緑あふれるテラスとLDKが1つになる。
家族の憩いを楽しむリゾート風邸宅

「リゾート風の空間で家族の時間を楽しみたい」。施主さまのそんな願いをかなえたのは、内と外のつながりを豊かに生み出す設計に定評のあるdesus(デサス)建築設計事務所。家づくりの新たなスタイルとなり得る「0LDK」の間取りも要チェックだ。

この建築家に
相談する・
わせる
(無料です)

天井高4.3mの開放的なガラス張り。
広いテラスと一体化するLDK

Nさまはご夫妻とお子さま2人の4人家族。お子さまが成長し、「家族で楽しむ」ということができるようになったタイミングで、東京・世田谷に賃貸併用住宅を建てる計画をスタートさせた。

海外生活経験のあるNさまは日々の暮らしを満喫する現地の人々を見て、自分たちも気持ちのよい空間で生活を楽しみたいと思うようになったという。そこで、施工会社に「開放的なリゾート風住宅をつくりたい」と相談したところ、「それなら設計はこの建築事務所しかない」と紹介されたのが、desus(デサス)建築設計事務所(以下desus)の稲垣裕行さんと花形将壽さんだった。

完成したN邸は、ひとことでいうと別世界。駅から近く、近隣にはスーパーや商店街もある環境だが、ひとたび足を踏み入れると「……ここ、リゾートですよね?」といいたくなる魅力的な空間が現れる。

天井の高いLDKの一辺は、開放感あふれるガラス張り。その先には広々としたガーデンテラスの豊かな緑がきらめいている。床はタイル、天井はチーク材、壁は漆喰でライムストーンのアクセントウォールも。テラスの贅沢な緑とまばゆい日差し、本物志向の内装が織りなす高級リゾートのような空間に、自然と心が安らぐ。

何よりインパクトがあるのは、テラスとLDKの一体感だ。天井も床もテラスまで大きく張り出し、1つ屋根の下に「内と外」があるのだから、もはや一体感というより「一体化している」といっていい。

こうした内と外がのびやかにつながる設計は、desusがつくる建築の最も大きな特徴だ。これまでにも2人は、屋外の心地よさや自然の美しさを存分に取り入れた住まいを多数生み出してきた。

N邸には、そんな2人の手腕がいかんなく発揮されている。テラスとLDKを仕切る窓ガラスは天井高4.3m分の高さがあり、青空も大きく視界に入って突き抜けるような開放感。テラスの緑の合間には滝が流れる石壁もあり、耳をすませばやさしい水音に気持ちが和む。

この夢のような居心地、違うとわかっていてもやはり、「ここ、リゾートですよね?」といいたくなってしまうのだ。
  • 2階LDKは天井高4.3mの大空間。テラス側は全面窓で、大胆に外とつながる開放感が心地いい

    2階LDKは天井高4.3mの大空間。テラス側は全面窓で、大胆に外とつながる開放感が心地いい

  • 夜になると、テラスのアクアウォールが間接照明で浮かび上がり、リゾートホテルのような雰囲気に

    夜になると、テラスのアクアウォールが間接照明で浮かび上がり、リゾートホテルのような雰囲気に

つながりと適度な距離感を両立。
家族が快適に暮らす「0LDK」とは?

内と外が大胆に一体化するN邸は、地下1階・地上2階建てのRC造。地下と1階が賃貸住宅、2階がNさまの自邸という構成だ。

desusの2人は賃貸と自邸の間取りを大きく変えるために、RC造の中でも空間デザインの自由度が高い構造を選択してN邸を設計した。RC造は木造に比べ素材も骨格も強固な分、大きな窓や大空間をつくりやすい。

では、RC造でないと、こんな風に外とつながる家をつくれないのだろうか?

気になって質問すると、「大丈夫ですよ。RC造に比べると多少の制約はありますが、木造でも、密集地でも、狭小地でも、気持ちよく外とつながる家づくりは可能です」と稲垣さん。「僕ら自身が、内と外がつながる家が好きなんです(笑)。そういう家をご希望の方は気軽にご相談いただければと思います」と、頼もしい言葉を返してくれた。

さて、驚くことにNさまご一家の住空間は、2階のLDK+水まわりとガーデンテラスのみだという。「家族4人、いつも一緒にいるので」というNさまの意向に沿って、個室がない「0LDK」という間取りになったのだ。

N邸のLDKはとても広いが、とはいえ生活にはいろいろなシーンがあるし、大空間は所在なく感じることもある。だがdesusの設計は、その点も見事にクリア。

テラスに対して横長のLDKに入ると、まず現れるのがダイニング。そこからキッチンとリビングが続き、リビングから数段の階段をのぼるとワークスペースと寝室スペース。壁がなくて空間は1つでも、床の高低差という3次元の変化でスペースを分けたのだ。

Nさまは、「ワンルームですが機能的で使いやすいですね。お互いの気配を感じつつ各自が好きなことをして過ごしたり、みんなで料理をつくったり……。家族の憩いを大切にしながら快適に暮らしています」と、大満足のご様子。

