「女性ならではの感性」と「きめ細やかさ」で 今、注目を集める「女性建築家」特集

どんな間取りで、どんな風に暮らしたいか・・・。
建築家と家を建てるなら、初回の打ち合わせで、しっかりと要望を伝えることが大切です。
特に家事や育児などで家にいることの多い奥様の要望は、十分に反映させたいところ。
そんなときにオススメしたいのが、女性らしい視点や感性が生きる「女性建築家」との家づくり。
女性建築家は選定する素材や色使いに女性らしさが出るだけでなく、
うまく表現できない施主の要望を同性ならではの感性や経験で引き出してくれる
ところに特筆すべきものがあります。

今回、「女性建築家」が建てた家をご紹介いたします。
ぜひみなさまの住まいづくりの参考にしてください。

外は清らか 中はほっこり 家族を守る、白壁のファサード

茨城県守谷市 / O邸

周りに工場や商店が建ち並び、交通量も多い商業地に、小さな子供も安心して暮らせる家を建てたい。
施主のOさんが設計を依頼したのは、自らも子育て真っ最中で、チャイルドケアのお仕事もされている建築家、江ヶ崎雅代さんでした。

大人数パーティーものびのび満喫。 壮大なパノラマビューが広がる開放空間

静岡県富士市 / I邸

「眺望を楽しむ」「大人数をもてなす」という施主さまの要望に、3階建てのうちのワンフロアをまるごとLDKにするプランで応えた建築家の相澤康子さん。高さ・広さのある家はともすれば単調な大空間になりかねないが、豊富な経験を活かし、デザイン性と住みやすさを両立した相澤さんの家づくりを紹介する。

お施主様ご夫妻の暮らしに寄り添う、 「ふたり」と「それぞれ」の寛ぎがある家

神奈川県足柄下郡 / I邸

真鶴町に長くお住いで、気風や風土を知り尽くしているI様ご夫妻から、2人で暮らす家をつくりたいとご相談を受けた一級建築士の徳家明美さん、統さん。真鶴半島の美しい景色を活かしながら、ご夫妻の今とこれからのライフスタイルに合わせた家づくりには、どのような物語があったのかを追う。

タワーマンションを自然素材の住まいに。 暮らしを豊かにするマンションリノベ

神奈川県

眺望や最新設備が魅力のタワーマンション高層階。でも、マンションの内装素材はビニールクロスなどの新建材が一般的。「マンションでも、天然の木や漆喰を使った自然素材の心地よさを味わいたい」という希望を見事にかなえ、“住まい方”までをも豊かにしたBois設計室のリノベーションを紹介しよう。

「調和」と「融合」で実現 日本の住宅の新たなカタチ

東京都三鷹市 / M邸

都内の閑静な住宅街に、ずっと以前からそこに存在するような、落ち着いた佇まいの建物がある。この建物はMOO空間設計室宮田さんと、そのご家族が住む自宅兼事務所。さらに賃貸住戸といった顔も持つこの家の秘密に迫る。

家の中に公園があるかのよう。 子どもがのびのび遊べる住まいのつくり方

神奈川県厚木市

ノアノア空間工房の大塚泰子さんがプランニングしたのは、敷地内の高低差を活かし、中庭を周遊しながら2階に上がっていくスキップフロアの家。大人が心地よくくつろげて、子どもはのびのびと育つ──。中庭はつくり方次第で暮らしの豊かさに大きな差が出ることを実感する、魅力的な住まいのポイントを聞いた。

のびやかな空間で豊かに暮らす。 季節を感じ、夫婦がくつろげる住まい

埼玉県富士見市 / O邸

「部屋数はあるけれど住みにくい」と、3階建ての建売住宅を建て替えたご夫妻の新たな家は、3つのテラスとロフトのある2階建て。空間ののびやかさ、季節を感じる心地よさ、使い勝手のよさまでパーフェクトな住み心地をかなえた新居には、設計を担当した齋藤文子さんの豊かな感性が活きている。

居場所を見つけるのが楽しくなる 心地よさが詰まった自然体の住まい

東京都杉並区 / K邸

建築家の熊澤安子さんの自宅兼アトリエは、光や緑が自然に溶け込んでくるような心地よい空間。しかも、単に自然を感じられるのではなく、気持ちよく落ち着ける穏やかな品がある。日本人が本能的に「幸せ」と思える居場所を数多くつくり出す、熊澤さんならではの設計のルーツとは?

