。

相談できる「建築家」が見つかる。建てたい「家のイメージ」が見つかる。 建築家ポータルサイト『KLASIC』

窓に大自然、室内にアート!別荘こそ愛着のあるものに囲まれたい

鹿児島・霧島連峰を背に立つ十字形の家。フラワーショップを営むオーナーさまが別荘として使う、この家には大好きなアーティストの作品がふんだんに使われています。「アーティストの作品を活かして是非やってみたいことがある」。別荘づくりは、そんなオーナーさまから建築家の渡辺仁さんへの話から始まりました。

アーティスト作品を二人三脚で再編集した別荘づくり

 地元の名古屋でフラワーショップを営むオーナーのFさまが。お花のほかにもオーナーさまがセレクトした雑貨を販売しているショップは、彼女が目利きしたものに間違いはないとファンも多い。Fさまは霧島に土地を見つけ、別荘を建てることを決めたときにも思い描いていたイメージがあった。そこで、建築家の渡辺さんに話をした。

 「計画にあたって、Fさまがやりたいことがあるとおっしゃって。お持ちだった丸いステンドグラスを使った仕掛けですね。まず、そこからプランが始まりました」と渡辺さん。ステンドグラスを玄関ポーチの天井にはめ込み、2階に上がると、それがテーブルの天板になっている。そんな仕掛けをFさまは考えていた。

 このステンドグラスは、Fさまのアートコレクションのひとつ。日本にはないデザインに魅了され、ご自身の経営するフラワーショップにも同じアーティストの作品を置き、自宅にも数多くのコレクションがある。毎日の暮らしと切っても切れないほど愛着をもっているコレクションが、家づくりのたいせつな部分として、コンセプトとなっていった。

 そんなFさまにとって大切な作品の数々が、この別荘ではあらゆるところに使われた。玄関ポーチの丸いステンドグラスを筆頭に、照明、ベッド、チェア。家具から建具まで、インテリアのほとんどにしつらえられている。

 渡辺さんはアートを引き立てるように家をつくっていった。地元では相当の審美眼の持ち主として知られるFさまは細かい部分まで目が利くが、建築の専門家ではない。別荘全体として作品がいきるようにするためには、渡辺さんの建築家としての働きが欠かせなかった。


 この別荘に使われた作品のなかには、もともとのFさまのコレクションに加え、この別荘のために作ってもらった作品もある。たとえば、照明。渡辺さんがスケッチを書いて図面に落とし、海外のアーティストに送ると、図面をもとに製作された作品を送ってくる。この別荘自体がアーティストと渡辺さん、Fさまのコラボレーションによるアート作品とも言えるかもしれない。

 しかしFさまも、ときには同じアーティストの作品でも美的感覚にそぐわないときがある。この別荘のためにつくられた大きなオブジェも、イメージと違うと言って3つに切ってしまった。そんな紆余曲折もへて、Fさまの感覚が反映された作品として別のところで生きることになった。

 実は、この別荘の反対側の土地が空いており、Fさまは即決で購入したというのだ。生活空間でもある別荘よりも、よりギャラリーに近い空間を構想しているという。アートをふんだんに使った第二弾の計画も、現在着々と進行している。
  • 外の照明や鉄格子など、外構部分から大好きなアーティストのオンパレードが始まる。

  • 霧島連峰が一望できる、緑に恵まれた土地。目の前の道路は、霧島温泉や霧島神宮まで一本でつながっている

  • ステンドグラスを玄関ポーチから見上げるとこのように。正面の門もアーティストの作品。

桜島、温泉郷の豊かな自然を最大限に楽しむ四方の窓

 この別荘では立地の良さも最大限に活かそうと、さまざまなプランが検討された。桜島の眺めを第一に建物の方向を決め、四方の景色に合わせて、窓をつけた。階段を上っていくと、上の窓には霧島の山並みが広がる。

 実は、ここに土地を探したのはFさまが昔からよく利用している乗馬クラブに近かったという経緯があった。乗馬クラブの周りで良い土地がないか探していると、はす向かいに見つかったため、即決したのだという。寝室はちょうど、その乗馬クラブの方角にあたる。朝カーテンを開けると、窓から馬場の状況が見えるようになっている。

 景色の良さもさることながら、この場所の長所は敷地内を温泉が通っているということ。ゆったりと広めにとった浴室では、いつでも掛け流しの温泉が楽しめる。お湯の温度は高いが、前々からこの地に馴染みのあるFさまは、その扱いも慣れたもの。豊かな自然とアートに心癒される、最高の別荘になった。
  • Fさまがやりたかったというステンドグラスの仕掛け。LDKではセンターテーブルの模様として見える

お家のデータ

所在地
鹿児島県霧島市
家族構成
一人暮らし
敷地面積
306.52㎡
延床面積
105.08㎡

この記事に関わるキーワード

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)