設計の力でほどよくスペース分けした「0LDK」は、広い空間にさまざまな居場所があるホテルのスイートルームのようでもある。これから家を建てる人は、家族のつながりと距離感を両立する新スタンダードとして一考の価値ありだ。
  • 2階LDKのリビング・ダイニングスペース。チークの天井もタイルの床も、同じ素材のままテラスまで大きく張り出し、テラスとLDKが一体化。邸内にいながら太陽光や木々の緑、青空をダイレクトに感じられる空間だ

    2階LDKのリビング・ダイニングスペース。チークの天井もタイルの床も、同じ素材のままテラスまで大きく張り出し、テラスとLDKが一体化。邸内にいながら太陽光や木々の緑、青空をダイレクトに感じられる空間だ

  • 2階LDKのダイニングからの眺め。左がキッチン、奥がリビングとワークスペース。ワークスペースは数段の階段を上がったところにあり、壁がなくても床の高低差によってしっかりスペース分けされている。ワークスペースと同じ床レベルの写真右奥には寝室スペースがある

    2階LDKのダイニングからの眺め。左がキッチン、奥がリビングとワークスペース。ワークスペースは数段の階段を上がったところにあり、壁がなくても床の高低差によってしっかりスペース分けされている。ワークスペースと同じ床レベルの写真右奥には寝室スペースがある

  • 2階LDK。左奥がキッチン、右の数段上がったところがワークスペース。ワークスペースの背後にはお子さまの本などを置ける大きな収納棚を設置。この収納の裏には家族4人分の衣類などをしまえる大容量のファミリークローゼットがある

    2階LDK。左奥がキッチン、右の数段上がったところがワークスペース。ワークスペースの背後にはお子さまの本などを置ける大きな収納棚を設置。この収納の裏には家族4人分の衣類などをしまえる大容量のファミリークローゼットがある

  • 2階キッチンはオリジナル。カウンター収納や奥の収納扉は高級感のあるウォルナット。カウンターが大きく、レイアウトもゆったりとした贅沢な空間使い。家族みんなで料理をつくるといった和やかな時間を楽しめる

    2階キッチンはオリジナル。カウンター収納や奥の収納扉は高級感のあるウォルナット。カウンターが大きく、レイアウトもゆったりとした贅沢な空間使い。家族みんなで料理をつくるといった和やかな時間を楽しめる

賃貸住戸も抜群の住み心地。
空間の魅力でたちまち人気物件に

最後に、賃貸併用住宅であるN邸全体の造りも紹介しよう。

地下1階と1階につくられた賃貸住戸は全3戸。各住戸は開放的な吹抜けのあるメゾネットで、地階がLDK、上階が居室。地階は石張りのドライエリアに面し、光も風もたっぷり入り、緑の眺めも楽しめる快適な環境だ。

加えてdesusの2人は、エントランスが1つの集合住宅ではなく、各住戸の玄関を独立させた長屋形式で賃貸部分を設計。2方が道路に面した角地という敷地条件も活かし、3つの住戸の玄関への動線をうまく分け、まるで戸建てのような独立感も生み出した。

Nさまの自邸で賃貸部分と同じフロアにあるのは1階のガレージと玄関のみ。ガレージの奥に位置する玄関を入り、階段をのぼると先述の2階LDKにたどり着く。この動線によってNさまご一家と賃貸の入居者さまそれぞれのプライバシーが守られ、お互い気持ちよく暮らしているという。

緑に包まれた洗練された佇まい、住みやすくてオリジナリティのある室内、賃貸とは思えない独立感と高級感──。

設計によって生まれた多くの魅力がヒキとなり、賃貸住戸の家賃は相場の1.5倍に。それでもすぐ満室になったというから驚きだ。もっといえば、建築家のデザインで空間の魅力が際立つ賃貸は、経年しても値下がりしにくいというメリットも。

N邸は競争の激しい賃貸業界の安定経営という観点でも、desusの設計力が光る好例といえるだろう。
  • 1階ガレージ。ニュアンスのあるタイルや板張り天井、植栽などのアースカラーでまとめられ、邸内同様にリゾート感たっぷり。奥の木製ドアはNさまの自邸への玄関で、ここから2階に上がると住空間が広がる。手前のドアは賃貸住戸の門扉。賃貸も人目を引く洒落た佇まい

    1階ガレージ。ニュアンスのあるタイルや板張り天井、植栽などのアースカラーでまとめられ、邸内同様にリゾート感たっぷり。奥の木製ドアはNさまの自邸への玄関で、ここから2階に上がると住空間が広がる。手前のドアは賃貸住戸の門扉。賃貸も人目を引く洒落た佇まい

  • 外観夕景。desusは「内と外のつながり」を生むことが得意なだけあり、外構デザインのセンスも抜群。バランスのよい植栽と照明演出で、人目を引く美しい佇まいとなった

    外観夕景。desusは「内と外のつながり」を生むことが得意なだけあり、外構デザインのセンスも抜群。バランスのよい植栽と照明演出で、人目を引く美しい佇まいとなった

間取り図

  • 平面図 1F

  • 平面図 2F

  • 平面図 B1

お家のデータ

作品名
Garden House
所在地
東京都世田谷区
家族構成
夫婦+子供2人
敷地面積
207.21㎡
延床面積
319.73㎡