大きなスラブが1階の屋根&2階の床に。 建物内外の回遊性をとことん高めた住まい

愛知県名古屋市 / T邸

東京・名古屋を拠点とする女性建築家の謡口志保さん。繊細なやさしさと、施主に「男前」と言わしめるいさぎよさが共存するデザインは、感性豊かな発想から生まれている。建物・空間のみならず、ご家族の快適な暮らしまでを見据えた謡口さんの設計の素晴らしさが詰まっているのが、今回紹介するT様邸だ。

家全体を小さな美術館に! 女性建築家が手掛けた「ギャラリーのある家」

東埼玉 / K邸

今回の施主であるKさんが要望したのは、大好きなアートを飾るギャラリーと、四季の自然を楽しめる中庭、そして音楽を聴きながら籠れるバーのある家である。設計を担当したのは、女性建築家の及川敦子さん。Kさんの希望を叶える形で完成したのは、中庭を中心に2階建ての建物と平屋を切妻屋根の平屋で繋ぐ、コの字型のプランの住宅だった。中庭の自然とアートが暮らしに溶け込むK邸の魅力を、詳しくご紹介しよう。

迷ったときは建築家に相談! 2000万円台で実現した、2つの「壁」を持つ注文住宅

広島県 / B邸

注文住宅には憧れはあるけれど、建築家に依頼すると高そうだし、ハウスメーカーの方が何となく安心かも…。このようなイメージを持っている人は少なくなさそうです。今回、ハウスメーカーとどちらに依頼するか迷った末に建築家に託し、結果として理想の住まいを手に入れることができたBさんご夫妻。周囲の景観に馴染みつつ、Bさんご一家が心地良く暮らせる住まいが完成に至るまでの経緯を、髙濱史子建築設計事務所代表の髙濱 史子さんにお話しを伺いました

都内なのにまるで別荘! ケヤキの保存樹木を借景にした「外に開く家」

東京都 / O邸

目の前に立つ東京都の保存樹であるケヤキの木を気に入り、土地を購入したというOさんご夫婦。お2人が夢見たのは「美しいケヤキの景色を生かした家」だった。この要望に見事に応え「外に開きつつ、外からは閉じる家」を設計したのが、一級建築士事務所プレイスの山本稚保子さんだ。Oさんご夫婦との二人三脚でつくりあげたという、理想の住まいを紹介しよう。

重なりとつながりが家族を包む「ラップハウス」

神奈川県茅ケ崎市 / S邸

子育てのため奥様の実家近くに土地を購入したSさんご家族。建てる家には「家事や子育てのしやすさ」「将来的には太陽光発電を」など夫婦ともに希望があった。しかしハウスメーカーには好みの家がなく、細かい希望が通じにくい。悩むご夫婦に大川さんはそれぞれの希望を盛り込んだ家を提案。「ラップハウス」と命名されたその家とは?

“当たって砕けろ”と人気建築家にチャレンジした結果、 理想以上の家が予算内で。

千葉県我孫子市 / N邸

夫婦ともにマンション育ちで、一戸建てライフに憧れがあったNさん夫妻。当初は主に建売住宅を検討していましたが、雑誌で見た建築家・松本直子さんの建てた家に釘付けに。予算的にためらいがあったものの、思い切って松本直子建築設計事務所の扉をたたきました。

偶然と必然、 アートと本棚が織りなす世界で一つだけの空間

東京 / O邸

O様ご一家は、40代のご夫婦と8才と5才のお嬢さんの4人家族。ご夫婦の仕事の関係上、家にはアート作品と、収まりきらないほど無数の書籍がある。これらすべてを押し入れや納戸にしまい込んでしまうと、探す手間が掛かるし、埋もれてしまうことだってありうる。今回はO邸の設計を担当した建築家の石田さんの偶然と必然の融合により生まれた素晴らしい住まいの過程を伺った。